2017年1月11日 更新

戦後を代表する麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」が劇画で復活!週刊大衆で連載がスタート!!

週刊誌「週刊大衆」(双葉社/毎週月曜発売)で劇画「麻雀放浪記」の連載がスタートした。阿佐田哲也による原作は、終戦直後の日本を舞台に、主人公・坊や哲が麻雀で激動の世を生き抜く様が描かれた。作家の伊集院静が題字を担当している。

1,112 view

「麻雀放浪記」が劇画で新連載!週刊大衆でスタート!

週刊誌「週刊大衆」(双葉社/毎週月曜発売)で劇画「麻雀放浪記」の連載がスタートした。
原作は、麻雀小説の金字塔「麻雀放浪記」。故・色川武大さんが「阿佐田哲也」のペンネームで週刊大衆に1969年から連載していた。戦後を代表するピカレスクロマン(悪漢小説)と知られる。
色川武大氏(ペンネーム:阿佐田哲也氏)

色川武大氏(ペンネーム:阿佐田哲也氏)

出典 prtimes.jp
終戦直後の日本を舞台に、主人公・坊や哲が麻雀で激動の世を生き抜く様を描いていく。文中に牌活字がしばしば登場するのも特徴だった。
主人公以外にも「ドサ健」、「上州虎」といった個性的な登場人物達が登場し、麻雀の奥深さを演出した。
「麻雀放浪記」第1話の見開き扉ページ

「麻雀放浪記」第1話の見開き扉ページ

今回の新連載は、阿佐田哲也原作、浜田正則構成協力による嶺岸信明の「麻雀放浪記」となっている。
嶺岸は、「ドサ健、哲、出目徳……あの魅力的な男たちを、 どこまで魅力的に描けるか全力で勝負します」と意気込みを語っている。

そして、この連載の題字を記したのは作家の伊集院静。生前の色川さんと交流が深かった伊集院は第1話を読み、コメントをしている。
「第1話の“博才”を読んだが、これは、或る意味“新しい麻雀放浪記”と言えよう。なぜ、あの時代、日本人はあれほどまでにギャンブルを楽しみ、のめり込んだのか? それは誰にも何者かになれるチャンスがあり、誰もがチャンスの前でのたうち回っていたからだろう。一局面の勝者が一人であるように、勝つために魂さえ賭した時代であったからである」

かつての連載当時、麻雀ブームの火付け役となった「麻雀放浪記」。伊集院は「今、『麻雀放浪記』を読み返すことは、現代人に、チャンスの気配を知る鍵を与えるかもしれない」ともコメントしており、読者にとって有益な作品にもなりそうだ。
映画版「麻雀放浪記」

映画版「麻雀放浪記」

1984年に和田誠監督で実写映画化された。
坊や哲役は真田広之、ドサ健役に鹿賀丈史、上州虎役には名古屋章が迎えられた。

麻雀に関連した特集記事

麻雀漫画の必殺技・特殊能力:ムダヅモ無き改革・哲也-雀聖と呼ばれた男・咲-Saki-ほか - Middle Edge(ミドルエッジ)

麻雀漫画の必殺技・特殊能力:ムダヅモ無き改革・哲也-雀聖と呼ばれた男・咲-Saki-ほか - Middle Edge(ミドルエッジ)
麻雀漫画の出演者の驚くべき能力や技の数々を振り返ってみましょう。1975年に日本初の麻雀漫画雑誌『漫画ギャンブルパンチ』が竹書房より創刊され、1970年代後半から1980年代半ばにかけて多数の専門誌が創刊される一方、リニューアルによる誌名変更などもを含めてその多くが休刊に。1990年代に、新創刊の雑誌は若干あるものの、継続して出版するのは竹書房ほぼ一社のみとなっています。盛り上げていきたいところです。

フルアニメーション脱衣シーンにゲーセンが沸いた!『スーパーリアル麻雀』 - Middle Edge(ミドルエッジ)

フルアニメーション脱衣シーンにゲーセンが沸いた!『スーパーリアル麻雀』 - Middle Edge(ミドルエッジ)
1980年代後半、シリーズ2作目のPⅡが大ヒットした脱衣麻雀ゲーム『スーパーリアル麻雀』シリーズ。テレビアニメのように滑らかに動くフルアニメーション脱衣シーンを麻雀ゲームに入れるという画期的な発想により、人気を博し、当時のゲームセンターでは脱衣シーンを見たさに群がる男たちで機体の周りに人だかりができていたほどです。

子供たちが未知の大人の世界へ一歩を踏み出した最初のゲーム。それが任天堂ファミコン「麻雀」 - Middle Edge(ミドルエッジ)

子供たちが未知の大人の世界へ一歩を踏み出した最初のゲーム。それが任天堂ファミコン「麻雀」 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ファミコンをおねだりしても買ってもらえず、友達の家で、肩身の狭い思いをしながら遊んだ記憶はありませんか?そこに登場したのが「麻雀」。ファミコン発売前の子供たちの遊びとゲーム事情、そして子供たちとファミコン、麻雀ゲームとの触れ合いを振り返ってみましょう。

【THEわれめDEポン】芸能人のヒキが半端じゃない!人気麻雀番組を振り返る。 - Middle Edge(ミドルエッジ)

【THEわれめDEポン】芸能人のヒキが半端じゃない!人気麻雀番組を振り返る。 - Middle Edge(ミドルエッジ)
深夜たまたまテレビを見ていてこの番組をやっていると、ラッキーな気分になったわれめdeポン!運の塊な一流芸能人のヒキの強さは凄い!!
12 件
                   

夢の漫画全巻大人買い!【漫画】発行部数ランキングはコチラから!

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

吉田茂も愛飲したスコッチウイスキー『オールドパー』にまつわるコンテストで作品を募集中!

吉田茂も愛飲したスコッチウイスキー『オールドパー』にまつわるコンテストで作品を募集中!

多くの政治家や文化人に愛されてきたオールドパー。今回、MHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社が『オールドパーを愛したニッポンの男たち マイストーリーコンテスト』と題して、オールドパーにまつわるコンテストを一般より募集している。
「Victor」ブランドが復活!自然な音場をヘッドホン再生でリアルに再現する新技術を発表!!

「Victor」ブランドが復活!自然な音場をヘッドホン再生でリアルに再現する新技術を発表!!

今年、旧日本ビクター創立90周年の節目に当たることから、「Victor」ブランドがJVCケンウッドから復活することがわかった。新たに復活する「Victor」ブランドは今後、新技術『EXOFIELD(エクソフィールド)』を搭載した商品を発表していく。
red | 1,077 view
五木寛之の代表作「青春の門」が23年ぶりに連載再開!累計2200万部に迫る大ベストセラー!!

五木寛之の代表作「青春の門」が23年ぶりに連載再開!累計2200万部に迫る大ベストセラー!!

1969年に「週刊現代」で連載を開始し、94年まで続いた作家、五木寛之の代表作「青春の門」が中断から23年ぶりに連載が再開。23日に発売の週刊誌「週刊現代」で掲載が始まっている。1961年のシベリアを舞台にした「第九部 漂流篇」が描かれる。
さだまさしが「和風PPAP」を発表!しかも再生回数が150万回を突破する勢い!!

さだまさしが「和風PPAP」を発表!しかも再生回数が150万回を突破する勢い!!

シンガーソングライターのさだまさしが1月1日、自身のYouTubeチャンネル「さだまさしオフィシャルYouTubeチャンネル」に「PPAP」の和風アレンジバージョンを公開し、再生回数が約150万回を記録している。
元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどで作詞家・松本隆の“幻の対談集”が復活、Web公開中の人気対談も初書籍化し、2017年1月10日(火)に『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』と『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』の2タイトルが同時発売されることが決定した。
red | 183 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事