アメリカの禁酒法時代に賑わったナイトクラブが舞台に!輝くステージの裏には大きな闇が!映画『コットンクラブ』
2017年1月31日 更新

アメリカの禁酒法時代に賑わったナイトクラブが舞台に!輝くステージの裏には大きな闇が!映画『コットンクラブ』

映画は、ダッチ・シュルツのエピソードとコットン・クラブという舞台を中心に描かれています。そして映画の中では黒人問題が扱われています。

5,671 view

コットンクラブ

映画『コットンクラブ』

映画『コットンクラブ』

1984年に公開されたアメリカ映画。

フランシス・フォード・コッポラ監督作品
 
組織の中でのし上がって行く若いギャングと、タップ・ダンサーの兄弟の二つの物語を描いた人間ドラマ。20年代から30年代にかけての禁酒法時代を背景に、実在の人物を多数モデルとしている。G・ハインズが鮮やかなタップを披露。
ニューヨークの黒人街に実在したナイトクラブを舞台に、ショー・ビジネスでの成功を夢見て舞台に立つ男と女、街を牛耳るギャング達のしのぎを削る様を、当時の世相を背景に描いた作品。

メインキャスト

ディキシー・ドワイヤーを演じる リチャード・ギア

ディキシー・ドワイヤーを演じる リチャード・ギア

コルネット奏者でジャズピアニストの青年。ダッチの命を救ったことで目をかけられる。

ビックス・バイダーベック (Bix Beiderbecke) (1903年-1931年)をモチーフにしたキャラクター。
サンドマン(デルバート)・ウィリアムズを演じるグレゴリ...

サンドマン(デルバート)・ウィリアムズを演じるグレゴリー・ハインズ

コットン・クラブのオーディションに受かったタップダンサー。ライラに一目惚れする。
ベラ・シセロを演じるダイアン・レイン

ベラ・シセロを演じるダイアン・レイン

歌手。まだ10代だが大人びた容姿を武器に自分の店を持つことを目指している。
ライラ・ローズ・オリヴァーを演じる ロネット・マッキー

ライラ・ローズ・オリヴァーを演じる ロネット・マッキー

父親が黒人で母親が白人の歌手。肌が白いので白人にも見える。

ジャズ歌手で女優のレナ・ホーン(1917年-2010年)をモチーフにしたキャラクター。
オウニー・マドゥン(実在の人物)を演じるボブ・ホスキンス

オウニー・マドゥン(実在の人物)を演じるボブ・ホスキンス

コットン・クラブの経営者で暗黒街のドン。アイルランド系。
ダッチ・シュルツ(実在の人物)を演じるジェームズ・レマー

ダッチ・シュルツ(実在の人物)を演じるジェームズ・レマー

凶暴な性格のギャングのボス。本名アーサー・フレゲンハイマー。ユダヤ系。
出典 1.fwcdn.pl
ヴィンス・ドワイヤーを演じるニコラス・ケイジ

ヴィンス・ドワイヤーを演じるニコラス・ケイジ

ディキシーの弟。成り上がり志向が強く、ディキシーがダッチの命を救ったことをきっかけにダッチの用心棒になる。

ストーリー(ネタバレ)

ギャングがマシンガンをぶっ放す禁酒法時代のニューヨーク...

ギャングがマシンガンをぶっ放す禁酒法時代のニューヨーク(1920年代)。物語は、マンハッタンのハーレムにあるコットンクラブが舞台。

コットンクラブは、従業員とダンサーは黒人だが、客は正装...

コットンクラブは、従業員とダンサーは黒人だが、客は正装した白人に限られる高級ナイトクラブだった。クラブのオーナーであるオウニーとフレンチーは、暗黒街の黒幕的存在で、ギャングたちを牛耳っていた。

ギャングのボスであるダッチは、ハーレムで襲撃を受け、コ...

ギャングのボスであるダッチは、ハーレムで襲撃を受け、コルネット奏者兼ピアニストのディキシー・ドワイヤー(リチャード・ギア)に命を救われた。

ディキシーは巻き添えを食った歌手のベラ(ダイアン・レイ...

ディキシーは巻き添えを食った歌手のベラ(ダイアン・レイン)に一目ぼれするが・・・

出典 movie.info
ベラはダッチの愛人になる。ベラには、ブロードウェイに自...

ベラはダッチの愛人になる。ベラには、ブロードウェイに自分のナイトクラブを持つという野心があったのだ。

若手の黒人タップダンサーであるサンドマン(グレゴリー・...

若手の黒人タップダンサーであるサンドマン(グレゴリー・ハインズ)は、兄のクレイとコンビでコットンクラブのオーディションを受け、合格する。

出典 movie.info
サンドマンは兄との対立や、混血の歌手ライラとの恋に悩みつつ、

サンドマンは兄との対立や、混血の歌手ライラとの恋に悩みつつ、

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

【ブレイブハート】第68回(1996年度)アカデミー賞を振り返る!【ニコラス・ケイジ】

1996年と言えば原爆ドームが世界遺産に登録された年。 イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ皇太子妃夫妻が離婚して話題になった年でもあった。そんな1996年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 94 view
【愛と追憶の日々】第56回(1984年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デュヴァル】

【愛と追憶の日々】第56回(1984年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デュヴァル】

1984年と言えば、スペースシャトルディスカバリーが初の打ち上げに成功した年。 アップルコンピュータがMacintoshを発表した年でもあり、技術革新を思わせる年であった。そんな1984年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 99 view
【ゴッドファーザーPARTII】第47回(1975年度)アカデミー賞を振り返る!【アート・カーニー 】

【ゴッドファーザーPARTII】第47回(1975年度)アカデミー賞を振り返る!【アート・カーニー 】

1975年と言えば、ベトナム戦争が終結した年。 マイクロソフトやローソンが設立され、集団就職列車の運行が終了するなど、時代の移り変わりを感じさせる年でもあった。そんな1975年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 315 view
現代版のシンデレラ・ストーリー『プリティ・ウーマン』は刺激的な内容てんこもりでしたが、実はディズニー映画だと知っていましたか?

現代版のシンデレラ・ストーリー『プリティ・ウーマン』は刺激的な内容てんこもりでしたが、実はディズニー映画だと知っていましたか?

大人のシンデレラストーリーバージョン『プリティ・ウーマン』はむくつけな欲望をほしいままに描いていましたのがちょっぴしショックでしたが、二人の恋物語はとても見ごたえがありましたね!そんなロバーツ・ジュリアの出世作となった『プリティ・ウーマン』を振り返りましょう!
me*me | 2,463 view
「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

皆さんは「スパイナル・タップ」という映画をご存知でしょうか?1984年に公開された「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーの初監督作品であり、“幻のロック映画”とされている作品です。このたび、その「スパイナル・タップ」が日本初公開の運びとなりました。
隣人速報 | 1,048 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト