ユッコの笑顔最強!最初で最後の連続ドラマ「禁じられたマリコ」
2017年1月26日 更新

ユッコの笑顔最強!最初で最後の連続ドラマ「禁じられたマリコ」

18歳で亡くなった岡田有希子の連続ドラマ初主演作「禁じられたマリコ」。ポルターガイストを起こしてしまう超能力で、無実の罪で殺された父の無念、汚名を晴らす為、三上博史演じる兄・竜一と悪の組織に立ち向かう真理子を岡田有希子が熱演!

22,925 view

禁じられたマリコとは?

kinjirareta mariko - MyDramaList (1703162)

『禁じられたマリコ』(きんじられたマリコ)は、1985年から1986年にかけてTBS系にて放映された日本のテレビドラマ。岡田有希子主演。

ストーリー

『禁じられたマリコ』第12話「聖少女−最後の戦い!」 (1703164)

目の前で父親が犯罪者として無力化されるという幼児体験からパイロキネシス/発火能力/超能力を持ってしまった少女が、さまざまな悲劇に巻き込まれながらも懸命に生きていく。そして亡父の無実の罪を晴らすため、悪の超能力者との戦いを決意する。
当時「ポスト松田聖子」と言われ、人気絶頂だったアイドル岡田有希子の連続ドラマ初主演!父の汚名を晴らすために戦う女子高生、しかも超能力者!と、「禁じられたマリコ」は話題性じゅうぶんでした。まだ無名に近かった三上博史も真理子の兄役を熱演していました。

メインキャスト

杉浦麻里子 岡田有希子

禁じられたマリコ | メタボの気まぐれ - 楽天ブログ (1703203)

幼いころ新聞記者だった父親が、無実の罪で目の前で警察に「凶悪殺人犯」として射殺されるという悲しい過去を持つ。施設で育つが、杉浦家の養女となり、幸せに暮らしている17歳。

黒木刑事 峰岸徹

『禁じられたマリコ』第4話「生きていてもいいですか」 (1703201)

敵か味方か?クセのあり過ぎる刑事。

高木竜一 三上博史

禁じられたマリコ7話2 - Dailymotion動画 (1703200)

真理子の兄。アメリカに留学していた。17歳になった真理子と偶然再会。共に父の無念を晴らそうとするが・・・。

杉浦元太郎 竜雷太

 (1703205)

真理子を施設から引き取り養女にする。裕福層。(現在でいえばセレブ)
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • うつ 2019/6/13 17:14

    わたしの記憶が確かなら、
    このドラマにおいて悪の組織に
    「仮面ライダー」でいうショッカー戦闘員のような
    集団が居たと思うのですが
    その辺どうなのでしょうか?

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今昔物語!80年代半ば~90年代初頭の『バブル時代』のクリスマスを振り返る!!

今昔物語!80年代半ば~90年代初頭の『バブル時代』のクリスマスを振り返る!!

1985年から1991年までの日本で起こったバブル景気の時代、毎年恒例の様に行われる行事や某高級ショップにはクリスマスプレゼントを買おうと行列が出来るしまつ。現在のクリスマスと比較してご覧になってください。
ギャング | 5,023 view
あの!青春映画『セント・エルモス・ファイヤー』のメンバーが出演した他の作品が観たい!

あの!青春映画『セント・エルモス・ファイヤー』のメンバーが出演した他の作品が観たい!

1985年公開のアメリカ映画『セント・エルモス・ファイヤー(St. Elmo's Fire)』をご存知でしょうか。当時、アメリカで活躍する若手俳優・男女7人を起用し、その後、日本でも人気になっていく俳優が出演していることから、話題になりました。 ここでは、メインに出演した7人の俳優たちが他にどんな作品に出演していたのかプロフィールとともに ご紹介していきます。
あおい@ | 772 view
ユッコの楽曲を最新オーディオ機器で試聴するイベント“岡田有希子CDボックスの真の姿を聴く!Part.2”が開催決定!

ユッコの楽曲を最新オーディオ機器で試聴するイベント“岡田有希子CDボックスの真の姿を聴く!Part.2”が開催決定!

有限会社オリオスペック(OLIOSPEC)による、岡田有希子の楽曲を最新のデジタルオーディオ機器を使って試聴するイベント “岡田有希子CDボックスの真の姿を聴く!Part.2”の開催が決定しました。
隣人速報 | 221 view
「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 1,931 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 368 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト