80年代~ディスコソングと言えば!!Cheryl Lynn(シェリル・リン)
2017年2月1日 更新

80年代~ディスコソングと言えば!!Cheryl Lynn(シェリル・リン)

80年代~今もクラブで懐メロとして流れるCheryl Lynn(シェリル・リン)を知ってますか?

1,998 view

Cheryl Lynn(シェリル・リン)とは?

Cheryl Lynn(シェリル・リン)

Cheryl Lynn(シェリル・リン)

本名 Lynda Cheryl Smith(リンダ・シェリル・スミス)
誕生日 1957年3月11日
出身 アメリカ・ロサンゼルス・カリフォルニア
ジャンル ディスコ R&B 魂 ポップのアメリカの女性歌手
活動期間 1976年 ~現在
ロサンゼルス出身。幼い頃から教会でゴスペルを歌っていた。当初、歌手になるつもりはなかったが、黒人ミュージカルの“ザ・ウィズ”の巡業チームに参加。
1976年、かつて同じグループで歌っていたデルバート・ラングストンの薦めにより、“ゴング・ショウ”というオーディション番組に出演して優勝。
後にチャック・バリスはL・A・ヘラルド・イグザミナー紙で、4000人近く見聴きした中でシェリル・リンは最高の存在であると評した。これによりメジャーデビューの話が次から次へと舞い込んできたが、彼女自身はこの事態を静観しデビューする事をかなり躊躇していたが、周囲の説得からようやくCBSソニーと契約し、1978年にデビューした。

ゴング・ショウとは?

ゴングショウ (Gong Show)は、テレビ・ラジオ番組やトークショーで行われる審査形式。アメリカのバラエティ番組『ザ・ゴングショー』が原型。
視聴者参加型番組において多用されるフォーマットのひとつ。開催場所などによって細かな違いはあるものの、ショーの流れはおよそ以下の通り。
司会者の紹介で参加者がステージに登場する
ステージ上で演目を行う
演目の最中に審査員が「つまらない」「見る価値がない」(もしくはその逆)と判断した場合、何らかの装置によってそれを評価点として表明する
規定数の加点、もしくは減点が行われた場合、演目はその時点で中止となる。演目を最後まで終えた場合、合格扱いとなるケースが多い
参加者の数だけ1~4を繰り返し、最終的に残った参加者の中から最も優秀な参加者を決定する。


この番組は審査が厳しく審査員もうるさい事で知られていたが、彼女は300点という最高得点を獲得し、司会者のチャック・バリスや審査員を唸らせ絶賛された。

芸名の由来!

cheryl lynn

cheryl lynn

“シェリル・リン”の芸名の由来は、デヴィッド・ペイチの父親でアレンジャーのマーティー・ペイチがTOTO (バンド)のデビューアルバムのバッキングボーカルに起用しようと電話でコンタクトを取った時に、本名の“リンダ・シェリル”を記憶違いで“シェリル・リン”と逆に覚えたことから。その方が覚えやすくてキャッチーだとされたことによる。

Cheryl Lynnの神曲5

ディスコファンなら必ず聴いた事あるはず!!

Got To Be Real(トゥー・ビー・リアル)

Got To Be Real - CHERYL LYNN '1978

デビュー曲Got To Be Real
デヴィッド・ペイチとデヴィッド・フォスターがプロデュースしたデビュー曲の「トゥー・ビー・リアル」(Got To Be Real)は当時のディスコブームに乗ってヒットを記録した。この曲は現在もディスコ・クラシックとして親しまれている。その後も「イン・ザ・ナイト」などのヒットを放った。

In The Night(インザ・ナイト)

CHERYL LYNN - In The Night

爆発的ヒット曲

Good Time(グット・タイム)

Cheryl Lynn - Good Time (Dallas's Main Mix)

1990年代に入るとレーベル契約がなく不遇で、リチャード・マークスやルーサー・ヴァンドロスのアルバムでバックボーカルを務めた。一方日本では洋楽のダンスミュージックがブームになったこともあり、1995年にavex traxから日本独自企画のオリジナルアルバム『Good Times』を発売した。
グッド・タイム Single, Maxi

グッド・タイム Single, Maxi

Keep It Hot(キープ・イッ・ホット)

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

カセットテープに使っていたカセットレーベル!今回は「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!
うーくん | 118,453 view
“バブル青田”こと青田典子も参戦!マハラジャ六本木でイベント「BUBBLY DISCO NIGHT」が開催!

“バブル青田”こと青田典子も参戦!マハラジャ六本木でイベント「BUBBLY DISCO NIGHT」が開催!

ディスコ世代お待ちかね!2010年に復活して以来、ディスコ&クラブのMIXスタイルで幅広い層から支持を得る“レジェンド・オブ・ディスコ”ことマハラジャ六本木。メイン客層である40~50代男女に大人気の黄金イベント「BUBBLY DISCO NIGHT」が12月29日(土)に開催されることが決定しました。
隣人速報 | 915 view
あのジュリアナ東京がまさかの復活!みずほ総研の「とんでも予想」で昨年予想されていた!

あのジュリアナ東京がまさかの復活!みずほ総研の「とんでも予想」で昨年予想されていた!

ミドルエッジ世代の女子たちの憧れ「ジュリアナ東京」が、なんと大阪で復活することが明らかとなりました。タンスの奥底に眠っていたジュリ扇をお立ち台で振り回す機会がついに訪れる!?
隣人速報 | 3,685 view
【リック・アストリー】80年代に世界的ヒット曲を飛ばしたソウルフルな歌声は今も健在!

【リック・アストリー】80年代に世界的ヒット曲を飛ばしたソウルフルな歌声は今も健在!

リック・アストリーは80年代後半にヒット曲を飛ばし、世界的に有名な歌手となりました。現在でも活動中であり、そのソウルフルな歌声は今も健在!さっそく振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 959 view
ロゴ入りトレーナーが流行した六本木の伝説のディスコ「BIO」がブランド化!Tシャツなどのアイテムが続々登場!

ロゴ入りトレーナーが流行した六本木の伝説のディスコ「BIO」がブランド化!Tシャツなどのアイテムが続々登場!

ロゴ入りトレーナーが大流行したことでも有名な80年代のディスコ「BIO」が新ブランドとして蘇る!株式会社オプティは、新ブランド「BIO」を立ち上げ、Tシャツやパーカーなどの販売を開始しました。
隣人速報 | 614 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト