戦後を代表する麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」が劇画で復活!週刊大衆で連載がスタート!!
2017年1月11日 更新

戦後を代表する麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」が劇画で復活!週刊大衆で連載がスタート!!

週刊誌「週刊大衆」(双葉社/毎週月曜発売)で劇画「麻雀放浪記」の連載がスタートした。阿佐田哲也による原作は、終戦直後の日本を舞台に、主人公・坊や哲が麻雀で激動の世を生き抜く様が描かれた。作家の伊集院静が題字を担当している。

1,318 view

「麻雀放浪記」が劇画で新連載!週刊大衆でスタート!

週刊誌「週刊大衆」(双葉社/毎週月曜発売)で劇画「麻雀放浪記」の連載がスタートした。
原作は、麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」。故・色川武大さんが「阿佐田哲也」のペンネームで週刊大衆に1969年から連載していた。戦後を代表するピカレスクロマン(悪漢小説)と知られる。
色川武大氏(ペンネーム:阿佐田哲也氏)

色川武大氏(ペンネーム:阿佐田哲也氏)

出典 prtimes.jp
終戦直後の日本を舞台に、主人公・坊や哲が麻雀で激動の世を生き抜く様を描いていく。文中に牌活字がしばしば登場するのも特徴だった。
主人公以外にも「ドサ健」、「上州虎」といった個性的な登場人物達が登場し、麻雀の奥深さを演出した。
「麻雀放浪記」第1話の見開き扉ページ

「麻雀放浪記」第1話の見開き扉ページ

今回の新連載は、阿佐田哲也原作、浜田正則構成協力による嶺岸信明の「麻雀放浪記」となっている。
嶺岸は、「ドサ健、哲、出目徳……あの魅力的な男たちを、 どこまで魅力的に描けるか全力で勝負します」と意気込みを語っている。

そして、この連載の題字を記したのは作家の伊集院静。生前の色川さんと交流が深かった伊集院は第1話を読み、コメントをしている。
「第1話の“博才”を読んだが、これは、或る意味“新しい麻雀放浪記”と言えよう。なぜ、あの時代、日本人はあれほどまでにギャンブルを楽しみ、のめり込んだのか? それは誰にも何者かになれるチャンスがあり、誰もがチャンスの前でのたうち回っていたからだろう。一局面の勝者が一人であるように、勝つために魂さえ賭した時代であったからである」

かつての連載当時、麻雀ブームの火付け役となった「麻雀放浪記」。伊集院は「今、『麻雀放浪記』を読み返すことは、現代人に、チャンスの気配を知る鍵を与えるかもしれない」ともコメントしており、読者にとって有益な作品にもなりそうだ。
映画版「麻雀放浪記」

映画版「麻雀放浪記」

1984年に和田誠監督で実写映画化された。
坊や哲役は真田広之、ドサ健役に鹿賀丈史、上州虎役には名古屋章が迎えられた。

麻雀に関連した特集記事

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 2,632 view
初めて覚えたのはいつ?「麻雀」の思い出について語りましょう。

初めて覚えたのはいつ?「麻雀」の思い出について語りましょう。

家族麻雀や、学生時代の徹マンなど麻雀ってハマる人はハマっちゃいますよね!役満自慢から、麻雀飯など何でも語っちゃってください!
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 1,171 view
黄昏の文学 直木賞作家にして文化勲章受章者、杉本苑子

黄昏の文学 直木賞作家にして文化勲章受章者、杉本苑子

昭和半ばから平成にかけて、文化と文学の黄昏とも呼べる時代があった。同じ時代を指して黄金期であったという声もある。あの時代には誰がいたのか。何が書かれていたのか。今回は直木賞作家にして文化勲章受章者、杉本苑子を追いかけてみよう。
冬子の群青 | 70 view
黄昏の文学 直木賞作家でありながら将棋指しの顔をもつ、山口瞳

黄昏の文学 直木賞作家でありながら将棋指しの顔をもつ、山口瞳

昭和半ばから平成にかけて、文化と文学の黄昏とも呼べる時代があった。同じ時代を指して黄金期であったという声もある。あの時代には誰がいたのか。何が書かれていたのか。今回は直木賞作家にして随筆家、将棋指しの一面を持つ彼、山口瞳を取りあげる。
冬子の群青 | 88 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト