漫画ドラゴンヘッド。過酷な環境で生き抜いていく中学生の物語。
2016年6月19日 更新

漫画ドラゴンヘッド。過酷な環境で生き抜いていく中学生の物語。

1994年から週刊ヤングマガジンで連載していたドラゴンヘッド。原作は望月峯太郎。突如として過酷な環境下に置かれた中学生の物語。何度も生死を彷徨い、孤独や絶望に耐えるサバイバルが描かれた。累計発行部数650万部を記録したヒット漫画。

25,216 view

中学生が過酷な環境下でサバイバル!漫画「ドラゴンヘッド」

望月峯太郎による日本の漫画作品。また、それを原作とした2003年の実写映画を指す。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて連載された。単行本は全10巻。
1997年、第21回講談社漫画賞一般部門受賞。累計発行部数650万部を記録。
ドラゴンヘッド 第一巻

ドラゴンヘッド 第一巻

突如として、過酷な環境に身を置く事となった中学生の物語。
生きる事、死ぬ事を考え、主人公・テル、ヒロイン・アコを中心に苦悩の様子が描かれる。

第4回(2000年)手塚治虫文化賞 マンガ優秀賞受賞。
連載期間は1994年から1999年まで。
衝撃的な描写が続く物語

衝撃的な描写が続く物語

ドラゴンヘッド 全巻

ドラゴンヘッド 全巻

新幹線が脱線!徐々に事故ではない事が明らかに・・・。

修学旅行の帰途、突如発生した大地震により、主人公青木輝(テル)らの乗車していた新幹線は浜松付近のトンネルで脱線事故を起こしてしまう。

出入り口は崩壊し、外界と完全に遮断されたトンネル内で、3人の生存者、テル、アコ、ノブオは救助の可能性に望みをかけて絶望的な状況を生きのびる術を模索する。
主人公・テル 「みんな死んでるぅ!!」

主人公・テル 「みんな死んでるぅ!!」

意識を取り戻し、状況を掴もうと車内を探索するテル。
しかし、脱線事故を起こした直後の新幹線は死体の山だった。
落盤したトンネル内

落盤したトンネル内

トンネル内の前後を岩で塞がれ、脱出不可能の状況に。
密室状態のトンネルから脱出を図るも、長く闇に接したノブオは狂ってしまう。
ノブオを残して脱出した二人が見たものは、黒雲に覆われ荒廃した世界だった。

やっと人と会うが、自分の腹を切り裂いたりするヤバそうな集団だったため離れる二人。
テルとノブオが衝突!

テルとノブオが衝突!

闇を恐れていたノブオが、疲弊していき、徐々に闇に心を許していく。
幻覚症状を起こす等、絶望で精神が蝕まれていく。

結局、ノブオだけはトンネルからの脱出は叶わなかった。
脱出したら、家に帰れると考えていた二人でしたが、外の世界は、更に絶望的で、その破滅した世界を、二人の家がある東京に向けて、歩を進める事になります。

途中、自衛隊であり、ヘリという最高の移動手段を持った仁村と岩田に会い、彼らに協力を求めますが、テルは拒絶されてしまいます。

どこか、ネジの飛んだ仁村に怪我を負わされてしまい、重症になってしまいます。
ただ、拳銃を持ったアコの脅しにより、協力してもらえることになります。
面白半分で「狩り」を行った仁村へ怒り、銃で脅すアコ

面白半分で「狩り」を行った仁村へ怒り、銃で脅すアコ

救助隊かと思いきや、自衛隊をバックレてきた隊員達だった。
助けられるどころか足蹴にされてしまうテル。

更には遊び半分の狩りで、アコとテルがターゲットに!
アコは自衛隊に暴行されそうになるが、なんとか逃げ延びる。

大火災が起こり、重傷のテルを抱えヘリで脱出するアコと隊員達。
テルが破傷風に罹り、アコ・仁村で町まで薬を取りに行く。
暴徒となった住民をかわして薬を手に入れる二人。また頭に手術痕の男を見かける。
テル元気になり再び東京へ。富士山があるはずの場所に超巨大な穴を見る。
物資の補給中に離れ離れになるテル。ボロボロになりつつも東京へ向かう。
途中で墜落したヘリと岩田の墓、そしてテル宛のメモを見つける。
なんとか東京にたどりつくテル、荒廃しきった東京を見て涙を流す。
大火災から脱出後、なんとか陸地へ着陸する一行

大火災から脱出後、なんとか陸地へ着陸する一行

そこで気の良いおばさんに出会い、破傷風の薬が病院にある事を知るきっかけとなった。
略奪、暴行が横行する町へ出発するアコと仁村

略奪、暴行が横行する町へ出発するアコと仁村

アコの足元は公開当時に流行していたポンプフューリー。リアリティを増した。
頭に手術痕のある龍頭(りゅうず)の男と出会うアコ

頭に手術痕のある龍頭(りゅうず)の男と出会うアコ

脳の中で情動(恐怖等)や記憶を司る扁桃体や海馬にメスを入れ、恐怖心がなく、災害で悲惨な状況にも関わらず安らかで鎮まった気分だという龍頭(リュウズ)の男。

不気味な男だが、薬を取りに行く際に囲まれた暴徒から、アコは必至で命を救おうとするが、結局助けられなかった。

龍頭 = ドラゴンヘッド。

龍頭の男は葛飾北斎の餌に関して等、断片的に物語において重要なキーワードを言っていた。
龍頭 = ドラゴンヘッド。

龍頭 = ドラゴンヘッド。

龍頭の男は葛飾北斎の餌に関して等、断片的に物語において重要なキーワードを言っていた。
そこで不思議な集団と出会います。
その集団は、恐怖を覗かれた、竜頭をした人間たちと、それを支配する太ったおっさんでした(笑
そこには、宗教じみた恐怖があり、テルも恐怖を取り除き、参加することを望まれましたが、彼はそれを断り、再度、アコを探しに向かいます。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 8,410 view
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 859 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,678 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 960 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 510 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト