1980年代にヒットした“サラダ記念日”は、はじめ“からあげ記念日”だった!?
2018年5月21日 更新

1980年代にヒットした“サラダ記念日”は、はじめ“からあげ記念日”だった!?

1980年代にヒットした「サラダ記念日」!その舞台裏とは!? 美しいことばの調べをきっかけにこころときめく言葉の旅に思いを馳せましょう!

235 view

サラダ記念日とは……

「サラダ」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2009008)

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日
と知っておられる方々もいるのではないでしょうか!?
「この味がいいね」と好きなひとが言ってくれたから今日はサラダ記念日。
そんなかげかえのない日常にときめきをちりばめた文句なしの珠玉のことば。
その舞台裏話を探りたいと思います!

その前に……。

『サラダ記念日』を生み出した、俵万智さんとは……

“大学を卒業すると、公立高校教員として神奈川県立橋本高等学校の国語教師として働きながら発表した『野球ゲーム』で第31回角川短歌賞次席。受賞は米川千嘉子に譲るも、その奔放で斬新な表現が歌壇の話題をさらった。”
昼は先生として教壇に立ち、夜は趣味の短歌に傾注したのでしょうか。
何にせよ、ひとりの時間を持てる女性は素敵ですね!(●˘͈ ᵕ˘͈)♪
翌年、『八月の朝』で第32回角川短歌賞を受賞。(略)1987年(昭和62年)発行の第一歌集『サラダ記念日』は歌集としては異例の大ベストセラーとなって社会現象を引き起こし、ライトヴァースの旗手として口語短歌の裾野を一気に広げた。日常会話で使われるカタカナを巧みに使い、親しみやすい歌風は多くの人々の心を掴んだ。

サラダ記念日の快挙ぶり!

サラダ記念日

サラダ記念日

“刊行前から話題となっており、出版されるや280万部のベストセラーとなった。ちなみに初版の発行部数は3000部だった。”

なんと!Σ(゚д゚;) スゲェ!

“新しい現代短歌の先駆けとなり、後に続く若手の歌人たちに影響を与えた。”

「この味いいね」~一歌首は短歌という旧来のイメージの堅苦しさがなく自由奔放でありました!
それに幾重の、ことばのハーモニーが響いています!

“サラダ”ではなく“鳥のからあげ”だった!

「から揚げ」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2008908)

“あったことをそのままでは短歌にはならないということで、実際は鳥のから揚げをいつもと違う味付けにしたら『美味しい』と言われたので、『これで今日は記念日だな』と思ったのがきっかけであったということと、爽やかな感じを出すためにメインではなくサイドのものが記念日になるということが表現したかったことや、サラダのSや7月のSが響き合うことや、7月7日では七夕であるので1日前にずらしたことを自身が語っている。”

とあるが、私が知ったのは俵万智さん著『短歌をよむ』であった。
なぜ、“からあげ”ではなく、“サラダ”という嘘をついてまで“サラダ”にしたのか、その理由が味わい深かったので以下、『短歌をよむ』から引用させていただきます。
短歌をよむ (岩波新書) | 俵 万智 |本 | 通販 | Amazon (2008911)

“ちょっと工夫してカレー味の鳥のからあげを作ってみた。
「へえっ、これイケるね」と言ってもらったことが嬉しかった。
どこにでもあるような話だけれど、私にとっては忘れがたいできごと。
恋は、なんてことないできごとにも、すばらしいときめきを与えてくれる。
なんてことない日を、記念日にしてくれる。「イケるね」の一言で、今日という日も記念日だなあ、と思う。”
『短歌をよむ』俵万智 岩波書店 130頁より

俵さんはああでもないこうでもないと、試行錯誤しながら一週間くらい後にふっと……あの、

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

「手帳」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2009028)

図書館へ駆け込んで手帳に記して完成に至ったそうです!
やはり、“ほんとう”と“うそ”を入り混じった一首についていろいろな
「これは本当に起きた出来事なのでしょうか?」
というインタビューがしつこくあったもようで。
それに対して俵さんは提案するように、こう答えています。
全部がほんとうではないし、全部が嘘でもない。心の揺れは、たしかにほんとうに私の心に宿ったもの。
けれど、それが言葉というかたちになる過程では、現実から離れてゆくこともある。
出典 『短歌をよむ』俵万智 岩波書店 133頁
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 12,094 view
80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

「サンリオキャラクターズ」と「サンキューマート」の新商品が販売開始!80s~90sに誕生した大人気サンリオキャラクターズ《ノラネコランド》《おさるのもんきち》《るるる学園》《ぽこぽん日記》とのコラボ商品!もちろん店内全品390円となっています!
一条ゆかりさん『砂の城』――恋とは熱く切なく激しいもの……しかし、包(くる)むような思いの形を示した男の愛し方に迫りましょう。

一条ゆかりさん『砂の城』――恋とは熱く切なく激しいもの……しかし、包(くる)むような思いの形を示した男の愛し方に迫りましょう。

「恋とは?」「愛とは?」を痛切に問われる名作中名作の一条ゆかり先生の『砂の城』。静かに強烈に語り、問いを突きつけるその行方は……?その答えは一途にフランシスを想い続けているフェランの中にヒントが隠されているかもしれません!今回は彼をクローズアップしましょう!
me*me | 576 view
いつまでも子どものままではいられない――『ばいばいストロベリーデイズ』大人への階段はやっぱり切ないものです。

いつまでも子どものままではいられない――『ばいばいストロベリーデイズ』大人への階段はやっぱり切ないものです。

少女から大人への成長は切なさと痛みを伴いますね。けれどもまた違った景色がぱーっと広がる新しい世界はそんなに怖くないもの。『ばいばいストロベリーデイズ』の中に秘められた“ばいばい”はまた再会のしるしでもあるのではないかと思います。
me*me | 235 view
川原由美子さんの代表作『前略ミルクハウス』はじめ、過激で素直な“女の子”たち!その真髄に迫りましょう。

川原由美子さんの代表作『前略ミルクハウス』はじめ、過激で素直な“女の子”たち!その真髄に迫りましょう。

川原由美子さんといえば、“女の子”!かわりがわるくるくる表情を見せる少女をいたずらっぽく…時には神秘的に…揺れ動く心と表情をこうも体現した方はなかなかいないでしょう!そんな川原由美子さんの作品たちを懐かしんで追っていきましょう!
me*me | 746 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト