サッカー【日韓戦】日本がW杯に初出場するまでの対戦成績を振り返る
2019年1月18日 更新

サッカー【日韓戦】日本がW杯に初出場するまでの対戦成績を振り返る

毎回白熱する日韓戦ですが、振り返ってみると歴史がある国際試合なんですよね(^^)/ 今ではJリーグの存在がありますが、プロ化される前から行われていた日韓戦から振り返ってみたいと思います。

1,842 view

日韓戦とは

古くは1954年の試合から始まっており、2017年12月16日までに78試合が行われ、戦績は日本の14勝、韓国の41勝、23引き分けとなっています。

韓国が圧倒的な強さを見せてますねぇ

しかし、1993年の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設以降は7勝8敗(10引き分け)となっています。日本サッカーのレベルが格段に向上したことがよく判りますね。

そんな歴史ある日韓戦を、印象的な出来事を中心に振り返ってみたいと思います(^^)/

暗黒の1950年代~1970年代

年齢制限のない、その国最強の代表である男子A代表の試合は、1954年のFIFAワールドカップ予選から始まりました。
1970年代の最後まで数えると、33試合しているのですが、日本は3試合しか勝つことが出来ませんでした・・・

まさに暗黒の時代だったと言えると思います。

1985年 木村和司のフリーキック

1980年代には11試合行われました。
その内、日本が勝利したのは2試合のみ。
まだまだ苦しい時代だったんですねぇ

そんな中、試合に負けはしたものの、今でも往年のサッカーファンには語り草となっている、木村和司さんのフリーキックがありました。

それは1986 FIFAワールドカップ・アジア予選での出来事です。
NHKアナウンサーの山本浩さんの名実況「東京千駄ヶ谷の国立競技場の曇り空の向こうに、メキシコの青い空が近づいてきているような気がします」で知られる1985年10月26日の日韓戦です。

試合の前半で既に2点差となり、絶望的な状況で木村和司さんが距離のある位置からフリーキックを蹴ります。すると枠の左上ギリギリを捉え、値千金のゴールを叩き込みました。
このフリーキックには、日本の魂が宿っていたのではないでしょうか?

試合に負けはしましたが、この後日本はサッカーのプロ化に突き進むことになります。

木村和司《プロフィール》

木村 和司(きむら かずし、1958年(昭和33年)7月19日 - )は、広島市南区大河出身の元サッカー選手、サッカー解説者、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF(攻撃的MF)またはFW(ウイング)。日本サッカー協会公認S級ライセンス所持。国際Aマッチ6試合連続ゴールは日本代表連続得点記録である(2016年時点)。
 (2077603)

Jリーグが無かった時代、木村さんは日産に所属していました。

木村和司さんのバナナシュートは、当時のサッカー少年達の憧れになったのではないでしょうか?

今では多く見られるシュートかもしれませんが、この時代の出来事としては、やはりセンセーショナルだったと思います。

余談ですが、木村和司さんはピッチの外でも素晴らしい方ですよね!
豪快で人間味があって、皆から愛され尊敬される方だと思います(^^)/

伝説のフリーキック

1985.10.26[Japan vs Korea][K.Kimura FK]

ここからもまた黒星の連続

1992年の「ダイナスティカップ1992」では韓国に2-2で引き分け、その後のPK戦で勝利するまで、日本はずっと負け続けてしまうんですねぇ・・・

なかなか勝てません。辛い時代が続きました。

しかし、この頃から日本のサッカーに変化が生じてきます。

それが皆さんもご存じのJリーグ発足です。

日本はどんどんサッカーのプロ化を進めていきました。
それに伴い、国内でのサッカー熱が沸き上がり、レベルも上がっていくんですねぇ(^^)/

そして、われらがヒーローが活躍しましたよ!

1993年 カズ率いる日本が韓国に勝利!

1994 FIFAワールドカップ・アジア予選。
ここからです。
ここが起点となって、日本は韓国と渡り合える様になったんだと思うんですよねぇ

この最終予選で日本は、最終戦のイラク戦でロスタイムに同点に追いつかれたために、ワールドカップ初出場を逃した「ドーハの悲劇」はありましたが、キングカズこと三浦知良さんが韓国戦で魂のゴールを決め、ワールドカップ予選で初の対韓国戦での勝利に導きました。

1-0で勝利した日本はこの時点で、首位に立ちますが前述のドーハの悲劇によって初となるワールドカップ出場は逃しました。一方の韓国では、諦めかけていた出場権を獲得したことから半ばあきらめていた本大会進出が思わぬ形で決まったため「ドーハの奇蹟」と呼ばれているそうです。

日本のサッカーにとって余りある収穫のあった1994 FIFAワールドカップ・アジア予選だったと思います。

三浦知良《プロフィール》

三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションは左ウイング(ブラジル時代)、センターフォワード(日本帰国後)。2019年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である。妻はタレント・ファッションモデルの三浦りさ子。
 (2077501)

この当時の三浦知良さんは、まさに全盛期を極めており、日本を背負って立つサッカー選手だったと思います。

もちろん、今でも三浦知良さんの活躍が支えとなっているファンは大勢居ると思いますねぇ

まだまだ現役続行して頂きたいですね(^^)/
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 783 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,598 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 870 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 468 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 74,197 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト