『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~
2017年9月27日 更新

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第29回は、みなさんお待ちかね! ガンダムファイト! ……じゃなかった、皆さんお待ちかねの、シャア専用ザク、HGUC版です!

4,391 view
一年戦争開戦! シャアのザクが無数の量産型ザクを率いて...

一年戦争開戦! シャアのザクが無数の量産型ザクを率いて連邦軍に襲い掛かる!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、ガンダム、ジオングに続いて真打登場の、シャア専用ザクのHGUCです!


ザクⅡ HGUC 1/144 032 シャア専用 2002年7月 1000円

ガンダムとの対決を背景に、こちらをにらみつけるシャア専...

ガンダムとの対決を背景に、こちらをにらみつけるシャア専用ザクのボックスアート!

ザクだザク!
いちいちザクⅡとか、後付けの名前で呼ぶな!
ザクはなぁっ! ザクザクっとくるからザクなんだよ!(意味不明)
ザクはあくまで、どこまで行ってもザクでしかないからザクなんだよ!(意味不明)
大河原立ちのHGUC シャア専用ザクの全身像

大河原立ちのHGUC シャア専用ザクの全身像

確かにザクは、最初に登場した『機動戦士ガンダム』(1979年)でも、量産型ザクの前期型としてプロトタイプのザクも出てきたが、今じゃあっちがザクⅠでこっちがザクⅡとか、わけわかんねぇ呼び方してるけど、あっちは“旧ザク”で、こっちが“ザク”でいいんだよ!
時系列的にそもそも当時のネーミングがおかしかったんだよとか言うな! こっちゃ37年間、その名前で呼んできたんだ! 今さら、帰ってきたウルトラマンのことを、ウルトラマンジャックとか呼べるかよ!(分かる人だけ共感してください)
シミルボン『機動戦士ガンダムを読む!』で再現した、シャ...

シミルボン『機動戦士ガンダムを読む!』で再現した、シャア専用ザクのガンダムへのドロップキック!

だいたい、MSVから始まって、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とかの後付け設定の山のせいで、今じゃテレビに出てくるザクの前に、どんだけの種類のザクがいたってことになってるんだよ。もうⅡとかってレベルじゃねーぞ! それともなにか? WindowsとかiOSみたいに「ザクVer.1.87.342」とか、そういう「まだまだ、何が何でもⅡは名乗らせませんよ!」みたいな、技術開発者の意固地なこだわりとかあるのかよ!
22年の時を経て、初代1/144 シャア専用ザク(左)...

22年の時を経て、初代1/144 シャア専用ザク(左)との比較

というわけで、少し冷静になろうと思う。
実は、ガンダムやガンプラに疎い方は驚かれるかもしれないが、1980年に発売展開が始まったガンプラの世界において、1/144で、ガンプラシリーズ開始当初に出た1/144ザク(シャア専用ザク&量産型ザク)が、ザクFZでもザクⅡ F2型でもなく「ザク(紛らわしいんで、最初の『機動戦士ガンダム』アニメ版に登場したザクは「ザク」としか呼ばない)」として新製品として発売されたのは(色プラとかの、仕様代えを除くと)、1980年から次は、いきなり1999年のFG(=ファーストグレード)であり、その間の20年近くは一度もリファインがなかったという、結構意外な事実が浮き彫りになるのである(『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』(1996年)に登場した1/144 MS-06 J ザクⅡ(1998年4月発売)HGキットは、あくまで「『08小隊』でデザインリファインされたザクのキット」ということで、MSVと同じくザクのバリエーションとして扱われると思うため、1stガンダムのザクのキット化としてはカウントしない)。
肩関節の引き出しギミックの恩恵で、ザクマシンガンを正面...

肩関節の引き出しギミックの恩恵で、ザクマシンガンを正面に向けて両手で構えられる

例えば、ガンプラが映像世界を脱した1983年頃、商品展開がピークだったモビルスーツバリエーション(MSV)という企画の中で発売された、1/100 パーフェクトガンダムの外部装甲を外した状態は、紛れもなく「新規に造形された1/100のガンダムそのまま」であり、1/144 ザクマインレイヤーなるプラモデルも、ザクの金型自体は完全新規製作で、マインレイヤーバックパックとは別に、ノーマルザクのバックパックも入っていたのでザクに組むことも出来、それぞれを今でいう“Ver.2.0”として解釈することも可能だし、実際当時のユーザーたちはそう解釈していたが、しかし商品的にはあくまでも、パーフェクトガンダムはパーフェクトガンダムであり、ザクマインレイヤーはザクマインレイヤーであり、ガンダムやザクの「出し直し」ではなかった。
HGUC ザクの頭部UP。モノアイはシールで処理。成型...

HGUC ザクの頭部UP。モノアイはシールで処理。成型色以外での量産型との差別化の指揮官ブレードアンテナは、こちらのシャア専用ザクにしか付かない

要するに、『機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争』(1989年)における、出渕裕氏のアプローチと、商品化の際の差別化のバランスを、予め前提においた上での、「『機動戦士ガンダム』一年戦争中から後にかけての、番外編映像作品」と、「そこに登場する、デザインが新たに描きおこされたザクやガンダムを、既存のザクやガンダムとは別型という設定で模型化する」という関係に寄るビジネスが、しばらく根付いてしまったという流れがまずある。
ザク・バスーカを構えるシャア専用ザク!

ザク・バスーカを構えるシャア専用ザク!

それはそれで、ザクがザクのまま改変されないという意味においては、まぁ懐古厨としてはありがたい措置でもあるのだが、反面、解像度云々の話以前に、いつのまにやら次世代ガンダムファンの間では、立体でも商品でも、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(1991年)でカトキハジメ氏がデザインした「ザクⅡ F2型」という、ザクとは非常に似て非なるロボットが、我らがザクのふりをして、その後しばらくの間、派生作品などで自己増殖を繰り返し、ガンダム世界と商品展開に居座っていた時代が長かったのである。
ザクの格闘戦用武器、ヒート・ホークを構えるシャア専用ザク

ザクの格闘戦用武器、ヒート・ホークを構えるシャア専用ザク

そういう意味では、上記したFGガンプラのガンダムとザクは、原点回帰とカトキ氏作風との折衷であり、そこからもう一振り「ここまでガンプラの技術力が上がったのだから、もう一度アニメのデザインのザクにチャレンジしてみようよ」が、今回のHGUCなのである(というか、ザクに限らずガンダムもガンキャノンもゲルググも、HGUCには“そういうコンセプト”が共通して流れている)。
武器持ち手の穴は大きめに作られているので、ザクマシンガ...

武器持ち手の穴は大きめに作られているので、ザクマシンガンも、ある程度の角度を変えて、持ち方に表情をつけることも可能

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

『ガンプラり歩き旅』その33 ~1日ザクではない、旧ザクだ!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第33回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)本編では、既に旧式モビルスーツとして扱われていた、旧ザクことザクⅠの紹介です!
市川大河 | 4,982 view
『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

『ガンプラり歩き旅』その30 ~ジオン驚異のメカニズム! 20年目の復活のザク! 後編 量産型編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第30回は、ガンダムメカマニアの56%(推定)が「ガンダムより好き」と即答する、量産型ザク!
市川大河 | 8,276 view
『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,096 view
『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

『ガンプラり歩き旅』その36 ~モビル・スーツの形をした、水陸両用メガ粒子砲台、その名もゾック!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第36回は、ジオン水泳部ラスト。巨大なボディで鈍重なゾックのHGUC版です!
市川大河 | 4,178 view
『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

『ガンプラり歩き旅』その35 ~何があったか? 今はゆるキャラ、アッガイたん!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第35回は、ジオン水泳部で、なぜかここ37年で一番の出世頭・アッガイのHGUCです!
市川大河 | 3,427 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト