【ラグビー】記憶に残る伝説のトライ5選【2019ラグビーワールドカップ開催に向けて】
2016年11月25日 更新

【ラグビー】記憶に残る伝説のトライ5選【2019ラグビーワールドカップ開催に向けて】

2019年に日本でワールドカップが開催されるラグビー。スポーツとしての人気は、以前のようなものではありません。80年~90年代にかけては、大学ラグビーのブームもあり国立競技場が満員になっていた時代。その熱い時代を思い起こし、さらなるラグビーブームを起こすべく伝説のトライを5つ選んでみました。五郎丸にも負けない、往年の名選手たちを振り返ってみましょう。

9,168 view

1999 香港セブンス 大畑の伝説的トライ

7人制ラグビー(しちにんせいラグビー、英: Rugby sevens)は球技の一種で、1チームあたり7人のプレーヤーで行うことを特徴とする、ラグビーの変種。セブンズ(Sevens)ともいう。7人制バージョンはラグビーリーグとラグビーユニオンの両方に存在する。
1999年の香港セブンズで、日本代表は下位チームによるトーナメントグループ(ボウルトーナメント)に回ったが、その決勝のスコットランド戦の終了間際、大畑は自陣ゴール前から、「大会史上最高」とも評された独走トライで日本を逆転勝利に導き、ボウルトーナメント出場国の選手としては史上初のMVPを獲得した。

1999 香港セブンス 大畑の伝説的トライ - YouTube

26-31の敗戦モードから、ラストワンプレーで自陣から奪った伝説的トライです。当時のラグビー界を盛り上げたトライシーンです。

1991年1月6日 大学選手権決勝 早稲田 vs 明治 吉田執念のトライ

4年生となっていた吉田が主将として臨んだ1991年1月の大学選手権。相手は宿敵早稲田大学。
明治が1点のビハインドだった後半26分、左ウイングの吉田がセンターライン近くからの独走で逆転のトライを決める。

大学選手権決勝 早稲田 vs 明治 吉田執念のトライ (1991年1月6日) - YouTube

明治は前年の早明戦の借りを返しました。

1995 ワールドカップ南アフリカ大会 準決勝 ニュージーランドvsイングランド ジョナ・ロムーのトライ

ジョナ・ロムー(Jonah Tali Lomu,MNZM,1975年5月12日 - ) は、ニュージーランド出身の元ラグビー選手である。ポジションはウィング(WTB)。
トンガの家系をもちオークランドに生まれる。オークランドのウェズリーカレッジ卒業。身長196cm、体重119kg(公式発表)の身体から生み出される圧倒的なパワーと爆発的なスピードを兼ね備え「暴走機関車」「空飛ぶ巨象」と呼ばれる。100mを10秒5で駆け抜ける脚力をもちWTBとして活躍。高校時代から才能を開花し、ニュージーランドU-17代表、U-19代表、U-21代表を経て1994年には史上最年少の19歳でラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)に選出される。オールブラックスでは63キャップ、37トライ、ワールドカップ15トライを記録。

疾走する伝説、ジョナ・ロムーの華麗なトライ - YouTube

RWC1995南アフリカ大会で準優勝に輝いた伝説的スーパースター、ニュージーランド代表ジョナ・ロムーの勇姿です。迎えたイングランドとの準決勝、パスを受けてライン際を攻め上がるロムーは、巧みなハンドオフでふたりを軽やかに交わし、3人目のタックルは正面から受け止めてさらに突進、見事トライへ。パワーとスピードにあふれる...

1987年 第1回ワールドカップ ニュージーランドvsイタリア ジョン・カーワンのトライ

ジョン・カーワン(Sir John James Patric Kirwan、1964年12月16日 - )は、ニュージーランドの元ラグビー選手、ラグビー指導者。オークランド出身。現役時代のポジションはWTB。愛称は「JK」。KNZM、MBE。
地元のアマチュアチーム、オークランド・マリストクラブで活躍。当時オークランド州ラグビー代表セレクター(スカウト)を務めていたジョン・ハート(元オールブラックスヘッドコーチ)に見出される。NPCオークランド州代表、イタリアのラグビーチームベネトン・ラグビートレヴィーゾ、ラグビーリーグオークランド・ウォーリアーズで選手生活をおくり、選手生活晩年の1997年から1999年の3シーズンを日本のラグビーチームNECグリーンロケッツで過ごし、NECを最後に現役生活から引退する

ジョン・カーワン Kirwan Try 1987RWC - YouTube

ニュージーランドとオーストラリアの共催となった記念すべき第一回RWCで、ニュージーランド代表のジョン・カーワンが魅せました。対イタリア戦後半、味方のパスを受けた同選手はそのままロングランを走りぬき見事なトライ。その華麗なステップワークに世界が熱狂しました。

1985年1月15日 日本選手権 同志社 対 新日鉄釜石 松尾雄治の8の字サイン

「歓声が回る感じ。言葉が何も聞こえない」。観客席がぐるりと囲む国立の特徴を、SOとして新日鉄釜石の黄金期を支えた松尾雄治さん(60)はこう表現した。終盤の攻撃では味方に声が届かず「8」を描くように腕を振ってサインを伝えた。実際は「2C」だったが、直後にナンバー8のトライが決まり「8の字サイン」と呼ばれた。ラグビーで国立を満員にしていた時代の逸話だ。

松尾の8の字サイン 新日鉄釜石 vs 同志社 1985年1月15日 - YouTube

ブログ ↓ ↓ ↓ 1985年 日本選手権 同志社 対 新日鉄釜石 その1(1985年1月15日) http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51148193.html 1985年 日本選手権 同志社 対 新日鉄釜石 その1(1985年1月15日)その2 http:...
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今田耕司がボンビーガール出演!若手時代に住んでいた中野で思い出巡り!NSCの同期って誰がいる?

今田耕司がボンビーガール出演!若手時代に住んでいた中野で思い出巡り!NSCの同期って誰がいる?

お笑い芸人として長年活躍を続ける今田耕司が、日本テレビ系列で放送中のバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」の5月11日放送分にて、下積み時代に住んでいた物件を自分の記憶を頼りに探索する「ボンビールームツアー」を行うことが明らかとなりました。
隣人速報 | 991 view
舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

2020年2月に上演され大好評を博した舞台「キューティーハニーEmotional」の続編かつ最終決戦となる新作公演「キューティーハニー・クライマックス」の上演が決定しました。日程は2021年6月16日(水)~20日(日) 。
隣人速報 | 218 view
“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

光文社より発売中の週刊誌「FLASH」の第1596号(3月9日発売)にて、田原俊彦の愛娘・田原可南子が同誌で10年ぶりのグラビアを披露し、SNSなど各所で大きな話題となっています。
隣人速報 | 43,548 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 371 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,636 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト