ポパイの英語遊び(ファミコン)!時代を先取りしすぎた挑戦作を振り返る
2020年9月19日 更新

ポパイの英語遊び(ファミコン)!時代を先取りしすぎた挑戦作を振り返る

ファミコンソフト【ポパイの英語遊び】を知っていますか?ファミコン初期時代に任天堂が発売した同タイトルについてゲーム内容やその評価など詳しく振り返ってお届けします。

683 view

ポパイの英語遊び(ファミコンソフト)の概要

ファミコンソフト【ポパイの英語遊び】は1983年の11月22日に、任天堂から発売されたゲームです。

ファミリーコンピューターが任天堂から発売されたのが同年の7月15日なので、ファミコン初期に登場したゲームの一つに数えられます。

ジャンルとしてはアクションゲームという側面もありますが、あえて言うなら「教育ゲーム」や「知育ゲーム」と呼べる、当時のゲームでは非常に珍しい内容になっています。

ポパイの英語遊び(ファミコン)のゲーム内容

ポパイの英語遊びは、タイトルの通り漫画「ポパイ」のキャラクターが登場するゲームとなっています。

まずは、プレイ動画をご覧ください。

ポパイの英語遊び(FC) プレー動画

ポパイの英語遊び(ファミコン)の基本ルール

ポパイの英語遊びの基本的なゲーム内容は非常にシンプルで

.画面中央に現れる日本語の意味を持つ英単語に「使われるアルファベット」を埋める

ただ、それだけのゲームとなっています。

また、詳しくは後述しますが「word catcher」という二人プレイモードの場合は、ゲーム性が少し異なります。

word catcherモードでは、オリーブ(ヒロイン)が投げるアルファベットを拾いながら、どちらが正しい英単語を早く作れるかを競うゲームで遊ぶ事ができます。
                      

ポパイの英語遊び(ファミコン)のエンディングについて

ポパイの英語遊び(ファミコン)は、1プレイあたり全10問の英単語に挑戦できるようになっていて、最高得点は1万点(1問正当で1000点)に設定されています。

間違ったアルファベットを選択する毎に-100点のペナルティとなり、10回間違うと自動的に次の問題へと進んでしまいます。

また、ギブアップ(?を選択する事で無得点で正解が表示される)した場合も、得点を得ることが出来ません

このようなルールの中で、最終的に8000点以上をキープするとポパイとオリーブをハートが包み込み、祝福する画でエンディングを迎えることが出来ます。

尚、8000点未満ではハートがブルート(敵)に壊されてしまい、5000点を下回った場合にはオリーブが連れ去られてしまうエンディング画面になってしまいます。

ポパイの英語遊び(ファミコン)のゲームモード

ポパイの英語遊びは、以下の3つからゲームモードを選択して遊ぶ事が出来ます。

1.WORD PAZZLLE A

WORD PAZZLLE Aモードが基本モードとなっていて、問題文に日本語訳のカタカナ表記が出るので、対応する英単語に使用されるアルファベットを選んで高得点を目指すゲームとなっています。

尚、モードを選んだあとに6種類のカテゴリを選択する事が可能で

・ANIMAL⇒動物など生き物を表す問題が出題される
・COUNTRY⇒国名を表す問題が出題される
・FOOD⇒食べ物や食材を表す問題が出題される
・SPORTS⇒スポーツを表す問題が出題される
・SCIENCE⇒科学に関連する問題が出題される
・OTHER⇒その他の様々な言葉を表す問題が出題される

得意なジャンルや、苦手なジャンルなど任意で出題傾向を選んで学習出来る様に配慮されています。

2.WORD PAZZLLE B

基本的にモードAと同じですが、ヒントとなる日本語訳が表示されないので「文字数」を頼りに問題を解く必要があるモード。

難易度が異次元で、同じ文字数で考えられる英単語が複数あると運ゲーになってしまう事も。

3.WORD CATCHER

二人プレイ専用モード。

WORD PAZZLEとは異なり、中央上部に居るオリーブがランダムに投げるアルファベットを集めて英単語を相手より早く完成させる事を競うモード。

1P側はポパイを2P側は敵役のブルートをそれぞれ操作して、先に5個の英単語を完成させた方が勝利となります。

ポパイの英語遊び(ファミコン)の評価や売り上げについて

ポパイの英語遊びが登場した1983年は、同作品を含めて合計7タイトルのソフトが発売されました。

ポパイの英語遊び(ファミコン)は売れたのか

ポパイの英語遊びと同時期に販売されたソフトの中には、「麻雀」や「ベースボール」などミリオンヒットを記録した伝説のファミコンソフトもありました。

しかし、残念ながらポパイの英語遊びが歴代売上ランキングに顔を出す事は無く、メガヒットとはいかなかったようです。

ポパイの英語遊び(ファミコン)の評価は意外に高い!

ランキング圏外で、他のゲームと比べると異色なポパイの英語遊びは、さぞかし評価が低いのでは?と思いがちですが、実は後年になりレトロゲームとして高い評価を得ています。
大人になってから楽しめるという意見は多く、1983年当時より英語がより身近になっている点も関係しているのか、令和となった現在でも良ゲーと評価している方が少なくありません。
英単語をひたすら覚えて打ち込む内容から、一種のドリルとして勉強用のツールとして使えるカモ?

当時は親にファミコンを購入してもらう「口実」として一役買っていたゲームでもあります。
中には「いかにポパイの英語遊びでの対戦が熱いか」を力説している方も。

確かに、ゲーム操作のみならず英語力も競えるので、対人戦は盛り上がるかもしれませんね。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

【クイズ】ファミコン本体・周辺機器に関するクイズ!

ファミリーコンピューターが1983年に発売された後、ファミコン用の周辺機器が多く発売されました。懐かしいファミコン本体や周辺機器に関するクイズです。あなたは何問正解できるかな?
クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

1983年のファミコン発売はいまだに衝撃的な出来事でしたよね、当時は予約が殺到して、初日に入手出来た人はヒーローでした。そんなファミコンと同時発売された記念すべきソフトは3本!『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』だったのです。
青春の握り拳 | 13,325 view
ファミコンで最も売れた麻雀ソフト!なぜ213万本というメガヒットを記録したのか

ファミコンで最も売れた麻雀ソフト!なぜ213万本というメガヒットを記録したのか

ファミコン初期時代に発売されたにも関わらず、国内の麻雀ゲームで最も売れた「麻雀」とはどんなゲームだったのか?売上本数やゲーム性、メガヒットの要因などを詳しく解説しながら振り返ります。
ゆうなパパ | 1,678 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト