SMの金字塔「花と蛇」。谷ナオミも杉本彩も小向美奈子も、歴代の主役を演じた女優はみんな美しく魅惑的です。
2018年12月11日 更新

SMの金字塔「花と蛇」。谷ナオミも杉本彩も小向美奈子も、歴代の主役を演じた女優はみんな美しく魅惑的です。

SMはマニアックな世界と言って良いかと思います。しかし、「花と蛇」は最初の作品から50年以上を経た今も映画化が続いています。これほど何度も映画化される作品はそう多くはありません。演じる女優が魅力的というのも、きっと人気の秘密なのでしょう。

30,310 view

花と蛇(団鬼六)

SMです。サドとマゾですね。 サディズムとマゾヒズムですよ。あまり一般的とは思えませんが、実はそうでもない。この、ある意味、特殊な世界には数多くのファンが根付いているんです。それを証明するかのような作品が「花と蛇」です。
そもそも「花と蛇」は団鬼六が昭和37年(1962年)8月、奇譚クラブという雑誌に発表した小説です。団鬼六といえば泣く子も黙るSM小説の大家。SMですよ、SFではありませんよ。
花と蛇

花と蛇

著者:団 鬼六
「花と蛇」は、待ってました!とばかりに大衆に受け入れられるのですが、どのくらい受け入れられたかと言いますと、続編がそれを物語っています。
「花と蛇」は、誘拐の巻からはじまり、、涕泣の巻、飼育の巻、調教の巻、憂愁の巻、羞恥の巻、屈辱の巻。号泣の巻、そして完結編と掲載誌を変えながらも実に13年間にわたって掲載されています。文庫本にして全9冊。現在は加筆されており全10冊となっています。
大ヒットしたんです。その特殊性を考えると、快挙と言うべきでしょうね。

花と蛇(谷ナオミ)

この小説の人気に目を付けない日活ではありません。「花と蛇」は1974年、谷ナオミを主役に映画化されます。
花と蛇

花と蛇

監督:小沼勝
脚本:田中陽造
製作:日活
出演者:谷ナオミ、坂本長利
音楽:眞鍋理一郎
撮影:安藤庄平
編集:鈴木晄
公開:1974年6月22日
上映時間:73分
【ストーリー】
大人の玩具店を経営している美代。終戦当時はG・Iたちを相手に肉体を売り、一人息子の誠を育てあげた。今では一流会社に勤務している誠だが、幼い頃、母を抱いていたG・Iを拳銃で殺して以来、勃起不能になり、わずかに女の緊縛写真を眺めては自慰でまぎらわせているのだった。ある日、誠は社長の遠山千造の自宅に呼ばれた。千造は誠母子のことを調べていて、千造の欲求を拒む妻の静子を縛って教育しろというのだった。誠は悪酔いした静子を自分の部屋に連れ込み、ベッドに縛りつけた。眼を覚ました静子は抗議するが、千造のいいつけだと聞いて呆然とする。彼女の着物を剥ぎ取った誠は執拗に責め始めた。初めは悲鳴を上げていた静子だが、次第に恍惚にのたうちはじめていた。興奮した誠は思わず彼女を抱いてしまった。誠の不能が回復したのだ。こうして誠の飼育によってマゾの快感を覚えた静子を、誠は千造に返そうとはせず、自分の玩具のように可愛いがるのだった…。
SM小説の大家 団鬼六の作品を演じられるのは、初代SMの女王と称される谷ナオミしかいないというわけです。とはいえ「花と蛇」の前にはSM関係の作品は「奴隷未亡人」だけですので、谷ナオミは、これ以降メキメキと女王としての頭角を現していくことになります。

"Flower and snake (1974)" review, beyondRatedR, part 3

続編「花と蛇 地獄篇」が制作されたのは1985年です。なんと11年ぶり!根強くというか、しぶとくというか、ファンは潜んでいるんですね。
主演は、麻生かおりにチェンジしています。谷ナオミで続けてほしかったところですが、11年も経ってしまっては仕方のないところでしょうね。
花と蛇 地獄篇

花と蛇 地獄篇

監督:西村昭五郎
製作:日活
出演者:麻生かおり、藤村真美、中田譲治
撮影:山崎善弘
編集:奥原好幸
公開:1985年8月24日
上映時間:69分
さて、ここからは主役を変えながら怒涛のラッシュが始まります。翌年1986年には小川美那子主演で「花と蛇 飼育篇」が公開されます。
花と蛇 飼育篇

花と蛇 飼育篇

監督:西村昭五郎
製作:日活
出演者:小川美那子、永井秀明
撮影:野田悌男
編集:奥原好幸
公開:1986年3月8日
上映時間:73分
「飼育篇」かぁ、もうタイトルからしてただ事ではないですね。しかし、そこが愛好家にとっては「たまらん」ところでもあります。

同年12月にはこれまたナイスなネーミングの「花と蛇 白衣縄奴隷」が公開されます。
花と蛇 白衣縄奴隷

花と蛇 白衣縄奴隷

監督:西村昭五郎
脚本:掛札昌裕
製作:日活
出演者:真咲乱、小川美那子
撮影:野田悌男
編集:奥原茂
公開:1986年12月6日
上映時間:73分
主演は真咲乱ですが、前作から引き続き小川美那子が出ているところがファンには嬉しいところですね。
飼育、奴隷とくれば、次は調教ということで、「花と蛇 究極縄調教」が長坂しほりを主役にして1987年に公開されています。
花と蛇 究極縄調教

花と蛇 究極縄調教

監督:浅尾政行
脚本:片岡修二
製作:日活
出演者:長坂しほり、速水舞
撮影:佐藤徹
編集:冨田功
公開:1987年12月5日
上映時間:64分
80年代は「花と蛇」のためにあったと言いたくなるほどの充実ぶりですね。しかし、多くの人々に衝撃を与えることになるのは2000年代に入ってからのことです。

花と蛇(杉本彩)

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

縛られた美女、高倉美貴★日活ロマンポルノ往年のSM女優

縛られた美女、高倉美貴★日活ロマンポルノ往年のSM女優

現在は「あのねのね」の原田さんの奥様の高倉美貴さん。 かつては、にっかつロマンポルノ団鬼六ものSMシリーズで、上品な顔立ちと縛られた美しい肉体を披露しました。 日活ポルノ、SM女優時代の高倉美貴さんを振り返ってみました。
「たかなシアター六番街」-美少年-

「たかなシアター六番街」-美少年-

たかなシアター六番街、今回お届けするのは「美少年」(団鬼六)です。
【セクシー対決!】あなたはどっち?「武田久美子 V.S. 杉本彩」

【セクシー対決!】あなたはどっち?「武田久美子 V.S. 杉本彩」

あなたの意見がリアルタイムに反映される!今でも、セクシーでお色気たっぷりな「武田久美子」と「杉本彩」のお2人!あなたが「セクシー」だと思う方へ投票してください!また、好きな理由や、2人の過去エピソードなどについてのコメントもお待ちしております!さぁー、あなたの投票はどっち!?
黒木香さん脇毛のAV女優の思い出

黒木香さん脇毛のAV女優の思い出

横浜国立大学在学中の1986年10月2日に『SMぽいの好き』でAVをデビューした黒木香。バラエティ番組でタレント活動をしたり、歌手デビューしたり、80年代後半に活躍しました。村西とおる監督との愛人関係や自殺未遂騒動の末に引退。現在は一般人として暮らしています。黒木香さんの思い出の画像や映像を集めてみました。
『殺し屋1』殺し・ヤ〇ザ・SM・変態・エロ、何でもあり!!

『殺し屋1』殺し・ヤ〇ザ・SM・変態・エロ、何でもあり!!

1998年より小学館の週刊ヤングサンデーより連載されたバイオレンス漫画の決定版。新宿歌舞伎町を舞台にドロドロえげつないストーリーの漫画をまとめてみました。
ギャング | 26,253 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト