【雀鬼 桜井章一】二十年間無敗だった伝説の雀士
2015年12月2日 更新

【雀鬼 桜井章一】二十年間無敗だった伝説の雀士

二十年間無敗とか、麻雀の裏プロとか現実味がないですが、本当にあったんだと思わせるオーラがあります!

18,370 view

桜井章一

http://www.kinokuniya.co.jp/label/%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%88%E6%A1%9C%E4%BA%95%EF%BC%89.jpg (142941)

桜井 章一(さくらい しょういち、1943年8月4日 - )は、東京都下北沢生まれの経営者、雀士、著作家。雀荘の経営、麻雀の自伝・自己啓発の分野で書籍の出版に携わっている。
1960年代に麻雀の代打ちになり20年間無敗のまま引退したとされる。1988年3月28日に「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開設。1991年に「雀鬼会」という組織を作り、桜井章一の雀風や生き方を意味する「雀鬼流」を指導している。牌の音は町田に道場がある。現在は閉店しているが、下北沢と札幌に牌の音2号店があった。近年は、雀鬼流の指導者としても引退をほのめかしており、牌に触れないことも多い(近代麻雀での連載より)。

雀鬼 桜井章一の伝説エピソード

◆役満
一晩で九蓮宝燈以外の役満を全て和了したという話がある。九蓮宝燈が嫌いな桜井は九蓮宝燈の牌姿をただの清一色で和了しようとしたが「九蓮宝燈ですね」と指摘されたため止む無く九蓮宝燈として和了処理してしまったという。
◆卓上の展開を読む力
同卓した人の待ち牌・ツモ牌・捨てる牌・和了点数・次に和がる人間・裏ドラなどを的中させるエピソードが多々登場する。弟子との対局中、リーチ宣言牌での和了・和了時の役や和了牌を同一にし続けるなど一般の麻雀愛好家が狙っても出来ないエピソードが日常茶飯事だとされている。

未来を予知した伝説のギャンブラー【やりすぎ都市伝説】 - YouTube

◆麻雀大会
雀荘での大会では必ず優勝し続けたので桜井章一に大会の半分だけ出場という案を出した所、更に2000点より上の和了を無効にするという条件を本人が出したが優勝してしまい以後裏プロの出場が禁止されるという事態になったという。船上で行われた近代麻雀開催の麻雀大会では2位という結果で終わっている(本人談ではこの大会では和了点数を3900までと決めていた)。しかし優勝者がゲスト(将棋棋士の森雞二九段)ということで優勝を辞退したので繰り上げ優勝になった。

桜井章一の本気!? 20年以上前の貴重な映像!! - YouTube

【桜井章一】 凄すぎる異次元の雀テク

【雀鬼】桜井章一ワールド!? 四倍役満炸裂!! - YouTube

【桜井章一】 これぞ鬼神の一手!異次元過ぎる雀テク!! - YouTube

桜井章一のイカサマ 元禄積み - YouTube

桜井章一の名言

男は一歩外に出れば、
七人の敵があるというじゃねえか。

てことは、一日七個は自分にとって
イヤだなと思えることが起こる。

そこを逃げずに勝負してみろよ。
そうすれば強くなれるに決まってる。
自分との約束を守れるかだ。
朝5時に起きると、
自分に約束したら起きる。

日常生活で、何かを決めたら
死守するという闘いだよ。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

競艇・麻雀・競馬など、生き方そのものもギャンブル?芸能人ギャンブル狂伝説!

競艇・麻雀・競馬など、生き方そのものもギャンブル?芸能人ギャンブル狂伝説!

売れるかどうか運否天賦に委ねられている芸能界に身を投じるのはある種のギャンブル。それゆえ、親和性が高いからなのか、賭け事に熱中する(していた)タレントというのは意外と多いものです。今回はその中でも特に選りすぐりの芸能人ギャンブラーを紹介していきます!
こじへい | 3,829 view
初めて覚えたのはいつ?「麻雀」の思い出について語りましょう。

初めて覚えたのはいつ?「麻雀」の思い出について語りましょう。

家族麻雀や、学生時代の徹マンなど麻雀ってハマる人はハマっちゃいますよね!役満自慢から、麻雀飯など何でも語っちゃってください!
過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。

過熱しすぎた投機相場が落ち着いたら、信頼出来る大手「DMM Bitcoin」で仮想通貨取引を検討しましょう。

2017年に投資家の間で大いに話題となり、大儲けする人が続出したビットコイン。2018年に入り、多額の不正送金とその後の動向が注目されるコインチェック。これらはいずれも「仮想通貨」の売買を舞台に起こっている出来事です。では「仮想通貨」と冷静に向き合うにはどうすればよいでしょうか?
戦後を代表する麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」が劇画で復活!週刊大衆で連載がスタート!!

戦後を代表する麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」が劇画で復活!週刊大衆で連載がスタート!!

週刊誌「週刊大衆」(双葉社/毎週月曜発売)で劇画「麻雀放浪記」の連載がスタートした。阿佐田哲也による原作は、終戦直後の日本を舞台に、主人公・坊や哲が麻雀で激動の世を生き抜く様が描かれた。作家の伊集院静が題字を担当している。
人の不幸は蜜の味…!麻雀マンガ【スーパーヅガン】を振り返る

人の不幸は蜜の味…!麻雀マンガ【スーパーヅガン】を振り返る

麻雀をやる人なら見た事があるのではないでしょうか? 「つかん」「づがん」「づがーん」「づぎゃん」「つかんぽ」なんて雀荘で叫んだりしましたよねw

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト