朝ドラヒロインの父はダメオヤジが多い?その歴史はいつから?
2022年9月24日 更新

朝ドラヒロインの父はダメオヤジが多い?その歴史はいつから?

1人のヒロインの成長を描いた朝の連続テレビ小説。毎回父親役、母親役も注目されますよね。最近は朝ドラのヒロインの父はダメオヤジが多いなどと言われていますが歴代のヒロインの父はどうだったのでしょうか。印象的な父親を振り返ってみましょう。

9,001 view

第1作は父親が主人公

朝ドラといえば女性主人公のイメージが強いですが、第1作目の朝ドラ「娘と私」はタイトルからも分かる通り、父親が主人公でした。

また、主人公は名前がなく「私」と表現されていたのも特徴的なドラマです。

演劇のためにパリに留学した私が、現地で出会って結婚。麻里という娘が生まれるのですが、妻は病で亡くなってしまいます。

父娘2人の生活から父は再婚。そして娘が結婚するまでを描いたストーリーでした。娘を第一に考え、娘のために再婚した父。という父娘の愛情が描かれていました。ダメな要素はなかったと思います。

こちらは獅子文六さんの私小説が原作になっています。原作(実際の獅子文六さん)よりもドラマの父の方が優しく、誰にでも好かれる男性に描かれていたとご本人は語られています。

ここからなぜダメオヤジになっていったのでしょうか。

80年代は頑固な父親が多かった!

 (2446151)

80年代の朝ドラでは、いわゆる頑固おやじが多かったと思います。『澪つくし』『はね駒』『雲のじゅうたん』など、厳しい頑固おやじが登場するケースが多かったですね。

1984年に放送された「おしん」では、おしんの父親は貧しい小作農家です。7歳のおしんを奉公にだし、おしんに対して厳しく、冷たく批判的な態度をとってきました。子供目線で見るとダメオヤジ、ではないですがクソオヤジという感じがします。

といっても本当にダメなわけではなく、貧しい大家族を養うために家族に弱みを見せないというしっかりとした意思のある父親でしたね。奉公に乗っていく船を追いかけたり、寝ているおしんをなでたりなど、愛情を感じられる描写もありました。

貧乏だったり金持ちだったり、立場によって多少性格は変わってきますが子供に対して厳しく、表面上はきつくしかるけどそれは子供を想っているからこそ、という父親が多く感じました。

朝ドラは女性が活躍していく物語なので、この時代は父親が娘に立ちはだかる壁として障害の1つになっていたんですね。

「青春家族」では父親の不倫が発覚

頑固おやじが多かった朝ドラヒロインの父ですが、ちょっと変わってくるのは1989年の「青春家族」です。

こちらは現代劇で、ある家族の1年を描いたドラマ。ヒロインは娘(清水美砂さん)と母(いしだあゆみさん)のダブルヒロインでした。

80年代は太平洋戦争をはさむ女の一代記がおおかかったので現代劇が放送されたのは1981年の「まんさくの花」以来でした。

この作品ではまず、ヒロインの父が東京の製薬会社から左遷され、土肥の温泉ホテル総支配人になります。ついてきてくれると思った妻は付いてこず、娘は結婚式をドタキャンするなどトラブルが。威厳のある父親ではなく、妻や娘に振り回されていきます。

その後不倫をしたり、娘が結婚する予定だった相手は実は母のことが好きだったなどの問題も発生。

当時の現代の父親像に近くなっていったのかもしれませんが、父親像が少しずつ変わっていくきっかけになった作品と言えるでしょう。

90年代は失踪やヒモ同然になる父親も

 (2446172)

90年代になってくると、そもそも父親が亡くなっていたり、途中で亡くなるという設定も増えてきます。

頑固おやじが時代に合わなくなってきて(ドラマの設定は昔なので頑固おやじでもよいと思うのですが)、父親が障害になるのではなく、父親がいないことでヒロインが苦労するという形になってくるんですね。

そして失踪するという形でヒロインの前から姿を消す父親も。

1996年に放送された「ひまわり」では、20年前に父親が失踪しています。ヒロインに再会しますが最初は気が付かれなかったほどです。毎年母親に離婚届を送っているのですが母親は提出せず、夫の帰りを待っていました。物語の後半で離婚が成立しますが、その後はなぜか復縁を迫っていました。

その次に放送された「ふたりっ子」でも父親が失踪。歌手のオーロラ輝子のファンで、失踪している間偽名で付き人をしていました。じつはこれは父親を演じた段田安則さんの仕事の都合で作られた設定だそうです。それにしても2作連続で失踪するとは、という感じですよね。

1998年の「やんちゃくれ」では父親は「水嶋造船所」という造船所を営んでいたのですが経営不振で一時閉鎖します。妻とは離婚していたのですが、居酒屋の女将のヒモ同然になるという時期がありました。

2000年代以降からダメ父が増える

 (2446175)

2000年以降になるとさらにダメ父が増えてきます。

2001年の「ちゅらさん」ではグータラな父親が登場。小浜島で民宿を営むもうまくいかず、那覇に移住してタクシードライバーになるのですが、すぐにナンパをしようとするなど営業成績は良くなかったです。

ただ、(ちょっと語弊があるかもしれませんが)沖縄の風土もありグータラではあるけれどダメ父という感じではなかったですね。家族への愛情も感じられました。

他にも家出する父親がいたり、逆に妻に出て行かれたり、事業に失敗したり、とダメ父というか父親がトラブルを抱えてくるケースが増えました。

そしてさらに今度は「ダメ親」を通り越して「毒親」になっているといわれるケースも。2012年の「純と愛」では義父から受け継いだホテルを自分が周囲とうまくやっていけないことが原因で破綻させ、売却。家族に対して傲慢で自分の意見を押し付けるという父親が登場しました。

2020年の「おちょやん」では、母親はすでに亡くなっているのですが父親は酒浸りでヒロインが代わりにお金を稼がせていました。その上、8歳のヒロインを奉行に出します。その後もたびたびヒロインに金をせびりに来て、史上最悪のヒロインの父と言われていました。実在の人物をモデルにした作品ですが、父親はどこまで史実に基づいているのでしょうね。

あまりにダメ親、毒親ですと見ている人も気分が悪くなってしまうのでこれ以上悪い父親は出てこないのではないかと思いますが、今後はどんな父親が出てくるのか楽しみです。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

主人公はヒロインだけじゃない!主人公が男性の朝ドラまとめ

主人公はヒロインだけじゃない!主人公が男性の朝ドラまとめ

朝の連続テレビ小説といえば、ヒロインと呼ばれる女性主人公のイメージが強いですが、実は男性主人公のお話もあるんですよ。最近では2020年に放送された「エール」の主人公が窪田正孝さんで男性主人公でしたね。今回は歴代の男性主人公の朝ドラを振り返ってみます。
saiko | 1,496 view
朝ドラ『ちゅらさん』の出演者たちは今何してる?

朝ドラ『ちゅらさん』の出演者たちは今何してる?

国民的人気を誇った朝ドラ『ちゅらさん』。あれから20年の時が立ち、賑やかだったあの古波蔵家の人々は今何をしているでしょうか?今回は国仲涼子さんをはじめ懐かしい出演者たちのその後にスポットを当ててみました。
mm | 32,794 view
ヒロインは藤田朋子!朝ドラ「ノンちゃんの夢」を覚えてる?

ヒロインは藤田朋子!朝ドラ「ノンちゃんの夢」を覚えてる?

朝ドラ「ノンちゃんの夢」を覚えていますか?藤田朋子さんが雑誌作りを目指すヒロインを演じました。このドラマを振り返ってみましょう。
saiko | 1,088 view
朝ドラヒロインから飛躍した女優たち!

朝ドラヒロインから飛躍した女優たち!

50年以上もの歴史を数える朝ドラ。2020年10月現在放送中の窪田正孝さん主演、二階堂ふみさんヒロインの『エール』は第102作目に当たります。今回は国民的人気を誇る朝ドラでヒロインを演じ、一躍全国区となり飛躍した人気女優たちに注目しました。
mm | 1,625 view
【朝ドラヒロイン】NHKテレビ小説の歴代ヒロインの今と昔を探る!

【朝ドラヒロイン】NHKテレビ小説の歴代ヒロインの今と昔を探る!

1961年からNHKで放送されている朝のドラマ「連続テレビ小説」!国民のドラマと言ってもいい位の認知度を誇る朝ドラのヒロインは、毎回ニュースになる程の注目度!そんな朝ドラヒロインの座を射止めた数々の女優たちの今と昔について語りましょう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト