なぜ日本のラグビーは強くなったのか
2022年7月13日 更新

なぜ日本のラグビーは強くなったのか

2015年9月19日、ラグビーW杯において日本代表が奇跡とも言える素晴らしい試合を行い、スポーツ史上最大の番狂わせを起こしたのです。そう、世界でも話題になったあの南アフリカ代表に勝った試合。その後も。世界の強豪相手にラグビー日本代表は大健闘。世界中のラグビーファンが驚愕し、往年のラグビーファンは涙しました。しかしなぜ日本のラグビーは、これほどまでに短時間で強くなったのでしょうか。

222 view

やってもやっても勝てなかった時代

 (2404526)

昭和時代の日本、完全に日本国民の間に定着した野球に続き、サッカーにもJリーグが発足しました。野球ではオリンピックや WBC においてめざましい活躍を見せ、サッカーにおいても今ではワールドカップに出場して当たり前になってきました。日本代表チームが、世界各国を相手に戦う姿を見るのは国民にとって誇りですよね。そしてその檜舞台で、強い日本を見せることが、国民に勇気を与えてくれるんです。

野球やサッカーと並んで、日本国内で人気のあるスポーツがラグビーです。しかしラグビーにおいては、国内の実業団チームのリーグでは素晴らしいプレーを見せてくれていたのですが、世界に出ると全く勝てない弱小チームに甘んじてきました。ワールドカップに出場しても、全く勝てない日本代表チームに悔しい思いをしてきた皆さんも多いことでしょう。

しかし2015年のラグビーワールドカップにおいて、奇跡が起きたのです。この年を境に、突然ラグビー日本代表は強豪国と互角に戦える、強いチームに変貌したのでした。まさに悔しい思いでいっぱいだったラグビーファンにとって、心がすっきりと晴れわたる思いだったことでしょう。では一体なぜ、ラグビーは突然に日本代表はこんなに強くなったのでしょうか。

日本代表ヘッドコーチ、エディ・ジョーンズ

エディー・ジョーンズ (ラグビー指導者) - Wikipedia (2402643)

過去の日本代表は、20年間のラグビーワールドカップでわずか1勝しかできない弱小チームでした。その一方で、南アフリカ代表はワールドカップで2回も優勝をしている強豪国。それがラグビーワールドカップ2015では、日本代表が南アフリカ代表との勝利を含めてなんと3勝を挙げたのです。いったいなぜ、負けて当然と思われていた日本代表がなぜ3勝もできたのでしょうか。

まさに奇跡の勝利と賞賛された、南アフリカ戦の勝因は何だったのでしょうか。当時の日本代表でヘッドコーチを任されていたエディ・ジョーンズは、奇跡の勝利を描き切った張本人。そのエディジョーンズが記した本「ハードワーク」には、奇跡の秘密が記されていました。

ジャパンウェイ

 (2402644)

エディジョーンズは、日本人とオーストラリア人のハーフですが、初来日は30代になってからでした。日本で育っていないエディですが、最も日本人の本質を理解している一人だと言えるでしょう。指示されたことだけを頑張る日本人選手を見て、エディは失望したそうです。日本ラグビーが本当の力を出し切れない弱さを垣間見た瞬間でした。

そしてエディは、選手たちの中に眠る本来の力を、どうすれば目覚めさせられるかを考えます。その結果導き出されたチーム方針が「ジャパンウェイ」だったのです。エディが意味するジャパンウェイとは、日本人らしさを活かすこと。世界と同じことをしていても、体型では外国人選手外国人と比べて引けを取る、小柄な日本人では勝てない。それでも短所を長所に変えれば、日本人でもチャンスがあるはず。エディが考えついた日本人らしさとは、勤勉さ・責任感・体格の小ささだったのです。

トレーニングのためのトレーニングは無意味

 (2402645)

日本人が持つ代表格は勤勉さです。そこでエディは、トレーニングの時間を早朝から一日3回と決めて、時間を区切るようにしました。日本人特有の忍耐力があり、あきらめない精神からくる勤勉さを最大限に引き出そうとしたのです。

さらにエディは、トレーニングに対する意識を変えます。トレーニングの効果を高めるため、トレーニングのためのトレーニングは意味がないことを選手たちに伝えたのでした。勤勉ゆえに与えられたものは着実にこなしていく能力のある日本人。しかし、その理由を意識せずに物事をこなしていると見抜いたのです。目標の設定がなかったり情報の共有がないため、ただこなすためだけのトレーニングに、日本代表でもなってしまっていたのです。そんなトレーニングでは、効果が半減してしまいます。

そこで、意味を持ったトレーニングを実践していきます。まずトレーニングは勝つためにするもので、自分自身を鍛える目的のためではないということを共有させたのです。これで受動的な勤勉さはなくなり、能動的な勤勉さが開花する。この能動的な勤勉さこそ、眠っている日本人本来の力となるのでした。

チームとしての意識改革

 (2402646)

しかしトレーニングだけを頑張っても、試合には勝てません。個人の意識が変わってもチームとして変わらなければだめなのです。選手個人がフォア・ザ・チームの精神を保つよう、エディは指導をはじめました。まず日本人が慣例として持っている年功序列という制度を打ち破ります。グラウンド外での行動で、年長者を立てることは大切です。しかしグラウンド内では害となります。ということで、エディは少しでも集中力が切れた選手を見つけたら、年長者・新人に関わらず練習から外したり、外国人選手にも時間厳守のルールを日本人同様に適用したのです。

一切例外を作らず選手たちを公平に扱うことで、緊張感が増した練習になります。「勝つために練習するんだ」という目的に向かい、フォア・ザ・チームの責任感が生まれたのでした。これで日本人本来の力を引き出し、勝利に向かう筋道が整います。後は慢性的な弱さからどう抜け出すか取り組むだけになりました。

日本人の短所として、小柄な体格があります。ラグビーにとって小柄な体格は致命的とも思えますが、エディはそれを弱点と決めつけず、長所として活かすことを考えます。小柄な体格を長所とみれば、それは機敏な動きと低い姿勢を取りやすいこと。大きな選手よりも早く動け、身長の高い選手より低い位置でのプレイが出来ます。ラグビーの試合での後半残り20分、フルに動いていたら体力は限界に近い状態になっています。そんな時徹底的に鍛え抜かれた日本人が、落ちないスピードで走り回ったり、低い位置でタックルを受けたら、いくら頑強な外国人選手であってもついていけないでしょう。これが、体格の小ささを長所とした戦術なんです。

夢を現実に

【感動】2015 ラグビー ワールドカップ 日本 × 南アメリカ ラスト10分

せっかくの戦術もただの夢物語であっては、弱小チームから抜け出すことができません。本当の強いチームになるため、徹底した勝利への執念とフォア・ザ・チームの精神をとことん植え付けたのでした。こうして、日本人本来の力である能動的な勤勉さが目を覚まし、ラグビーワールドカップの南アフリカ戦においては、ノーサイドまで落ちないスピードや粘り強い低いタックルを要因として、見事な勝利に輝いたのでした。そして絶対に勝つという強い意識が、最後の最後で同点を狙わずスクラムを組んで逆転を目指したということなのでしょう。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ラグビー】記憶に残る伝説のトライ5選【2019ラグビーワールドカップ開催に向けて】

【ラグビー】記憶に残る伝説のトライ5選【2019ラグビーワールドカップ開催に向けて】

2019年に日本でワールドカップが開催されるラグビー。スポーツとしての人気は、以前のようなものではありません。80年~90年代にかけては、大学ラグビーのブームもあり国立競技場が満員になっていた時代。その熱い時代を思い起こし、さらなるラグビーブームを起こすべく伝説のトライを5つ選んでみました。五郎丸にも負けない、往年の名選手たちを振り返ってみましょう。
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 4,604 view
イタリア代表が60年振りにW杯予選敗退!1997年のプレーオフではロシアに勝利するも今回はスウェーデンに屈す!

イタリア代表が60年振りにW杯予選敗退!1997年のプレーオフではロシアに勝利するも今回はスウェーデンに屈す!

2018年サッカーワールドカップ・ロシア大会の欧州予選プレーオフが行われ、過去4度の優勝を誇るアズーリことイタリア代表の予選敗退が決定。1997年のプレーオフではロシアに勝利するも、今回は3大会振りの本大会出場を目指すスウェーデンに屈した。
最初はグダグダだった…オールブラックス「ハカ」の歴史

最初はグダグダだった…オールブラックス「ハカ」の歴史

ニュージーランドの先住民族・マオリの舞であり、同国ラグビーナショナルチームが披露することで知られるハカ。今でこそ、国際大会の場で洗練されたパフォーマンスを披露していますが、黎明期から数十年間は、ずっとグダグダな踊りをしていたことはあまり知られていません。
こじへい | 11,287 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト