こんなゲーム機、ハードウェアあったあった。高額すぎてあまり売れなかった機種。
2017年1月4日 更新

こんなゲーム機、ハードウェアあったあった。高額すぎてあまり売れなかった機種。

80年代から90年代にかけて発売されたゲーム機は、数えてみればたくさんあります、しかし高額すぎたりマニアックすぎるという理由で失敗した機種もいっぱいあります。今回はそのいくつかをご紹介します。

47,036 view

ファミコンテレビC1

1983年発売

1983年発売

こちらは、テレビとファミコンが一緒になったもの。
任天堂との共同開発によるもので、ファミリーコンピュータを内蔵している。ファミリーコンピュータとはコンポジットビデオ経由ではなくRGB接続されており、画質が鮮明だった。そのため、当時のファミコン雑誌の画面写真にはよく使用されており、本機種が生産中止になった際は流通在庫を求めて編集者が秋葉原を探し回ったという都市伝説がある。
19C-C1F・W(19型、定価14万5000円)
14C-C1F・W・R(14型、定価9万3000円)

こちらも、今から考えるとかなりお高い商品。

ツインファミコン

1986年発売

1986年発売

ファミコンとディスクシステムがセットになって売られていましたね。
当時の価格は32,000円で、これはファミリーコンピュータ(14,800円)とディスクシステム(15,000円)の合計金額よりも高額だった。
実は、シャープが販売したファミリーコンピュータ互換機だったとはあまり知られていませんね。

SF1

1990年発売

1990年発売

こちらは、スーパーファミ版
「ゲーム」用の画質が設定されている。また電源コードとコントローラ以外のケーブルが露出していない。スーパーファミコンとは内部でS端子接続されており、画質は鮮明である。
やはり、ゲーム専用テレビということで、当時としては画質がキレイだったようですが、値段が高い。

14G-SF1(14型)10万円
21G-SF1(21型)13万3,000円

CDロムロム

1988年発売

1988年発売

家庭用ゲーム機としては世界初となる光学ドライブを搭載し、CD-ROMをゲームソフトとして採用したプラットフォーム
それまでパソコンのものであったCD-ROMを初めてゲーム機に使用したことで話題になった。生の人声がゲーム機から出た瞬間、驚いた人も少なくないだろう。ただし、57300円という価格は決して誰もが手を出せるものではなかった。
見た目から言って次世代ぽい感じでしたが、これまた高額。

NEO GEO

1990年発売

1990年発売

100メガショック!のキャッチコピーで登場。ゲームセンターのゲームがそのままのクオリティで家庭で遊べる!がウリだった。58000円、16ビット。ゲームソフトの価格の高さと、ソフトそのものの重量は現在もなお伝説のように語り継がれており、「カートリッジで人を殴り殺せる」とまで言われている。
こちらも、5万以上と高額だが、2000年まで、対応ソフトはしぶとく発売され続けていた。

3DO REAL

1994年発売 1994年発売

1994年発売 1994年発売

日本では、1994年に、パナソニックからこんな機種が出ていたの覚えていますか?
ゲーム機の世代的には、第5世代機の先頭に該当する。ただし、ゲーム機ではなくインタラクティブ・マルチプレイヤーという家電製品の一種として販売された。価格設定の高額さ等もあり商業的には失敗に終わった。
日本での販売価格が54800円とちょっと高額すぎたのでのはないでしょうか。

レーザーアクティブ

1993年発売

1993年発売

もはや、なんの機械なんだ!!レーザーディスクにゲームがついた!
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
アップル×バンダイのタッグでも“世界一売れなかったゲーム機”ピピンアットマークとは?

アップル×バンダイのタッグでも“世界一売れなかったゲーム機”ピピンアットマークとは?

世界を変えるヒット商品を数多く生み出してきたアップル社。同社の発明品の一つで、ライセンス供給先のバンダイから発売されたゲーム機が、『ピピンアットマーク』です。栄光の歴史を歩むアップル×バンダイがタッグを組んだにも関わらず、まったく売れず、“世界一売れなかったゲーム機”なる称号まで獲得してしまった、この悲劇のゲーム機について今回紹介していきます。
こじへい | 2,248 view
松下電器が94年に発売したゲームハード『3DO』

松下電器が94年に発売したゲームハード『3DO』

米国・3DO社のライセンスビジネスとして、松下電器が日本国内における製造・販売を請け負ったゲーム機・3DO。豊富なタイトルがリリースされ、当時としてはハイクオリティなグラフィックを搭載しながら、わずか2年あまりでゲーム市場からの「敗退」を余儀なくされたこの悲劇のゲーム機について振り返ります。
こじへい | 2,112 view
これは失敗してしまったと思うゲーム機と言えば?(ハード)

これは失敗してしまったと思うゲーム機と言えば?(ハード)

日本では多くのゲーム機が発売されましたが、残念ながら売れなかったハードも数多くあります。やっちまったハードと言えば?
おれたちのMSXについて語りたい!

おれたちのMSXについて語りたい!

80年代、ゲーム機と本格PCの狭間で戦い抜いたMSXユーザー。ここで当時の思い出を語りませんか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト