2015年9月18日 更新

小倉弘子、小林麻耶・麻央、西川史子など『恋のから騒ぎ』出身芸能人

1994年から17年続いた明石家さんま司会の『恋のから騒ぎ』。小倉弘子、小林麻耶・麻央、西川史子など数々の芸能人を輩出しました。

70,801 view

1994年から17年続いた明石家さんま司会の『恋のから騒ぎ』

『恋のから騒ぎ』

『恋のから騒ぎ』

1994年4月16日から2011年3月25日まで毎週土曜日23:00~23:30(2010年4月2日からは金曜日23:30~23:58)に放送された日本テレビ系列の恋愛トークバラエティ番組。通称「恋から」「から騒ぎ」。司会は明石家さんま。
『恋のから騒ぎ』の番組スタイル

『恋のから騒ぎ』の番組スタイル

オーディションにより素人の女性たちを集め、その女性が経験した恋愛をテーマに明石家さんまと週代わりのゲスト1名(1組)と共にトークを行うスタイル。
メンバーは主に学生、OL、フリーターなどが多い。メンバーは4月から翌年3月の卒業までを1期として新年度ごとに総入れ替えが行われ、2010年4月~2011年3月は17期目を数える。第2期からは『ご卒業スペシャル』で各期の「MVP」が決められる。第15期では、1度のみであるが、最前列から史上初めて「MVP」が選出された。

『恋のから騒ぎ』から芸能界へデビューした人の昔と今

『恋のから騒ぎ』に出演したことで人気を博し、アナウンサーなどメディアに関連する職業に就いた女性も多くいる。

彼女達の当時の写真と現在を確認。

【1期生】小倉弘子

『恋のから騒ぎ』の小倉弘子

『恋のから騒ぎ』の小倉弘子

東洋英和女学院大学在学中に出演。
記念すべき第1回の説教部屋行きだった。またこの大学時代では、選挙カーに乗ってのウグイス嬢の経験もあり、「昔から人前に出たり、話をしたりすることが好きだった」と入社直後に新聞のインタビューで語っている。
現在の小倉弘子(水内弘子)

現在の小倉弘子(水内弘子)

2005年4月に元プロサッカー選手の水内猛と結婚。
2008年第1子となる長女を出産。
2012年第2子となる次女を出産。
2013年4月より仕事復帰。

【3期生】西川史子

『恋のから騒ぎ』の西川史子

『恋のから騒ぎ』の西川史子

聖マリアンナ医科大学在学中に出演。
1996年、ミスコンテスト 『ミス日本』に出場し、「フォトジェニック賞」を受賞
当時から傲慢、高飛車なキャラクターを持ち味としていた。
出典 renko1.com
現在の西川史子

現在の西川史子

2010年、10年来の友人だった元葛飾区議会議員で、福祉関係の会社役員の福本亜細亜と結婚。2014年1月11日、福本亜細亜との協議離婚が成立したと発表した。ホリプロによると、約1年前から離婚について考え始め、2013年11月から別居していたという。

【8期生】小林麻耶

『恋のから騒ぎ』の小林麻耶

『恋のから騒ぎ』の小林麻耶

青山学院大学在学中、『恋のから騒ぎ』に「第8期生」として出演。最前列に座る。『恋のから騒ぎ』出演は、慶應義塾大学の文化祭(三田祭)で声を掛けられた事がきっかけである。
現在の小林麻耶

現在の小林麻耶

TBSアナウンサー時代は常に「結婚したい女子アナランキング」で上位にランクインしていたが、現在も独身であり、バラエティー番組などでも頻繁に「早く結婚したい」という旨の発言をし「結婚できないキャラ」としてバラエティ番組を中心に活躍している。

【9期生】小林麻央

『恋のから騒ぎ』の小林麻央

『恋のから騒ぎ』の小林麻央

姉の麻耶に勧められた事がきっかけで、上智大学在学中に『恋のから騒ぎ』に出演。麻耶同様にいくつかのファンサイトがあり、その中で自分自身のプライベート写真、プリクラ等を公開した。『恋のから騒ぎ』で刺激を受け、その後「人前でキレイに話してみたい、いろんな人に会いたい」という夢を抱き、番組卒業後アナウンススクールに通い始めた。
現在の小林麻央

現在の小林麻央

2010年、市川海老蔵と結婚。
2011年7月25日、第一子である長女を出産。
2013年3月22日、第二子である長男を出産。

【14期生】塩村文夏

『恋のから騒ぎ』の塩村文夏

『恋のから騒ぎ』の塩村文夏

29歳当時に「から騒ぎ」に出演。「ミスヤングマガジン」などミスコン6冠に輝いた経歴を披露し「けっこう私すごいの」と自慢。元カレから慰謝料1500万円をもらいイギリス留学したことも明かした。
14期のMVPを獲得。
現在の塩村文夏

現在の塩村文夏

2013年にみんなの党に入党し、東京都議会議員選挙で初当選。
2014年6月18日、東京都議会本会議において、塩村が晩婚化対策に関する東京都の支援について質問していた最中に、複数の男性の声で「早く結婚した方がいいんじゃないか」「産めないのか?」等、議員席から野次を飛ばされたセクハラ問題で話題に。
28 件

思い出を語ろう

関連する記事こんな記事も人気です♪

勘九郎と女性たちのドタバタラブコメディー☆明石家さんま主演「恋のバカンス」

勘九郎と女性たちのドタバタラブコメディー☆明石家さんま主演「恋のバカンス」

恋の曲芸師・黛勘九郎とちはる・智子・優紀・晶、4人の女性たちを巻き込んだラブコメディー「恋のバカンス」。今まで数々のドラマに出演してきた主演の明石家さんまさんが一番好きなドラマなんですって!どんなドラマだったのか思い出してみましょう。
ペリドット | 212 view
長寿トーク番組「さんまのまんま」が9月いっぱいでレギュラー放送を終了!31年6ヶ月の歴史に幕を下ろす!!

長寿トーク番組「さんまのまんま」が9月いっぱいでレギュラー放送を終了!31年6ヶ月の歴史に幕を下ろす!!

1985年4月からスタートした明石家さんまが司会を務める長寿トーク・バラエティー番組「さんまのまんま」が、放送30周年という節目を無事に終えて「一つの区切り」として31年6ヶ月でレギュラー放送にピリオドを打つ。10月以降はスペシャル番組として放送予定。
red | 889 view
【Merry Xmas Show】桑田佳祐、松任谷由実、明石家さんまが司会だった伝説の特別音楽番組

【Merry Xmas Show】桑田佳祐、松任谷由実、明石家さんまが司会だった伝説の特別音楽番組

86年(87年も)のクリスマス・イヴに放送された「Merry Xmas Show」は、当時、テレビではなかなか見ることのできないミュージシャンたちが出演したことで、大きな話題となりました。上記の三者以外に、泉谷しげる、忌野清志郎、BOØWY、吉川晃司、チェッカーズ、鮎川誠、THE ALFEE、鈴木雅行、アン・ルイス、小林克也などなど…。豪華な出演者たちが入り乱れてカバーを演奏した「伝説の音楽番組」です。「Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)」(桑田佳祐と松任谷由実のコラボ)もここで生まれました。
Yam | 84,341 view
細部に溢れるギャグを見逃すな!心はロンリー気持ちは「・・・」

細部に溢れるギャグを見逃すな!心はロンリー気持ちは「・・・」

1984年から不定期の放送ながら、人気だった明石家さんま主演のドラマ『心はロンリー気持ちは「・・・」』。毎回ヒロインやキャストが豪華なのも話題になりました。ギャグにミュージカル、笑えるドラマを振り返ります。
けん | 1,652 view
自虐ネタ「ヒロシです」と、ひょうきん族の何人トリオ「ラブ・ユー・貧乏」における自虐ネタの相違点。

自虐ネタ「ヒロシです」と、ひょうきん族の何人トリオ「ラブ・ユー・貧乏」における自虐ネタの相違点。

自虐ネタはいつの時代にも存在します。笑えるもの、笑えないものとありますが、「ヒロシです」は秀逸な自虐ネタだったと評されます。そしてその世界観、「ひょうきん族」で人気を博した「ラブユー貧乏」を思い出さずにはいられませんでした。
青春の握り拳 | 3,352 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト