伝説の作詞家・阿久悠が携わった、昭和の絵師・上村一夫による異色漫画「人喰い」が初のコミックス化!!
2018年6月16日 更新

伝説の作詞家・阿久悠が携わった、昭和の絵師・上村一夫による異色漫画「人喰い」が初のコミックス化!!

伝説の作詞家・阿久悠と、昭和の絵師と謳われた劇画家の上村一夫が運命的に出会い、共作した初期の作品「人喰い」が、このたび双葉社より初めてコミックス化されました。

656 view

伝説の作詞家「阿久悠」が携わった異色漫画が初コミックス化!!

伝説の作詞家・阿久悠と、昭和の絵師と謳われた劇画家の上村一夫が運命的に出会い、共作した初期の作品「人喰い」が、このたび双葉社より初めてコミックス化されました。現在好評発売中で、価格は1,200円(税抜)。
 (2021758)

天才コンビが生み出した名作「人喰い」とは?

昨年は阿久悠の作詞家活動50周年、上村一夫の漫画家活動50周年、そしてコミック雑誌「漫画アクション」が50周年を迎えた記念すべき年でした。その「漫画アクション」にて1971年1月より全12話として連載され、これまで一度もコミックス化されなかった幻の名作が「人喰い」です。
 (2021869)

1971年当時の「漫画アクション」

「おれがストーリーを書く、君が絵を描け」!!

広告代理店、宣弘社で出会い席を並べた上村を、阿久は「生まれて初めて出会った天才」と称し、上村は阿久と出会った事をきっかけに、本格的に漫画家としての道を歩みました。「おれがストーリーを書く、君が絵を描け」。阿久と上村は、生涯の友であり、刺激し合う仕事の相棒でもありました。そんな中生まれたのが「人喰い」です。
尾崎記世彦 帰郷 また逢う日まで シングル レコ... - ヤフオク! (2021880)

「人喰い」が連載されていた1971年といえば、阿久悠作詞の「また逢う日まで」が日本レコード大賞を受賞した年でもあります。

「人喰い」気になるそのストーリーは?

「人喰い」の連載開始と同年の秋に放送が始まった、伝説のオーディション番組「スター誕生!」。その立ち上げから関わり、鋭い眼光で審査員をつとめ、多くの人気スター輩出に貢献した人物である阿久が「人を喰い漁り、用済みになった人物を平気で棄て去って行く野望に満ちた強い女」を主人公にした物語を上村に託し、「人喰い」は生み出されました。
主人公の那美岐

主人公の那美岐

出典 (C)上村一夫/双葉社
「人喰い」は、芸能界で勝ち残る為に他者を喰いつくしていく一人の女を、作詞家として業界に名を馳せた阿久が斬り込み、上村が艶のある筆致で華を添えた、刺激的かつ隠れた名作です。
(C)上村一夫/双葉社 (2021766)

那美岐は、高度経済成長の犠牲となった故郷を捨て、芸能界の頂点にのぼりつめていく…
出典 (C)上村一夫/双葉社
“都市伝説”として人々の噂の中にある“芸能界の闇”がどこまで真実なのか……そんな、巷の興味をも巻き込み、両作家の同世代から若い世代まで楽しめること間違いなし!
(C)上村一夫/双葉社 (2021767)

出典 (C)上村一夫/双葉社
(C)阿久悠/上村一夫/双葉社 (2021768)

物語の合間には、阿久が書いたと思われる意味深な歌詞が。那美岐の人生をなぞるかのようです。
出典 (C)阿久悠/上村一夫/双葉社

書籍概要

◆発売日:2018年6月12日
◆原作:阿久 悠/画:上村一夫
◆定価:本体1200円+税
◆ISBN978-4-575-85170-0 C9979
◆336P
◆発行:双葉社
(C)上村一夫/双葉社 (2021771)

出典 (C)上村一夫/双葉社
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ハーフポテトな俺たち」「毎度おさわがせします」「同・級・生」など、懐かしドラマの主題歌をまとめたCDが発売!

「ハーフポテトな俺たち」「毎度おさわがせします」「同・級・生」など、懐かしドラマの主題歌をまとめたCDが発売!

徳間ジャパンより、1970年代~1990年代の懐かしのドラマのヒット主題歌を1枚のCDにまとめたコンピレーション盤『A50 私たちのドラマ主題歌』の発売が決定しました。発売日は7月11日。
隣人速報 | 2,377 view
マサオ、謎の女B、雪子のロック…赤坂泰彦のミリオンナイツで取り上げられた「うさんくさいポップス」の魅力!!

マサオ、謎の女B、雪子のロック…赤坂泰彦のミリオンナイツで取り上げられた「うさんくさいポップス」の魅力!!

「赤坂泰彦のミリオンナイツ」の番組内で「うさんくさいポップス」を紹介するコーナーがあったのを覚えていますでしょうか?赤坂の激しいツッコミも魅力でしたよね。この記事では「うさんくさいポップス」で紹介された楽曲をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
堀ちえみがブログで大好きな「ABBA」への想いを語る。ほのぼのとした日常を綴った日記がファンを楽しませています

堀ちえみがブログで大好きな「ABBA」への想いを語る。ほのぼのとした日常を綴った日記がファンを楽しませています

80年代を代表するアイドル・堀ちえみが9月9日、自身の公式ブログを更新し、現在公開中のロマンティック・コメディ・ミュージカル映画「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」を鑑賞したことを報告しました。
隣人速報 | 194 view
アンダルシアに憧れて、愛してモナムール、さらばシベリア鉄道…ヨーロッパを舞台にした懐メロの数々!!

アンダルシアに憧れて、愛してモナムール、さらばシベリア鉄道…ヨーロッパを舞台にした懐メロの数々!!

星の数ほどあるヒット曲の数々。その歌詞には様々な場所を舞台としているものがありますが、海外を舞台にしているものも数多くありますよね。この記事では、中でもヨーロッパを舞台にしている曲をいくつかピックアップしてみました。
道理で我々も年を取るはず!2018年についに還暦を迎える有名人の方々!!

道理で我々も年を取るはず!2018年についに還暦を迎える有名人の方々!!

人生のひとつの節目である「還暦」。生きていれば誰もが通る道であります。2015年に西城秀樹が還暦を迎えた際には「ヒデキ還暦!」がある意味流行語になりましたが、今年はどういった方々が還暦を迎えるのでしょう。主だった方々をまとめてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト