シンディ・ローパーのとにかく元気になる『Hey Now』!ものまね王座決定戦ではご本人が登場!
2017年1月27日 更新

シンディ・ローパーのとにかく元気になる『Hey Now』!ものまね王座決定戦ではご本人が登場!

1994年にシングルカットされた『Hey Now』。元の曲は1983年にリリースされた『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』であり、そのミュージックビデオも魅力的な内容だった。「ものまね王座決定戦」出演時のシンディ・ローパーのはじけっぷりもご紹介する!

2,678 view

最初は『Girls Just Want to Have Fun』(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)としてリリースされた!

1983年8月20日にリリースされたシンディ・ローパーのソロ歌手としての最初のメジャーシングル曲『Girls Just Want to Have Fun』(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)。
ゴールドディスクではプラチナ(米)、シルバー(英)を受賞している。

ビルボードチャートではじわじわとランキングを上げ、1984年3月に2週連続で2位を獲得した同曲。年間ランキングでは第15位にランクインした(ちなみに1984年1月27日にリリースした『Time After Time』も第17位にランクインしている)。
ジャケット画像

ジャケット画像

日本では1984年2月25日にリリースされた。日本語のタイトルは「ハイ・スクールはダンステリア」であったが、歌詞の和訳を見ると、ハイスクール(高校生)もダンステリア(おそらく80年代当時ニューヨークにあったダンスクラブを指す)も登場しない。
思春期の女の子の心情を歌った曲であり、”ダンスクラブでの出会いに憧れる年頃の女の子”感を、”それらしい”英単語の組み合わせで表現したのではないだろうか。

後に原題を片仮名表記したタイトルに修正された。

歌詞の内容は、思春期真っ只中の女の子が、母親や父親に小言を言われようが、とにかく今を生きて、女の子としての毎日を楽しもうとする明るく前向きなものだ。
80年代前半、アメリカから届いたこのアッパーソングは、今聴いてもとにかく元気になる。
『ハイ・スクールはダンステリア』

『ハイ・スクールはダンステリア』

同曲のプロデュースはリック・チャートフ。作詞・作曲はロバート・ハザードで、彼自身1979年にレコーディングしている。当初は男性視点の歌詞であったという。
シンディ・ローパー版ではハザードの許可のもと、女性が演じるのにあわせた些細な歌詞変更が、シンディ・ローパー自身により行われている。

これは1983年のソロデビューアルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』に収録された、シンセサイザーサウンドに乗せた、女性の社会的地位に対する賛歌である。
『She's So Unusual』

『She's So Unusual』

2000年にリリースされた『Girls Just Want to Have Fun』(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)収録のアルバム。
ド派手な色使いのファッションもシンディ・ローパーの特徴!

ド派手な色使いのファッションもシンディ・ローパーの特徴!

出典 ameblo.jp
イェー!!

イェー!!

プロモーション用も含め、シングルは38以上のバージョンがリリースされており、マイリー・サイラスやパール・ジャム、ジョン・メイヤーなどの錚々たるアーティストにアルバムやライブでカバーされている。

また、シングルは様々な形でリリースされ、たとえばオーストラリアではバースデイ・カードに同梱の3インチCDがリリースされた。

ミュージックビデオには実母が出演!!

シングルは奇抜なミュージック・ビデオとともにリリースされた。このビデオは1983年の夏にマンハッタンのロワー・イースト・サイドにあるマザー・スタジオで撮影された。
撮影費用は3万5千ドルもかからなかったが、これはヴォランティアの出演者と、当時最先端の機材を無料で借りられたことによる。

父親役はプロレスラーの“キャプテン”ルー・アルバーノが演じたが、母親役は実母のカトリーヌであり、ローパーの弁護士であるエリオット・ホフマンがローパーのダンス・パートナーを演じた。マネージャーのデヴィッド・ウルフや実弟のブッチ・ローパー、ポートレート/CBSの秘書軍団も出演者として駆り出された。

ローン・マイケルズ (Lorne Michaels) はホフマンの顧客という縁でローパーに、新品の100万ドルするデジタル編集機の貸し出しを快諾。これを使い、ローパーとお固い弁護士がニューヨークの通りでスネークダンスを踊る出演者を先導し、盛大なパーティに突入する映像を作成した。

Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun

(Official Video)

1994年に『Hey Now』がリリース!

1994年のヒットコレクションアルバム『グレイテスト・ヒッツ』から『Hey Now(Girls Just Want to Have Fun)』がシングルカットされた。
シンディ・ローパー自身がプロデュースを務めている。
オリジナルをレゲエ混じりにアレンジし直したもので、レッドボーンの「カム・アンド・ゲット・ユア・ラヴ」のコーラスを使用している。
『グレイテスト・ヒッツ』

『グレイテスト・ヒッツ』

同曲は3人のドラッグ・クィーンを描いたロードムービー『3人のエンジェル』で最後とエンドロールで流された。

本バージョンが制作される経緯としては、『トゥエルヴ・デッドリー・シンズ』ツアー以前のコンサートで、様々なバージョンを披露し、『グレイテスト・ヒッツ』のバージョンを作り上げていった。

すべては『ハット・フル・オブ・スターズ』ツアーから始まった。シンガポールでのコンサートでまず大きく変えたバージョンを披露し、トロントでまた大きく変えた。これらのプリ・バージョンはまだ原曲に似てはいたが、「ヘイ・ナウ」のコーラスは入っていた。最初に現在のバージョンの「ヘイ・ナウ」が演奏されたのはゲイ・ゲームズにおいて、ドラッグ・クイーンの格好で演じたものである。
映画『3人のエンジェル』

映画『3人のエンジェル』

ビーバン・キドロン監督。1995年公開(※日本では1996年に公開)。

1979年の『Skatetown, U.S.A.』で映画デビューしたパトリック・スウェイジ、1986年の『ワイルドキャッツ』で映画デビューしたウェズリー・スナイプスらが出演している。
ミュージックビデオでのまっ黄色の髪と赤い帽子姿がハマっ...

ミュージックビデオでのまっ黄色の髪と赤い帽子姿がハマっていたシンディ・ローパー!!

Cyndi Lauper - Hey Now (Girls Just Want to Have Fun)

ミュージックビデオ内でもドラッグ・クイーンと思われる人々と楽しく踊りまくるシンディ・ローパーがとにかく陽気!
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 663 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,374 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 761 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 388 view
「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

1987年の登場以来、女子中高生を中心に永らく愛されてきた雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」が、福島の雑貨チェーン「PATTY’S(パティズ)」より待望の復活を遂げることが明らかとなりました。
隣人速報 | 687 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト