※ネタバレあり!『猿の惑星』オリジナル5部作を振り返ってみた!
2017年10月26日 更新

※ネタバレあり!『猿の惑星』オリジナル5部作を振り返ってみた!

現在劇場公開されている『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』。2011年からスタートした『猿の惑星』リブートプロジェクトの完結作として大いに話題を呼んでいるわけですが、本作のネタ元といえば、1968年から1973年にかけて公開された5部作です。今回はそんな“元祖”『猿の惑星』の内容を振り返っていきたいと思います。

1,094 view

猿の惑星 1968年公開

ケネディ宇宙センターを飛び立ち、長きに渡って宇宙空間を旅していた宇宙船は、これから地球へ帰還しようとしていました。宇宙飛行士たちは、船内時間が1972年7月14日、地球時間が2673年3月23日であることを確認すると、冬眠装置で眠りにつきます。しかし、突如トラブルに見舞われ、見知らぬ惑星に不時着。そこは、高度な知能と文明を持つ猿によって、原始生活を営む人間が支配されている世界でした。
猿の惑星

猿の惑星

船員たちは武装した猿に追われ、一人は射殺、もう一人は脳手術で廃人にされてしまいます。船長のテイラー(チャールトン・ヘストン)も、怪我を負わされた挙句捕えられ、動物病院へ搬送される羽目に。そこで出会ったのは、人間に好意的な獣医のジーラ博士(メスのチンパンジー)と、その婚約者で考古学者のコーネリアス(オスのチンパンジー)。テイラーは彼ら助けを得て、猿社会の禁忌とされる「禁断地帯」へ足を踏み入れることに。そこで見たのは、ガラクタのように横たわる自由の女神像。そう。ここは2000年後の地球だったのでした。
砂浜に埋もれる自由の女神像

砂浜に埋もれる自由の女神像

続・猿の惑星 1970年公開

本来はPart1で終わる予定だったのに、あまりに好評だったために、無理やり制作させられたこれ以降の話。主演のヘストンは続編への出演を拒み続け、「ディラーの出番を可能な限り減らし、今作で死ぬこと」「ギャラは慈善団体に寄付すること」を条件に、しぶしぶ登場を承諾したというエピソードも残されています。
続・猿の惑星

続・猿の惑星

物語は、禁断地帯を旅するテイラーが地割れのため、地下に消えるところからスタート。一方その頃、行方不明となったテイラーを追い、宇宙飛行士のブレントが地球へと到着。そう。本作は出演を渋ったヘストンに変わり、このブレントを主人公に進んでいくのです。
禁断地帯の地下へとやってきたブレントは、地下鉄の駅を見つけ、今自分のいる惑星が地球であることを確信。さらに歩みを進めると、荒廃したニューヨークの街へとたどり着き、そこで、人類文明を破壊したコバルト爆弾を信仰するミュータント化した人類と遭遇します。ブレントはミュータントを倒し、囚われの身となっていたテイラーを解放しますが、そこへ現れた猿軍団によって2人は殺されてしまうことに。猿の支配する世界に絶望したブレントは、最後の余力を振り絞り、コバルト爆弾のスイッチをオン。こうして地球は滅亡するのでした。
ミュータント化した人間

ミュータント化した人間

新・猿の惑星 1971年公開

地球は滅亡したことだし、もう続編はないだろう…。誰もがそう思っていたのに、20世紀フォックス経営陣の独断によって実現したまさかの続々編がこちらです。

物語の主役はテイラー⇒ブレントときて、今作では、コーネリアス&ジーラ博士になります。地球爆発の寸前、テイラーたちが地球へ不時着した時に乗っていた宇宙船を使い、宇宙空間に逃げ延びた2人。ところが、爆発時の衝撃が時空のゆがみを生じされ、1973年の地球にタイムスリップしてしまいます。地球人たちは当初こそ「しゃべる猿」である彼らを歓迎するも、2人の存在を不審に思っていた政府の科学顧問・ハスラインは、酒に酔ったジーラから未来の地球について知り、迫害を決定。結果、コーネリアスとジーラは、人間の手によって殺されてしまいますが、2人の子ども・マイロ(後のシーザー)だけは人間たちの目を盗み、かろうじて生き延びるのでした。
新・猿の惑星

新・猿の惑星

猿の惑星・征服 1972年公開

コーネリアスとジーラが殺害された後、謎のウィルスで犬や猫が死に絶え、代わりに猿が人間のペットとして定着。やがて、その高度な知能に目を付けられ、奴隷としてこき使われるようになります。
1991年、本編の主人公であるコーネリアス&ジーラの遺児・マイロは、人間から虐待される猿たちの現状を知り、また、自身をかくまってくれた養父を人間たちによって殺されたことで、憎悪を爆発させ、人類への復讐を決意。テレパシーを使って他の猿たちへ武装蜂起を呼びかけます。

こうした横暴な人間に対してシーザーが反旗を翻すストーリーは、ディテールこそ違えど、新シリーズのPart1『猿の惑星: 創世記』と共通しています。
猿の惑星・征服

猿の惑星・征服

最後の猿の惑星 1973年公開

2003年、人間と猿の闘争はついに核戦争にまで発展。その結果、地球は猿が支配する世界となり、シーザーは自身の集落を構築して、人間を召使として扱います。ある時、母・ジーラが残した記録テープを発見。そこに「猿が世界を滅ぼす」と予言されており、衝撃を受けるシーザー。そんな最中、人間を徹底排除すべしと考えるゴリラの将軍・アルドーは、シーザーへの反乱を密議。ところが、この計画をシーザーの息子・コーネリアスに気付かれたため、「猿は猿を殺してはいけない」との不文律を破り、コーネリアスを殺害してしまいます。

一方、核戦争を生き延びた人間たちは地下へ潜り、『続・猿の惑星』のようにミュータント化。猿たちへ襲い掛かります。シーザーとアルドーはこれを撃退しますが、後にアルドーがコーネリアスを殺したことを知り粛清。闘いを繰り返す中で、種族間での争いが無意味だと痛感したシーザーは、人間を解放し、猿と人間を平等とする宣言をしたのでした。
最後の猿の惑星

最後の猿の惑星

(こじへい)
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大人気映画エイリアンの続編、エイリアン2ってどんな映画?エイリアンとの戦いがすごい!

大人気映画エイリアンの続編、エイリアン2ってどんな映画?エイリアンとの戦いがすごい!

1980年代に放映されたエイリアンの続編、エイリアン2。そもそも、エイリアン2ってどんな内容だった?エイリアン2のストーリーと、エイリアンの特徴や主役のリプリーのすごい所、そして、リプリーVSエイリアンの見どころをご紹介します!
kuuma98 | 1,414 view
あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった世代にとって、文字通り大注目の作品。日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 7,212 view
恭サマ!!こと『柴田恭兵』の原点・東京キッドブラザース!!

恭サマ!!こと『柴田恭兵』の原点・東京キッドブラザース!!

今の柴田恭兵さん原点とも言える東京キッドブラザース(ミュージカル劇団)。今では大御所俳優の柴田恭兵さん俳優への始まりはミュージカル劇団の1劇団員でした。その東京キッドブラザースを改めてまとめてみました。
ギャング | 6,507 view
1982年製作アメリカSF映画『トロン』当時のCG技術を集結!

1982年製作アメリカSF映画『トロン』当時のCG技術を集結!

1982年に制作されたアメリカSF映画『トロン』。世界初の本格CG映画として知られる名作!ストーリーはちょっと難あり?!世界観やデザインは今観てもかっこいいと評判です!
ロングアゴー | 1,308 view
三浦友和の無重力セックスシーンも!映画「さよならジュピター」

三浦友和の無重力セックスシーンも!映画「さよならジュピター」

ハリウッドに大きく溝を開けられ続けている和製SF映画。そんな状況を打破すべく、1984年、SF界の巨匠・小松左京氏が立ち上がります。そして完成した映画が『さよならジュピター』です。 「超本格SF宇宙巨編」を志向しながら、なぜかネタ要素満載なカルト映画化してしまった同作について紹介していきます!
こじへい | 6,082 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト