【Linkin Park】の名曲を振り返る
2017年7月22日 更新

【Linkin Park】の名曲を振り返る

この記事では、2017年7月20日に亡くなったチェスター・ベニントンがリードボーカルを務めていた【Linkin Park】を名曲と共に振り返りたいと思います。

2,064 view

Linkin Parkとは

Linkin Park

Linkin Park

メンバー

チェスター・ベニントン(1999年 - 2017年)ボーカル担当。
ロブ・ボードン(1996年 - 現在)ドラムス担当。
ブラッド・デルソン(1996年 - 現在)ギター担当。
フェニックス(1996年 - 1999年、2001年 - 現在)ベース、コーラス担当。
ジョー・ハーン(1996年 - 現在)DJ担当。
マイク・シノダ(1996年 - 現在)ボーカル、ギター、キーボード担当。
リンキン・パーク(Linkin Park)は、アメリカ合衆国のロックバンド。1996年に結成されたバンド「Super Xero」を前身としている。オルタナティヴ・ミュージックの独自のミュージック・センスで幅広いジャンルの音楽要素を取り入れている
このバンドは2000年初頭に突如現れたのですが、その多様な音楽性とベニントンのボイスに衝撃を受けたのを覚えています。
時代をいくつも先に行っていたバンドだったと思います。

結成当初の話

Linkin Park

Linkin Park

Linkin Parkの元を辿ると、1996年に結成されたバンド「Super Xero」になります。
そして、「Super Xero」から「Xero 」となり、「Hybrid Theory」を経て、現在のLinkin Parkとなりました。
ちなみに、チェスター・ベニントンは「Hybrid Theory」の時に加わりました。
当初はバンド名がなかなか落ち着かずにいました。その時、チェスターが、定期的に車で通りかかっていたサンタモニカの公園の名前から、LINCOLN PARKという名称への改名を提案したのですが、インターネットのドメイン名がおさえられていたために断念せざるを得ませんでした。そして、ようやくLINCOLN PARKと同じ発音であるLINKIN PARKに落ち着くことになったということです。

【チェスターの”歌唱力”に関するエピソード】

1998年にはリードボーカルを担当していたマークが脱退した。彼の後任を探していたメンバーは、Zomba Recordingsの有力スタッフだったジェフ・ブルーを通じて、9年間ソロや他のバンドで歌っていたアリゾナ州フェニックスのボーカリスト、チェスター・ベニントン(Chester Bennington)を知る。

1999年、デモテープを受け取ったチェスターはその音響に感銘し、オーディションを受け加入が即決定した。オーディションの際、彼の卓越した歌声を聴いた他の候補者は帰って行ったという。
※1998年の脱退部分は、バンド・Xeroを指します。

2017年7月20日 チェスター・ベニントン死去

亡くなったチェスター・ベニントン

亡くなったチェスター・ベニントン

41歳の若さで亡くなられたチェスター・ベニントン。
朝のニュースを見て、驚きを隠せませんでした。
才能溢れるこの人が亡くなったのは、本当に残念でなりません。
ご冥福をお祈り申し上げます。

遺作となったアルバム

One More Light

One More Light

1. "Nobody Can Save Me"
2. "Good Goodbye" (featuring Pusha T and Stormzy)
3. "Talking to Myself"
4. "Battle Symphony"
5. "Invisible"
6. "Heavy" (featuring Kiiara)
7. "Sorry for Now"
8. "Halfway Right"
9. "One More Light"
10. "Sharp Edges"

Linkin Parkの名曲を振り返る

活動期間でいえば、1996年の「Super Xero」からになりますが、ここで取り上げたいのは、特に名盤だったアルバム『Meteora』の曲を振り返りたいと思います。

Faint

Faint (Official Video) - Linkin Park

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

80年代中盤からはアメリカやヨーロッパでも活動し、世界的な名声を誇るLOUDNESS(ラウドネス)。彼らの名盤『8186 LIVE』を再現したツアーの音源や同アルバムのオリジナル盤リマスターCD等が12月に発売される。
メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者、伊藤政則氏のメモラビリア展「MASA ITO メモラビリア・フェスト -THE FINAL- “メタル聖地巡礼” 」の開催が決定しました。期間は2018年9月22日~25日の4日間限定。
隣人速報 | 381 view
80年代ジャパメタの雄「X-RAY」が35周年記念ボックスを発売!全オリジナル・アルバムに加え未発表音源も!

80年代ジャパメタの雄「X-RAY」が35周年記念ボックスを発売!全オリジナル・アルバムに加え未発表音源も!

ジャパニーズ・ヘヴィー・メタル・シーンを代表するバンド「X-RAY」が、デビュー35周年を記念した10枚組コンプリート・ボックス「X-RAY 35th ANNIVERSARY COMPLETE BOX~完全制覇~」の発売を決定しました。
隣人速報 | 520 view
あのLOUDNESSの二井原実が自伝を発表!88年のバンド脱退の裏事情などを赤裸々に暴露します!!

あのLOUDNESSの二井原実が自伝を発表!88年のバンド脱退の裏事情などを赤裸々に暴露します!!

株式会社リットーミュージックより、あの「LOUDNESS」の二井原実が自らのすべてを語りつくす『二井原実 自伝 真我Singer』が2018年3月12日に発売されます。自身の音楽遍歴とともに、プライベートも交えながら、これまでの歩みのすべてを紐解いていく待望の書籍となっています。
隣人速報 | 1,031 view
ドラマ『プロハンター』主題歌の「ロンリー・ハート」クリエイション

ドラマ『プロハンター』主題歌の「ロンリー・ハート」クリエイション

ドラマ『プロハンター』の主題歌「ロンリー・ハート」は、ロックバンドから、いきなりフュージョンバンドになったクリエイションのヒット曲です。バンドクリエーションについてと「ロンリー・ハート」の歌詞のこと。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト