「長浜ロマンロボシリーズ」永遠不滅の3作品をご覧あれっ!
2021年3月16日 更新

「長浜ロマンロボシリーズ」永遠不滅の3作品をご覧あれっ!

今なお熱狂的な支持を集めている「長浜ロマンロボシリーズ」。分からない人には全く分からないと思いますが、アニメ好きの間では知らない者は居ないというシリーズで、全部で3作品あります。どれも永遠の輝きを放つ名作なんですよ。

5,222 view

長浜ロマンロボシリーズ

長浜忠夫という人物をご存じでしょうか?と、聞いたところで、知らないですよね?
長浜忠夫はアニメの監督です。「アニメの監督?宮崎駿は知ってっけど、長浜忠夫?」という方が多いのではないかと思います。

長浜忠夫を知っている。もしくはファンであるという方は、かなりアニメに精通されている方といって良いでしょうね。

かと言って長浜忠夫がマニアックな作品ばかりを作っているのかといえばそうではありません。作品名を聞けば、どれも見覚えのあるものばかりのはず。例えば代表作のひとつに「巨人の星」があります。
巨人の星

巨人の星

原作:梶原一騎(作)、川崎のぼる(画)
作画監督:楠部大吉郎
美術監督:小山礼司(1話-57話)→影山勇(58話以降)
美術デザイン:小山礼司(68話以降)
撮影監督:清水達正
録音監督:山崎あきら
音楽:渡辺岳夫
構成(1話-85話)→演出(86話以降):長浜忠夫
「巨人の星」は一世を風靡しましたねぇ。この作品の前にも「オバケのQ太郎」や「パーマン」。また、その後も「ど根性ガエル」「侍ジャイアンツ」といった作品を手掛けヒットさせています。
どうです?知ってる作品ばかりではないですか?

その長浜忠夫が全話監督を務めた巨大ロボットアニメが3作品あります。これが人呼んで「長浜ロマンロボシリーズ」です。アニメファンの間でこのシリーズを知らない者はいないと言われるほどに絶大な人気を誇っています。

超電磁ロボ コン・バトラーV

実は、長浜忠夫は「侍ジャイアンツ」で一旦アニメに見切りをつけ、CM制作に移行しているんです。
アニメ界にカムバックしたのが1975年。カムバックして最初に関わったのは「勇者ライディーン(1975年放送)」です。
ただし、この作品は全50話のうち長浜忠夫が参加したのは第27話から第50話の後半です。それもあってか「勇者ライディーン」は「長浜ロマンロボシリーズ」には含まれません。

「長浜ロマンロボシリーズ」は、1976年4月から1979年1月までの3年間、テレビ朝日系で放映されたテレビアニメシリーズの総称とされています。
「勇者ライディーン」の次に手掛けた、「超電磁ロボ コン・バトラーV(1976年4月~1977年5月まで放送)」がシリーズ第1弾となります。
超電磁ロボ コン・バトラーV

超電磁ロボ コン・バトラーV

原作:八手三郎
監督:長浜忠夫
キャラクターデザイン:村野守美、成田マキホ
アニメーションキャラクター:安彦良和
メカニックデザイン:スタジオぬえ
製作:NET→テレビ朝日、東映、東映エージエンシー
放送局:テレビ朝日系
発表期間:1976年4月17日 - 1977年5月28日
話数:全54話
先史以来、地底に潜んでいたキャンベル星人が地球侵略のための行動を開始した。これを予期していた南原博士は、超電磁の力で合体する巨大ロボ「コン・バトラーV」を建造。全国から4人の若者を集め、孫娘のちずるを含む「バトルチーム」を結成する。どれい獣との戦いの中、南原博士は命を落とし、四ッ谷博士がチームの指揮をとる。大将軍ガルーダの悲劇。そして新たな敵マグマ獣と、女帝ジャネラの出現。地球に平和を取り戻すまで、豹馬たちの戦いは続く……!!
5人の若者がそれぞれ5台のバトルマシンに乗り、それらのマシンが合体して巨大ロボとなる。このコンセプトは2年前に放送された「ゲッターロボ(長浜忠夫の作品ではありません)」に基づいています。
内容的な特徴としては、主人公サイドの描写だけではなく、敵サイドにもドラマ性を取り込んだことが挙げられますね。これは、3年後に放送が開始される「機動戦士ガンダム(長浜忠夫の作品ではありませんよ)」にも大いに受け継がれています。
つまりアニメは、作品ごとに切磋琢磨しながら進化しているんですね。で、「超電磁ロボ コン・バトラーV」は、その後の多くのアニメに影響を与えたというわけです。

超電磁ロボ コン・バトラーV

脚本を辻真先。キャラクターデザインは、「機動戦士ガンダム」などで知られる安彦良和と、「勇者ライディーン」に関わったスタッフが多数参加しています。
で、特筆すべきはキャラクターです。中でも「大将軍ガルーダ」。敵なのにカッコいい。多くの女性ファンを獲得したガルーダは、美形キャラの先駆けと言われています。
更に、ヒロインの「南原ちずる」。今なおアニメヒロインの代名詞と言えるほどの人気を誇っています。

超電磁マシーン ボルテスV

5人の心がひとつになると、「レッツ、コンバイン! 」の掛け声とともに5台のバトルマシンが 合体するという「コン・バトラーV(ブイ)」に続いて制作された長浜ロマンロボの第2作目「超電磁マシーン ボルテスV」。コン・バトラーとは違い、ボルテスのVは、「ブイ」ではなく「ファイブ」です。
そして掛け声は「ブイ・トゥギャザー!」で、ボルトマシンがV字編隊を組み「レッツ・ボルトイン!」で合体するという。こうした掛け声はカッコイイというか、誰もが思わず言いたくなりますよね。
超電磁マシーン ボルテスV

超電磁マシーン ボルテスV

原作:八手三郎
監督:長浜忠夫
キャラクターデザイン:聖悠紀
アニメーションキャラクター:佐々門信芳、金山明博
メカニックデザイン:メカマン(大河原邦男)、スタジオぬえ
製作:テレビ朝日、東映、東映エージエンシー
放送局:テレビ朝日系
発表期間:1977年6月4日 - 1978年3月25日
話数:全40話
遠い宇宙からプリンス・ハイネル率いるボアザン星の侵略軍が地球に飛来した。健一をはじめとする剛三兄弟と峰一平、岡めぐみの5人は密かに建造されていたボルテスVに搭乗しボアザン星人と闘う。
「コン・バトラーV」との違いは合体時の掛け声だけではありません。最も大きな違いはストーリー展開でしょう。
「コン・バトラーV」は、一話完結のエピソードが多かったのですが、「ボルテスV」は連続物というか、大河ドラマとして大きなうねりを作り出しています。
更に、敵であるボアザン星の設定では、貴族(ツノがある者)が一般人(ツノなし)を支配するという差別問題をとりいれているんです。当時としては類を見ない作品となっているんですよね。「ボルテスV」が現在でもアニメブーム黎明期の大傑作と評価されているのも頷けますね。

勿論「コン・バトラーV」が大成功を収めたことで、類似点は多々あります。5人の若者が主人公であるとか、彼らが乗る5台のマシーンが合体して1体のロボットになるとか、基本設定は踏襲しています。敵が美形というのもそのひとつですね。

敵の美形キャラ、プリンス・ハイネル。圧倒的な人気を誇りました!ハイネルは、実は敵として戦いつづけてきた主人公の異母兄という衝撃の事実が最終回で明かされます!

VOLTES V

ボルテスVの最強の武器は剣です。天空剣という巨大な剣で、唐竹割り、一文字斬り、Vの字斬り、二段斬り、超電磁ボールVの字斬りといった剣技を繰り出します。
実は、ロボットアニメにおける決め技として、剣で斬るパターンを創出したのがボルテスVなのですよ。
因みにキャラクターデザインは、「超人ロック」で知られる漫画家の聖悠紀です。

闘将ダイモス

シリーズ第3弾にして最終作となるのが「闘将ダイモス」です。「ブイ」も「ファイブ」もついてないのが、ちょっと寂しいです。

内容はロボットアニメ版のロミオとジュリエットとなっています。男女の愛がテーマ。しかも異星人同士の恋愛というわけです。ちびっ子向けとはいえないですね。中高生がターゲットだということが明確となっています。
もう善と悪の単純な戦いというものではないんです。ドロドロの人間関係が描かれています。
陰謀によってバーム星との戦争に発展していくのですが、戦時下でも地球との和平を求めるレジスタンス運動や民主化運動が存在するという深い話にもなっています。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

必殺技は正拳突き! 全てを拳で打ち砕く巨大ロボットアニメ『闘将ダイモス』

必殺技は正拳突き! 全てを拳で打ち砕く巨大ロボットアニメ『闘将ダイモス』

陰謀により故郷を失った流浪の民バーム星人と地球の間で巻き起こる戦争。その中で出会う主人公竜崎一矢と、バーム星の民を率いるリヒテルの妹エリカが出会い、恋に落ちる! 空手を駆使して戦う肉弾ロボットダイモスのアクションと。敵味方の間のロマンス、そして陰謀渦巻く展開! 見た目以上に話が熱く濃い闘将ダイモスの魅力を紹介!
1000零式 | 7,697 view
安彦良和の『安東 ANTON 一~三』電子版が刊行!源義経の遺児×北条妖術集団!時代劇アクション!

安彦良和の『安東 ANTON 一~三』電子版が刊行!源義経の遺児×北条妖術集団!時代劇アクション!

漫画家・安彦良和の『安東 ANTON 一~三』電子版が刊行されます。1993年の刊行以来、長らく絶版状態でしたが、このたび、電子版にて復刊します。また、マンガアプリ最大手のLINEマンガとピッコマでも同時配信されます。
アニメ『超電磁ロボ コン・バトラーV』の最終回ってどうだった?

アニメ『超電磁ロボ コン・バトラーV』の最終回ってどうだった?

子供のときに見てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『超電磁ロボ コン・バトラーV』はこんな感じでした!身長57メートル、体重550トン!
こういち | 10,321 view
安彦良和監督による劇場アニメ『ヴイナス戦記』公開30周年!Blu-rayが7⽉26⽇発売!!

安彦良和監督による劇場アニメ『ヴイナス戦記』公開30周年!Blu-rayが7⽉26⽇発売!!

株式会社バンダイナムコアーツから、1989年に公開された劇場アニメ『ヴイナス戦記』のBlu-ray(特装限定版)[7,800 円/税抜]が7⽉26⽇に発売されます。
ガンダムでお馴染み!安彦良和氏による自身初の描き下ろしCM『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』

ガンダムでお馴染み!安彦良和氏による自身初の描き下ろしCM『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』

サッポロビール株式会社は、2019年1月2日(水)・3日(木)に日本テレビ系列で放送される、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走で、「第95回 箱根駅伝用オリジナル CM」年始特別バージョン『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』を放映。大迫選手・設楽選手の過去シーンは「機動戦士 ガンダム」を生み出したアニメーター・安彦良和氏が線画で描き下ろしています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト