1977年型のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを思いっきり飛ばすだけという車好き必見の「トランザム7000」
2017年9月17日 更新

1977年型のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを思いっきり飛ばすだけという車好き必見の「トランザム7000」

「トランザム7000」という1977年に公開された映画は、それはもう能天気この上ありません。しかし、しかしですよ、この映画は車好きにはたまらない1本です。1977年型のポンティアック・ファイヤーバード・トランザムの走りっぷりが思う存分楽しめます。

4,930 view

Firebird

最近の若者はあまり車に興味がないらしい。中でもアメ車の人気はかなり低く、それは魅力に乏しいからだとか。果たして本当にそうか?
車の魅力とは、燃費?安全性?価格?、確かに日常の足と考えた場合にはそれらは重要なことでしょう。しかし、それだけか?

車を走らせる喜びと考えた場合には、アメ車はとびっきり面白い!70年代は特にそうでした。その代表がファイヤーバードですね。そう、トランザムです。
1977年型ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム

1977年型ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム

370馬力に角型四灯の「イーグルマスク」。く~、おじさんには、もう、たまりません。燃費悪いんだろうなぁと思わせるに十分な迫力!

こいつでスピンターンを決めてみたいなと何度思ったことか。。。

トランザムV8 スピンターン

映画「トランザム7000」のポンティアックトランザムです。V8、SD-455(スーパーデューティー455)エンジンとLSDで、ビッグボディを楽々スピンターン。
一生に一度はこの車を思うままに操ってみたいと思った男は数知れません。
しかし、現実的にはなかなか難しい。
代わりに、この1977年型ポンティアック・ファイヤーバード・トランザムを思う存分走らせまくる痛快この上ない映画があります。1977年公開のアメリカ映画「トランザム7000」がそれです。

男の夢とロマンを乗せた極上のカーアクションが楽しめますよ。

Smokey and the Bandit

トランザム7000

トランザム7000

公開 - 1977年

原案 - ハル・ニーダム、ロバート・レヴィ
製作総指揮 - ロバート・レヴィ
脚本 - ジェームズ・リー・バレット
音楽 - ビル・ジャスティス、ジェリー・リード
監督 - ハル・ニーダム
配給 - ユニバーサル・ピクチャーズ
出典 eiga.com
あえてストーリーを書く必要もないほどに単純というか、シンプルな物語です。言ってしまえば荷物を届ける。それだけの話です。
車のカッコよさをひたすら見せるためだけに制作された映画と言ったほうがいいかもしれません。

とにかく観てください!1977年型ポンティアック・ファイヤーバード・トランザムの疾走する雄姿を!!

Smokey and the Bandit Trans Am

疾走シーン スピンターン最高 カントリーBGM
如何ですか?スピンターン最高でしょう?
意外なのは音楽です。なんとカントリーなんですよね。これがまた何ともいい感じ!

音楽を担当したのは、ビル・ジャスティスとジェリー・リードです。

トランザム7000のテーマ:ジェリー・リード JERRY LEED East Bound And Down 7”(1977)

ところで、「トランザム7000」に出てくるのは何もポンティアック・ファイヤーバード・トランザムだけではありません。ジャスティスという保安官が乗る1977年型ポンティアック・ル・マンや、他の警官が乗る1975年型プリムス・フューリーがパトカーとして使われ激しいカーチェイスを繰り広げます。

そして主人公の相棒が乗るのが1974年型ケンワース・W900A。18輪の大型トラックなんですが、これがまたとんでもなくカッコいいんです。
1974年型ケンワース・W900A

1974年型ケンワース・W900A

写真は映画で使われたもではありません。
アメリカ大陸をこんな大型トラックで突っ走ると気持ちいいでしょうね。映画ではこうしたトラック野郎たちの連携も見どころのひとつとなっています。

Smokey and the Bandit - West Bound and Down

走るだけの物語とは言ったものの、まぁ、それでけと言うことではありません。ラブシーンもあります。
走ってる途中で何と花嫁をピックアップするのです。そして2人は恋に落ちるのですが、結婚式場から逃げ出した花嫁の相手と言うのが保安官の息子だったことから物語は思わぬ方向に。。。

Smokie and the Bandit.The Bandit.Jerry Reed

ラブシーン
カーチェイスでハラハラ、ドキドキしつつも、「トランザム7000」にはユーモアがあります。笑えます。なので観終わるとスカッとすること請け合いです。
これだけ激しいアクションにも関わらず、映画の中に死人は出ませんし、基本的に登場人物はいい人ばかりです。

ラストもさわやかですよ。主人公は犯罪者なんですけどね。

Smokey and the Bandit (10/10) Movie CLIP - Bye Bye Sheriff Justice (1977) HD

ラストシーン
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

トランザム ファイヤーバード☆アメ車がかっこよかった時代!

トランザム ファイヤーバード☆アメ車がかっこよかった時代!

1970年代後半のアメ車がかっこよかった時代の、ポンティアックのファイヤーバード・トランザムの画像を集めて見ました。(Pontiac Firebird Trans AM)ポンティアック・トランザムについて。「トランザム・ファイヤーバード」と思っていませんでしたか?正確にはファイヤーバードの最上級グレードがトランザムなんですね。
80年代ローラーから~永ちゃんまでもが憧れた車。キャデラック【Cadillac】!!

80年代ローラーから~永ちゃんまでもが憧れた車。キャデラック【Cadillac】!!

Standard of the World.(世界の標準)のキャッチコピーのもとGMが総力を上げ力を入れた車。また20代の永ちゃんが キャデラックに乗って、10メートル先のタバコ屋にハイライト買いにいくことが夢です。と語った世界的名車キャディラックそんな車を愛した方々をまとめてみました。
ギャング | 5,139 view
『カマロZ28』大好きだった二代目!!まとめ・・・

『カマロZ28』大好きだった二代目!!まとめ・・・

シボレー・カマロとくに1970年~1981年まで販売されてた二代目カマロZ28がヤンチャな世代でも大人気でアメ車の中でもコルベットやトランザムなどと人気を争った1台ではないでしょうか。そのカマロをまとめてみました。
ギャング | 6,502 view
車好きは括目せよ!カーアクションの連続で、観る者を痺れさせる“マッドマックス2”

車好きは括目せよ!カーアクションの連続で、観る者を痺れさせる“マッドマックス2”

400万ドルの製作費の多くを車の改造費に充てたという「マッドマックス2」。その結果、他に類を見ない手に汗握るカーアクションが生まれました。日本では「北斗の拳」の元ネタとしても知られている本作。ただ全力で走るだけという特異なアクション映画の金字塔、それが「マッドマックス2」だ!
obladioblada | 3,439 view
アメ車大好き!ヤンチャ『3代目コルベット』で決まりでしょ!!

アメ車大好き!ヤンチャ『3代目コルベット』で決まりでしょ!!

1968年から1982年までGM(ゼネラルモーター)から製造・販売されたシボレー・コルベット。特にアメ車のスポーツカーで人気のあった車です。当時、周りでも何人か乗ってたので懐かしく思いまとめてみました。
ギャング | 10,652 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト