安くて良い家電が多かったAIWA製品プレイバック
2019年8月29日 更新

安くて良い家電が多かったAIWA製品プレイバック

ミドルエッジ世代が学生時代、今の子と違って購買意欲が旺盛だった人も多いのではないでしょうか。まだバブルの残り香があったかもしれません。しかし、バブルの恩恵を受けていない世代が多いため、欲しいものが多々あれどお小遣いではなかなか厳しい現状でした。そんな時に安くてカッコ良い商品を出していたAIWAは救世主的存在でした。

39,624 view

安くて良い家電が多かったAIWA製品プレイバック

ミドルエッジ世代が学生時代、今の子と違って購買意欲が旺盛だった人も多いのではないでしょうか。まだバブルの残り香があったかもしれません。しかし、バブルの恩恵を受けていない世代が多いため、欲しいものが多々あれどお小遣いではなかなか厳しい現状でした。そんな時に安くてカッコ良い商品を出していたAIWAは救世主的存在でした。
 (1955319)

AIWAの歴史を見てみよう!

AIWAの始まりは、1951年、愛興電気産業株式会社として産声を上げ、1959年にブランド名として使用していたアイワという社名になりました。

その後、1960~70年代にかけて急成長、日本で初めてのカセットテープレコーダーやラジカセを製造し、安くて良い日本製品として日本の若者を始め、アジア各国でも人気が高まっていきました。

1969年にSONYと資本提携を結んだのちも、しばらくはウォークマンの廉価版と言われたカセットボーイを始め、SONY製品には手が出せないものの最新家電が欲しいと言った若者を中心としたニーズに応え続けてくれていました。

その後、SONYの完全子会社となり、徐々に親ブランドであるSONY製品との住みわけが難しくなり、007年には完全にAIWAブランドの商品販売が終了しました。
 (1955327)

AIWAの名前の由来は?

「アイワ」という単語はアラビア語エジプト方言でYes(はい)の意味です。

中国語名では、愛華(Ai Hua)と表記します。中国語で「中国を愛する」と言う意味もあることから、中国や東南アジアなどではSONYを凌ぐ人気と知名度を誇っていました。

懐かしいAIWA製品を振り返っていきましょう!

カセットレコーダー

今のように好きな音楽をダウンロードなんて想像すらできなかった時代、テレビやラジオにカセットレコーダーを近づけて、物音一つ立てずに録音するなんてシーンが日常茶飯事だったミドルエッジ世代も多いと思います。

数あるAIWA製品のなかでも、カセットレコーダーが一番ど真ん中!と言う人も少なくないのでは?

AIWAのカセットレコーダーでは、日本初のカセットデッキ「TP-1009」を始め、コンパクトで持ち運びもできるカセットレコーダーの先駆者的存在で、若者でも手が届く、音楽をより身近なものにしてくれた存在でした。

では、まずはAIWA製のカセットレコーダーから振り返っていきましょう。
 (1955338)

AIWA TP-728

一昔前の花見会場にあるカラオケマシンのようですが、こちらもカセットレコーダー。」

取っ手付きで、より一層持ち運びがしやすくなっています。録音が【赤】、ストップが【青】など色だけでも操作が分かる、分かりやすさはまさにAIWA製のレトロさがにじみ出ています。

定価:19300円(現在のルートで約10万円)
 (1955339)

AIWA TP-736

重量が1.4kgと初めて1kg台を実現し、より持ち運びやすくなりました。
録音に必要だったマイク部がなくなり、完全音量調整機能も付いたため、テレビやラジオの前に置いて録音ボタンONで簡単に録音できるようになりました。

定価:12400円(現在のルートで約60000円)
ヤフオク! - アンティーク、コレクション - 「AIWA」の落札相場 - 新品、中古品(終了分) (1955340)

AIWA TP-739

カセットの取り出しが、スライドレバー式となり、より出し入れがしやすくなりました。
デザインもスタイリッシュとなっており、これはドンピシャと言う人も多いのではないでしょうか。

定価:14200円(現在のルートで約70000円)

ラジカセ

続いては、テレビの中に映るちょい悪のアメリカ人若者が持っていて憧れた人も多いのではないでしょうか>ラジカセです。
街中にラジカセを持って出かけるのを夢見たものの、価格は高価で手が出せなかったものです。

ラジオとカセットと言う当時の2台エンタテインメントを持ち運びできるタイプに凝縮した、まさに夢のようなマシンですね。
AIWA TRP-101

記念すべき世界初のラジオ付きカセットデッキ。つまりラジカセですね。

ただ価格が25900円と、現在のルートだと約13万円と超高嶺の花でした。

定価:25900円(現在のルートで約13万円)

 (1955344)

AIWA TRP-120

電源出力方式が、電池・電灯線・カーバッテリーの3電源あり、当時ラジカセと同様に人気を博していた中古車に持ち込んで音楽を楽しむ若者も少なくありませんでした。

テープが止まると電源が切れるスリープタイマーも付いていたため、寝る直前まで音楽にどっぷりハマっていた人もいたでしょう。

定価:28800円
AIWA アイワ ラジカセBCL255 TPR-255 ジャンク 管T12213(ラジカセ)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com) (1955345)

AIWA TPR-255

10cm×15cmウーハー、2.2cmスーパーツィーターなどを搭載して、よりダイナミックな音を楽しめた高性能ラジカセ。

その分、価格も決して安くはなく、サラリーマンの初任給を超えるほどなもので、どうしても欲しくて1年間お金を貯めて頑張った人もいたことでしょう。

定価:38800円
 (1955346)

AIWA TMR-400

ワンプッシュで録音が可能だったり、重ね録音、ALC録音にも対応した、当時音楽が無い生活なんて考えられなかった音楽若者が憧れた機能満載の4トラック2チャンネルLL方式ラジカセです。

電力が単1乾電池5個と言うのもレトロさを醸し出していますよね。

定価:42800円
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/8/31 02:14

    ルートになってるけど、レート?

    2019/5/27 06:14

    せっかくいい内容の記事なのに、炭田chとか申請といった誤字のせいで台無し。誰が投稿前に校正してあげて。

    通りすがり 2018/1/13 16:11

    日本人が書いた記事なの?

    111 2018/1/10 12:15

    単1炭田ch5個www

    すべてのコメントを見る (4)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

レトロなのに機能は現代仕様!「ORION Bluetooth®機能搭載 ステレオラジオカセット SCR-B3」が発売!!

レトロなのに機能は現代仕様!「ORION Bluetooth®機能搭載 ステレオラジオカセット SCR-B3」が発売!!

ドウシシャより、Bluetooth®などの最新機能を搭載しつつも、デザインは80年代に流行したラジカセを彷彿とさせる「ORION Bluetooth®機能搭載 ステレオラジオカセット SCR-B3」が、ドウシシャ公式オンラインストア「ドウシシャマルシェ」や全国の量販店などで現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 676 view
Z世代が選ぶ!「大人は懐かしいけどZ世代は知らないモノTOP10」が発表される!!

Z世代が選ぶ!「大人は懐かしいけどZ世代は知らないモノTOP10」が発表される!!

バイドゥ株式会社が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」が、Simejiユーザーへアプリ上でアンケート調査『Z世代が選ぶ!!『大人は懐かしいけどZ世代は知らないモノTOP10』」を実施し、そのデータをランキング化した「Simejiランキング」を発表しました。
隣人速報 | 5,204 view
カセットテープの音源をデジタル保存!ラジオ付き変換プレーヤー『400-MEDI043』が好評発売中!!

カセットテープの音源をデジタル保存!ラジオ付き変換プレーヤー『400-MEDI043』が好評発売中!!

サンワサプライより、カセットテープの音源をUSBメモリにデジタル保存できるカセット変換プレーヤー『400-MEDI043』が現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 737 view
機能は今どき、デザインは80年代へタイムスリップ!『ステレオラジオカセット SCR-B7』が発売!!

機能は今どき、デザインは80年代へタイムスリップ!『ステレオラジオカセット SCR-B7』が発売!!

ドウシシャより、80年代に流行したフルサイズラジカセを彷彿とさせる『ORION Bluetooth®機能搭載 ステレオラジオカセット SCR-B7』が、公式オンラインストア「ドウシシャマルシェ」で現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 1,427 view
80年代風のレトロデザインを採用したBluetoothステレオラジカセが登場!当時のラジカセと徹底比較!!

80年代風のレトロデザインを採用したBluetoothステレオラジカセが登場!当時のラジカセと徹底比較!!

株式会社ドウシシャが展開する「ORION」ブランドより、80年代デザインの『ORION Bluetooth機能搭載 ステレオラジオカセット SCR-B5』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 2,526 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト