2016年8月19日 更新

【ファミコンゲームのデータ容量】往年のファミコン名作ゲームはどのくらいのデータ容量だったのかを調べてみる。

ファミコンゲームのデータ容量は、現代のスマホで撮る写真一枚にも満たないといわれます。そこで往年のファミコンゲームの名作はどの程度のデータ容量だったのか、実際に調べてみました。驚くほど小さいデータ容量に、改めて驚きます。

407,518 view

驚くほど少ないデータ容量で動いていたファミコンゲーム

「1980年代のゲームが現代と比べて驚くほど少ないデータ容量で動いていた。」
そう聞いても、私たちは「そりゃそうでしょ」と感じると思います。

ですが、実際に調べてみたくなりました

だって当時は「大容量○○M」なんて言葉に惹かれてましたからね

だって当時は「大容量○○M」なんて言葉に惹かれてましたからね

当時「大容量」に惹かれていたことと、現代となっては驚くほど少ない容量ということと。
実際の数値でみると、果たしてどんなもんなのか。。。

「ビット」と「バイト」の違いを先に確認しておきましょう

「1バイト=8ビット」??

そもそもコンピューターは「0と1の二進法」で計算されています。
この「0か1」(これで表現できるのは白か黒、ONかOFFといった意味)を表す二進法の集合体で、様々な表現を行います。

「0か1」を表すのが1ビット、そして8ビットがコンピュータの最小単位「1バイト」です。

この「1バイト」は半角英数字1字のデータ量で、アルファベットの「A」は「01000001」、「B」は「01000010」といった8ビットで表現されています。
ちなみに日本語の全角文字はデータが大きくなるため2バイトを必要とします。
「0か1を表す1ビットの8倍⇒2の8乗⇒256通り表現...

「0か1を表す1ビットの8倍⇒2の8乗⇒256通り表現出来る」=コンピュータの最小単位1バイト

「A」は二進法で「01000001」と表現される。
なんだか難しいですけどね。

1,024バイト=1KB(キロ・バイト)、1,024KB=1MB(メガ・バイト)

コンピュータのデータ容量を表す単位は「バイト」と書きましたが、80~90年代当時のコンピュータゲームでは、データ容量を表現する際に「ビット」を用いることが通例となっていました。

いま考えると「おいおい」ってな表記のようですが、当時は「大容量」をイメージさせるのにビットのほうが都合がよかったという側面があるのかもしれません。

よく見られた「2メガ大容量」は2メガビット=256KB

がんばれゴエモン!からくり道中(コナミ)

がんばれゴエモン!からくり道中(コナミ)

未来神話ジャーヴァス(タイトー)

未来神話ジャーヴァス(タイトー)

このように「2Mビット」と書いたり「2M(メガ)」とだけ表記したりと、表現もマチマチ。

とにかくゲームの容量を謳うことが売り文句になった時代ならでは。
「大容量=絵が綺麗、面白い」と思われていた時代だからこその表現だったでしょうね。

現在、身の回りで利用しているモノのデータ容量

例えばスマホアプリ。
基本的にMB(メガ・バイト)単位で表されるものがほとんどで、ゲームアプリなどは数十~数百MBなど。
またスマホで気軽に撮る写真だと、1枚で数百KB(キロ・バイト)~数MBなどの容量と思われます。

つまり、上記の大容量を謳い文句とする「がんばれゴエモン!からくり道中」や「未来神話ジャーヴァス」などは、スマホで撮る写真一枚よりも容量が小さいくらいだったということですね。

データ容量、だけで考えるならばスマホ写真一枚にも満たないものに数千円を払っていた、という考え方も出来てしまう訳です。
※もちろん、それは強引な解釈ですけれど

ファミコンで楽しんだゲーム達の「データ容量」チェック!

まずはあの超人気シリーズ「マリオブラザーズ」から

マリオブラザーズ=24KB

マリオブラザーズ=24KB

スーパーマリオブラザーズ=40KB

スーパーマリオブラザーズ=40KB

超名作、スーパーマリオはわずか40KB!
スーパーマリオブラザーズ2=56KB

スーパーマリオブラザーズ2=56KB

スーパーマリオブラザーズ3=384KB

スーパーマリオブラザーズ3=384KB

歴代のスーパーマリオシリーズを振り返る!30年で16作品 - Middle Edge(ミドルエッジ)

歴代のスーパーマリオシリーズを振り返る!30年で16作品 - Middle Edge(ミドルエッジ)
任天堂が初代のマリオブラザーズを出して30年。数多くのシリーズを出してきましたが、歴代マリオの販売本数などを振り返ってみましょう。
スーパーマリオ2から3で、データ容量は7倍に増加。

しかしながら、なんということでしょう。

計算遊びに過ぎませんが、32GBの容量を持つスマホならば
「マリオブラザーズからスーパーマリオブラザーズ3までの4本」を1セットとして、66,576セットを保管することが出来るという、もはや想像するにもよくわからないレベルです。

もうひとつ、超人気シリーズ「ドラゴンクエスト」

ドラゴンクエスト=64KB

ドラゴンクエスト=64KB

ドラゴンクエストⅡ=128KB

ドラゴンクエストⅡ=128KB

ドラゴンクエストⅢ=256KB

ドラゴンクエストⅢ=256KB

ドラゴンクエストⅣ=512KB

ドラゴンクエストⅣ=512KB

【ドラゴンクエスト】あの頃、僕らはみんな勇者だった。ファミコン版ドラゴンクエストシリーズ - Middle Edge(ミドルエッジ)

【ドラゴンクエスト】あの頃、僕らはみんな勇者だった。ファミコン版ドラゴンクエストシリーズ - Middle Edge(ミドルエッジ)
今の子どもが見たら、きっとそのグラフィックの荒さにびっくりするでしょう。でも、あの頃のわたしたちは、それに熱中していたのです。そんな当時の子どもを熱狂させたFC版のドラゴンクエストシリーズを紹介します。
名作、ドラゴンクエストは続編ごとに容量が倍になっていきました。
RPGはゲーム中に多くの文章を必要としますし、アクションゲームよりも容量を要するのかもしれません。

ここからは複数のゲームをデータ容量ごとにまとめてみていきましょう

データ容量の確認にあたっては、筆者の所有している「レトロフリーク」というマシンで確認することが出来たので、そちらの数字で参照した数値とさせていただきます。

今回は筆者の所有しているゲームでの確認なので、ご了承くださいませ。

ちなみにレトロフリークは11機種ものレトロゲームが1台で遊べるモンスターマシンです

【なんと全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」誕生!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

【なんと全11機種のレトロゲームに対応】レトロゲーム互換機「レトロフリーク」誕生!! - Middle Edge(ミドルエッジ)
昔、どのゲーム機持ってるかって友達関係においても重要な要素でしたよね。ファミコンなのかセガなのか。はたまたスーファミなのかPCエンジンなのかメガドライブなのか。それによってゲーム交換出来る枠が決まっていたんです。そんな時代からは考えられない夢のマシン「レトロフリーク」が誕生!全11機種のゲームを全て操れるというモンスターマシンが登場したんです!!
今回は初期の24KBゲーム作品から、大容量384KBゲーム作品までを見ていきましょう。

まずはマリオブラザーズと同じ24KB

初期作品から2本。
どうやら24Kが最小容量だったのかもしれませんね。
ポパイ

ポパイ

138 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』は、1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲームの移植作品です。1985年にナムコから発売されました。追いかけてくる敵から逃げて、巨大なハンバーガーを完成させるというパズル要素を含んだアクションゲームでした。
星ゾラ | 1,578 view
発売から30周年を超えたファミコン!ファミコン向けゲームソフトの歴代売上トップ30を紹介!!

発売から30周年を超えたファミコン!ファミコン向けゲームソフトの歴代売上トップ30を紹介!!

1983年、家庭用ゲーム機として発売され日本はおろか世界中にブームを巻き起こしたファミコン(ファミリーコンピュータ)!その数ある名作ソフトの人気を売り上げ順で振り返る。はたしてトップ10はどんなゲームソフトだったでしょう?
ローズリー | 37,939 view
ゲーム「キャプテン翼」はサッカーゲームの常識を変えた!ファミコン・スーパーファミコンで大人気でした!!

ゲーム「キャプテン翼」はサッカーゲームの常識を変えた!ファミコン・スーパーファミコンで大人気でした!!

ゲーム版「キャプテン翼」は原作にないオリジナルのストーリーやキャラクターがたくさんいてとても楽しかったゲーム作品。そしてサッカーゲームの常識を変えた歴史に残る名作でした。非常に多くのゲーム機で発表されましたが、とくに人気のあったファミコン・スーパーファミコン版をまとめてみました。
青春の握り拳 | 54,182 view
【ゲームウォッチ】「時計」or「ゲーム」?ファミコン以前の任天堂といえばゲームウォッチでした!

【ゲームウォッチ】「時計」or「ゲーム」?ファミコン以前の任天堂といえばゲームウォッチでした!

みなさんは子供の頃に「ゲームウォッチ」持ってましたか?LSIゲームや腕時計型ゲームが流行る中で、もはやゲームに時計がついただけの「ゲームウォッチ」は「時計買って!」と強請る領域をオーバーしてしまっていました。そしてゲームウォッチで遊んだ人は、そのままファミコンへと移行したのではなかったでしょうか。ゲームウォッチにも名作はたくさん、2画面のドンキーコングやマンホール、オクトパス、ファイヤーなどに夢中になりました。
青春の握り拳 | 78,431 view
『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

1983年のファミコン発売はいまだに衝撃的な出来事でしたよね、当時は予約が殺到して、初日に入手出来た人はヒーローでした。そんなファミコンと同時発売された記念すべきソフトは3本!『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』だったのです。
青春の握り拳 | 9,431 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能