千葉の伝説のハードコアバンド『ヌンチャク』
2019年1月17日 更新

千葉の伝説のハードコアバンド『ヌンチャク』

日本のハードコアを代表するバンドでもあります。英語のように歌いあげるメロディーが大人気でした。マキシムザホルモンなどのバンドに影響を与えました。

43,171 view

ヌンチャク

バンド『ヌンチャク』

バンド『ヌンチャク』

千葉県柏市のハードコアバンド。活動期間は1993年から1998年

メンバーは、
Tatsuo Mukai (向達郎) - Vo.
Kuniharu Okada (岡田邦晴) - Vo.
Kazunori Mizoguchi (溝口和紀) - Gt.
Jun Kojima (小島淳) - Ba.
Ryohei Iizumi (飯泉良平) - Dr.

『飽きたから・・・』という名言を残し解散する。

出身地である柏をフィーチャーした意味不明の歌詞と、ハードコア・サウンドにヒップホップ・テイストを加えた斬新的なスタイルで活躍したバンド
腹の底からすり潰すように吐出されるムカイの低音と甲高い金切り声のようなクニとのツインボーカル。のちの数々のハードコアバンドに影響をあたえたといっても過言ではないスタイルは当時唯一無二の存在感を誇っていました。

バンド経歴

1993年に千葉県柏市でバンドを結成する。そしてDEATH FILEやSWITCH STYLEとともに「KxCxHxC」(柏シティー・ハードコア)の代表として絶大な人気となる。

またヌンチャクは、GARLICBOYSとハイスタンダードの千葉公演に出演していました。
1stアルバム『『ヌンチャク』でROTTEN ORAN...

1stアルバム『『ヌンチャク』でROTTEN ORANGEよりデビュー

1. アップ・フロント・ヴァギナ
2. やってみよう
3. くじゃく王
4. 悶絶グルーヴ
5. るれくてしラェフ?
6. オレシャーシャー
7. 部屋ト調教師ト私
8. システムシットのつもり
9. 3コードで悪いか
10. アナル窒息
地元意識丸出しの下品かつ意味不明な歌詞とハードコア・サウンドに、HIP HOPテイスト加えた斬新かつ奇跡なスタイルで1stアルバムながらオリコン・インディーズチャート第1位獲得、AIR JAM ’97出演、赤坂BLITZ解散ライブ即完、千葉県柏市の全国区化
CDを出してからのヌンチャクの勢いは止まる事を知らず、全国にその名を響かせるまでになった。どこの会場も常にソールドアウト、街を歩けば後ろ指を指され、自分の口座を見るともの凄い額のお金が入ってるような生活。
1996年に2ndアルバム『ヌンチャクラ』を発売。

1996年に2ndアルバム『ヌンチャクラ』を発売。

1. めおとチック
2. 唄ってマスラオ
3. マラダイス
4. 気くばり大将
5. ヌンチャクラ
6. はけ口ドール
7. アナタBOMBワタシ爆死
8. デンパガール
9. くじゃく王’96
1997年に3ndアルバム『都部ふぶく』を発売する。

1997年に3ndアルバム『都部ふぶく』を発売する。

1. 都部ふぶく
2. 人情ヴァイオレンス
3. アジアの重鎮
4. 腕前アヴェニュー
5. ずぼらな瞳
6. スポーツ助け船
7. 舌打ち生活
8. ポックリ貫禄
9. メタルショック
10. サラダ君
11. 黒ぶちロックンロール
12. 茶髪白書
1998年、1月にヌンチャクはアライブのライブを最後に解散する。

2007年に再結成。9月15日恵比寿LIQUIDROOMと9月29日柏ALIVEの2ヶライブを行う。

下記にバンド活動でのエピソードが書かれています。

ヌンチャクはどんなバンドか?!

このバンドの下世話でわけがわからない歌詞も極めてインパクトが強く、元祖マキシマムザホルモン的変態バンド。音楽性としてはBiohazardが近いが、ギターサウンドはKornに似ている。しかし、Kornのように芸術性が高いわけではないので注意。
 歌唱法の味と掛け合いの面白さは勿論として、メッセージ性を乗せると言うよりはほとんど語録のような言葉の羅列。しかしその言葉は鋭敏でありながら粘着質な、しかも抜けのあるセンスによって編み上げられてた。性急な音楽とあいまってその作品世界はいつも僕を何か引っ掛けた。直接的には師匠分のガーリックボーイズの影響が強く見られたが、ヴォーカル向氏の方向としてはあぶらだこのような展開が期待できたのではないだろうか。勿論向色としての、である。
 作品そのものは軽くて飽きやすい所がある分、コンスタントに多くの作品が発表されれば、または趣味を煮詰めたモノが聞けると良いなあと思っていたが、解散以来ヴォーカル向井氏の唄が聞ける音源は知る限りでダッフルズの「暴力フォーエバー」とパワージャーマニーズの「大地鬼殺しを呑む」(ヌンチャクの元ヴォーカル、向&クニの二人とユナイテッドによる企画ユニット)の二枚しかない。「暴力フォーエバー」はかなりの力作であった。実験的な要素が強く、発売当時はうまく受け入れられなかったのか、中古屋にたくさん並んでいた

解散後のメンバーは、

kamomekamome[OFFICIAL VIDEO]LIVE at Shinjuku LOFT (Bar stage)2014.6.29 - YouTube (2077311)

現在ボーカルの向達郎は、kamomekamomeで活動している。
ジラフポット - YouTube (2077315)

ギターの溝口和紀はジラフポットで活動中。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

90年代を代表するパンク・ロックバンドのHi-STANDARD(ハイスタンダード)が新曲を発表した。一切の告知を行わず発売され、現在は店頭のみでの販売となっている。Hi-STANDARD(ハイスタンダード)の完全復活にTwitterなどは大いに盛り上がっている。
メロディチックでハードコア!反宗教的のパンクバンド『バッドレリジョン』

メロディチックでハードコア!反宗教的のパンクバンド『バッドレリジョン』

彼らの歌は世界的に大ヒットし、パンクバンドの中では人気があります。メンバーが〈エピタフ〉を設立したことでも有名になりました。
星ゾラ | 13,725 view
パンク業界に嵐を起こした伝説バンド『ザ・スターリン』

パンク業界に嵐を起こした伝説バンド『ザ・スターリン』

遠藤ミチロウが率いる『ザ・スターリン』。強烈なパフォーマンスや曲が印象でした。
星ゾラ | 29,181 view
スラムダンクの主題歌などを担当!あのビーイング系バンド「ZYYG」が20年ぶりに活動再開!!

スラムダンクの主題歌などを担当!あのビーイング系バンド「ZYYG」が20年ぶりに活動再開!!

90年代に活躍したロックバンド「ZYYG」が、およそ20年ぶりに活動を再開することを決定しました。
隣人速報 | 1,346 view
ハイスタ新アルバムの購入者特典CDに温かいメッセージが!渋谷と梅田では音源公開前のバンドスコアが掲出!!

ハイスタ新アルバムの購入者特典CDに温かいメッセージが!渋谷と梅田では音源公開前のバンドスコアが掲出!!

10月4日に新アルバム『THE GIFT』を発売するハイスタことHi-STANDARD(ハイ-スタンダード)。リアルショップ限定の購入特典や渋谷と梅田で行われたPR、モンスターエナジーとのコラボ企画をお伝えする。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト