日本のアラン・ドロンとも呼ばれた田村正和の代表作、集めました。
2020年8月16日 更新

日本のアラン・ドロンとも呼ばれた田村正和の代表作、集めました。

言うまでもなく、アラン・ドロンは当時ハンサムの代名詞。日本のアラン・ドロンと呼ばれた田村正和ですが、ハンサム以外にアラン・ドロンとの共通点は、ない。と言うことで(何が)、思いのほか幅広い演技をする田村正和の代表作集です。

1,088 view

田村正和

なりたくてもなれないもののひとつにハンサムというのものがあります。一時期は日本のアラン・ドロンと呼ばれ、ハンサムの代名詞的存在の田村正和。とても興味深い人です。
田村正和

田村正和

生年月日:1943年8月1日
出生地:京都府京都市右京区
身長:172 cm
活動期間:1961年~

父:阪東妻三郎
長兄:田村高廣
次兄:田村俊磨
弟:田村亮
異母弟:水上保広
甥:田村幸士
ハンサムな人というのは妬まれたりするるのでしょうか?妬まれないからこそハンサムなのでしょうか?田村正和に関して言えば間違いなく後者。だからそこでしょう。クールな役からコミカルな役まで実に幅広い役を好感度を伴って演じ続けてきました。
そんな田村正和の代表作、集めました。

眠狂四郎

誰もが認める二枚目俳優、田村正和。いつ見てもカッコいいですよねぇ。とは言え、いつも主役だったのかと言えば、そうではありません。高校生で既にデビューしてる田村正和なのですが、ブレイクを果たすのは1972年10月から放送が開始された「眠狂四郎」です。

眠狂四郎OP・ED1972年~73年放送 主演 田村正和

田村正和は当時30歳ですね。高校生デビューということを考えると結構時間が経ってます。とは言ってもそれまでも途切れることなくドラマや映画に出演していたわけですから不遇の時代というわけではありませんけどね。
それにしても凛々しいですよねぇ。

若さま侍捕物帳

どこか陰のあるニヒルな役者。そのイメージを同じ時代劇でありながらも一変させたのが1978年5月から放送開始された「若さま侍捕物帳」です。

若さま侍捕物帳第1話OP 田村正和主演1978年放送

粋でいなせなチャキチャキの江戸っ子という役どころということで、田村正和は大いに悩んだそうですが新境地を切り開いた重要な作品となりました。

日本の黒幕

「日本の黒幕」と書いて「にほんのフィクサー」と読む。降旗康男監督による1979年公開のこの映画、これがまた田村正和にとって転機となっています。

予告篇 日本の黒幕 フィクサー

私を裁ける者は、この国にはいない――政界、財界、暴力社会を操る影の大物<黒幕=フィクサー>と呼ばれる存在に、鋭いメスを入れた迫真の男のドラマ。平山総裁とともに、日本の黒幕とも影の総理ともいわれている山岡邦盟が、航空機売り込み疑惑に絡む不正事件で東京地検の追及を受けていた。関西の黒幕・小河内は、これを機に、山岡を葬って新総理を立ち上げ、権力をもぎ取ろうと画策。東西二大フィクサーの暗闘は、配下のヤクザ組織、殺人集団の血みどろの抗争となって激化していった。やがて、己の辞書の負の字はないとする山岡は、国会証人尋問に立つ――。
田村正和にとって何故この作品が転機となったかというと、以降1993年まで映画には出演することがなくなったんですよ。
そもそもこの映画は、大島渚監督ににヤクザ映画を撮ってもらいたいということで企画されました。しかし、様々な問題が起こり、結局は大島渚監督は降板するという事態に。話題の映画になるはずだった「日本の黒幕」は、問題含みの映画となり商業的にも上手くいきませんでした。

うちの子にかぎって…

田村正和にとって80年代はホームドラマの時代と言って良いでしょう。 1984年8月から放送開始された「うちの子にかぎって…」、ここから更なる大ブレイク、快進撃が始まるのですよ。

うちの子にかぎって1 第1話先生!ブスが好きなんですか?1

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【古畑任三郎】ものまねする人続出!豪華なゲスト(犯人役)も楽しかったですね。

【古畑任三郎】ものまねする人続出!豪華なゲスト(犯人役)も楽しかったですね。

田村正和と西村雅彦の絶妙な間合いで大人気だった「古畑任三郎」シリーズ。あの頃、やたら眉間にしわ寄せて指立てて「ん~」なんて言ってませんでしたか?刑事コロンボをモチーフにした「古畑任三郎」シリーズを振り返ります。
青春の握り拳 | 9,623 view
田村正和さんの「パパ」シリーズ第二段!「パパは年中苦労する」を振り返ろう!

田村正和さんの「パパ」シリーズ第二段!「パパは年中苦労する」を振り返ろう!

田村正和さんの代表作の1つに「パパはニュースキャスター」がありますが、「パパ」シリーズ第二段ともいえる「パパは年中苦労する」も面白かったですよね!ニュースキャスターに比べて語れることの少ない作品ですが今回はこちらを振り返ってみましょう。
saiko | 542 view
あの刑事ドラマ『古畑任三郎』が復活へ!意外と気になる部下「今泉」「西園寺」の配役は?

あの刑事ドラマ『古畑任三郎』が復活へ!意外と気になる部下「今泉」「西園寺」の配役は?

90年代から2000年代にかけて大ヒットを記録した刑事ドラマ「古畑任三郎」が、主要キャストをリニューアルして復活することが明らかとなりました。
隣人速報 | 9,822 view
「古畑任三郎」高視聴率ランキング!神回はどれ?

「古畑任三郎」高視聴率ランキング!神回はどれ?

1994年にファーストシーズンが放送されたドラマ「古畑任三郎」 1rd season~3rd season、さらにスペシャルまで全て高視聴率だった大人気の刑事ドラマです。 古畑の顔に手を当てるあのポーズを真似する人も多かったですね。
やすたけ | 2,246 view
小学生が憧れた人気No.1子役『磯崎亜紀子』を振り返る!

小学生が憧れた人気No.1子役『磯崎亜紀子』を振り返る!

TBS系ドラマ『うちの子にかぎって…』は、当時小学生から絶大な人気を誇っていましたね。そのドラマに登場し『あまりの美少女』っぷりから、印象に残る懐かしの子役として、今なお名前があがる磯崎亜紀子さん。彼女の活躍やSNSのコメントを見ていきましょう!
ガチャまま | 19,771 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト