かつて少年だったあなたもジャッキー・チェンの酔拳をマネしましたね。映画『ドランクモンキー酔拳』
2017年1月26日 更新

かつて少年だったあなたもジャッキー・チェンの酔拳をマネしましたね。映画『ドランクモンキー酔拳』

飲めば飲むほど強くなる奥義、酔八仙、酔拳。カンフー道場の放蕩息子が親に預けられた師匠の元、修業を積み奥義を習得し、悪い殺し屋をやっつけるという単純な勧善懲悪映画。しかし、酔拳は世の男の子をトリコにする。ブルース・リーからジャッキー・チェンの時代にシフトしていく。

6,994 view

ドランクモンキー酔拳

1977年、ロー・ウェイの個人プロダクションに所属していたジャッキー・チェンが、新興のシーゾナル・フィルム社に2本契約でレンタル出向して製作されたうちの1本。先行の『スネーキーモンキー 蛇拳』の姉妹編という位置づけの作品。基本的な構成は主人公の成長を描いた定番の仇討ち話で、それらに付随した形でコメディや日本でいう所のスポ魂が物語に挿入されている。香港の広告媒体では「蛇形刁手(『スネーキーモンキー 蛇拳』の原題)第二集」となっているが、内容は続編ではなく、完全に独立した単体の作品となっている…というのも、当初は「続編」として企画されていたが、当時、他社で続編らしき作品が多発したため、オリジナルの企画として本作が作られた。結果、またも続編らしきマネものが多発する結果となった。
ジャッキー扮する主人公黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)は清朝末期に実在した洪家拳の達人。彼の若かりし日の物語という設定のフィクションだが、内容は完全なオリジナルで、史実に基づいたものは人物設定のみである。
『スネーキーモンキー 蛇拳』とほぼ同一のスタッフが起用され、キャスティングもユエン・シャオティエン扮する老師匠と、ホアン・チェンリー演じる仇敵の配置は同じである。『スネーキーモンキー 蛇拳』ではまだまだ顕著だったシリアス風の内容を完全にコミック調に砕き、往事の香港クンフー映画の十八番だった「仇討ち」物語から外れた、明るく楽しい活劇に仕上がっているのが特徴。
撮影当時、ジャッキーは所属していたローウェイプロとの作品を数本掛け持ちしながら、本作を作り上げることになった。実際の撮影期間は「蛇拳」よりも短い。ちなみに、撮影時に、ジャッキーの顔が赤くなっているのはメイクではなく、撮影前に逆立ちし頭に血をのぼらせて撮っていたためである。
 (1716448)

スタッフ

製作:ウー・スーユエン(呉思遠)
監督:ユエン・ウーピン(袁和平)
脚本:ウー・スーユエン(呉思遠)
武術指導:スー・シア(徐蝦)、ユエン・ウーピン(袁和平)、
武術副指導:ユン・ケイ(元奎)、ユエン・シュンイー(袁信義)、ユエン・ジャンヤン(袁振洋)

キャスト

ウォン・フェイフォン(ジャッキー・チェン)

ウォン・フェイフォン(ジャッキー・チェン)

カンフー道場の跡取り息子。外へ出ては放蕩三昧。道場では師範代をからかうなどやりたい放題。
放蕩息子に堪忍袋の緒が切れた父はソウ・ハッイーという酔拳の達人にフェイフォンを託す。
ソウ・ハッイー(ユエン・シャオティエン)

ソウ・ハッイー(ユエン・シャオティエン)

フェイフォンの酔拳の師匠。放蕩息子でやりたい放題だったフェイフォンに、酔拳の奥義を授ける。
ウォン・ケイイン(ラム・カウ)

ウォン・ケイイン(ラム・カウ)

カンフー道場の師範。放蕩息子のフェイフォンをソウの元に託す。土地売却のトラブルで命を狙われる。
出典 sound.jp
イン・ティッサム(ウォン・チェン・リー)

イン・ティッサム(ウォン・チェン・リー)

冷酷な殺し屋。ケイインが土地売却のトラブルに巻き込まれ、イン・ティッサムはケイイン殺害の依頼を受ける。

ストーリー

 (1716559)

 (1716580)

カンフー道場の息子、ウォン・フェイフォンは外へ出ては放蕩を繰り返し、道場内では師範代に手を出す、断食の日には無銭飲食という放蕩息子だった。
見かねた父親がソウ・ハッイーというカンフーの達人に息子の性根を叩き直してもらうべく、1年間修業をさせることになった。
 (1716562)

 (1716566)

すぐに、修業が嫌になり逃げだしたフェイフォンは、イン・ティッサムに因縁をつけられ屈辱的な負け方をした。
そして、ソウに再び教えを乞うことにした。
酔八仙という奥義をソウから伝授してもらえることになった。
 (1716569)

 (1716571)

奥義を習得するため日夜、修業に励むフェイフォンは遂に酔八仙を習得する。
このころ、父のもとに父の土地を売って欲しいという父のライバルの道場主リーが、父とトラブルになり、イン・ティッサムに邪魔な父を始末してくれるように頼む。
ソウのとこに戻ったフェイフォンに置手紙が残されている。それには「もう、教えることは父母の元にもどるがよい。お前になにかあったら、わたしはお前の元に現れる」と記されていた。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「団地妻 昼下りの情事」など多数の名作を輩出した『日活ロマンポルノ』がついに50周年!新作3本の製作がまさかの決定!!

「団地妻 昼下りの情事」など多数の名作を輩出した『日活ロマンポルノ』がついに50周年!新作3本の製作がまさかの決定!!

「日活ロマンポルノ」が2021年で50周年を迎えたのを記念し、記念プロジェクトの一環として新作が3本製作されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,034 view
実写映画「ハレンチ学園」全4部作の音源が2枚組CD『ハレンチ学園音楽大全』として発売決定!!

実写映画「ハレンチ学園」全4部作の音源が2枚組CD『ハレンチ学園音楽大全』として発売決定!!

スリーシェルズより、実写映画「ハレンチ学園」で使用された音源を収録した2枚組CD『ハレンチ学園音楽大全』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,952 view
0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

SOLIDより、70年代に東映映画で活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作品の音源を集めたサウンドトラック『0課の女 赤い手錠 [名盤1000円]』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,276 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 2,646 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 4,593 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト