もはや伝統芸能とさえ呼ばれている「ダチョウ倶楽部」について。
2017年1月23日 更新

もはや伝統芸能とさえ呼ばれている「ダチョウ倶楽部」について。

いまや出川哲朗と双璧を成す「リアクション芸人」の大御所、ダチョウ倶楽部。誰もが知るそのマンネリ芸はもはや「ウケる」「ウケない」は問題でなく、伝統芸能とさえ称されることがある。

21,762 view

リアクション芸の雄!!

お笑い芸人の真髄!これがリアクションだ!! - YouTube

ダチョウ倶楽部

出川哲朗と双璧をなすリアクション芸人

出川哲朗と双璧をなすリアクション芸人

出川哲朗らと並んで、俗に言う「リアクション芸人」の代表格。
肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵の3人からなる。様々な持ちネタが特徴。
デビュー当時は4人組で南部 虎弾(現、電撃ネットワーク)がリーダー。
ダチョウ倶楽部の伝統芸能の数々を、改めてみていきましょう。

「聞いてないよォ」

「聞いてないよォ」

「聞いてないよォ」

彼らを一躍スターダムに押し上げた「お笑いウルトラクイズ」で生まれたギャグ。

最初は本当にこれから行われる企画をまったく聞いておらず、その企画で受けたあまりに過酷な仕打ちから、寺門が「聞いてないよォ」とポロリと言ったことから生まれた。

その後、同番組で受ける企画がどんどん過激かつ過酷になるにつれて、本当にケガなどしたら危ないということで企画会議の段階から参加するようになったといわれる。

よって、定番化した頃にはあらかじめ知っていたのに3人が声を揃えて白々しく吐くギャグとして認知されるようになった。一世風靡したこのギャグだが、現在はあまり披露されていない。

「織田信長」(高橋英樹主演)への客演時にも、出演シーン(長篠の戦いに際し野戦築城の材を担いで行軍する場面)での台詞に反映されている。

「俺は絶対やらないぞ!お前やらないの?じゃあ俺がやるよ!いやここは俺がやるよ!・・・じゃあ俺がやるよ。どうぞどうぞ!」

10 「俺は絶対やらないぞ!お前やらないの?じゃあ俺が...

10 「俺は絶対やらないぞ!お前やらないの?じゃあ俺がやるよ!いやここは俺がやるよ!・・・じゃあ俺がやるよ。どうぞどうぞ!」

熱いおでんを食べるなどの過酷な企画を誰がやるか決める時のギャグ。「ナイナイナ」(テレビ朝日)の企画で偶発的に生まれたものである。

逆さバンジージャンプなどのスタントをやる人を決める際、ナインティナイン・石塚英彦らとともにこのギャグを演じる。当時はいわば「ナイナイナ」限定のギャグだったが、「ナイナイナ」終了後は他の芸人とも一緒にやるようになった。

また上島の代表的な芸として認知されているため、上島しかいない場合でも他の芸人やタレントから彼に対して振られることもしばしばある。

たまに「俺は絶対やらない」の代わりに「俺は○○じゃない」(○○には人物名が入ることが多い)というフレーズを使い、その後同じような流れでいったために最後の「どうぞどうぞ」がかなり不自然な形になり、上島が「使い方が違う!」とキレる変形パターンも披露している。

ダチョウ倶楽部のメンバー以外との絡みでよく発生する展開である。

「訴えてやる!」

「訴えてやる!」

「訴えてやる!」

上島がキレて床に帽子を叩き付けた後、指を指しながら吐き出す台詞。バリエーションに、「告訴するぞ!」がある。

このギャグも「聞いてないよォ」と同様に一世風靡したギャグだが、近年は上島が自身のネタ紹介的に披露する程度。

キレてから帽子を取り出し、一度被ってから行うパターンや、なぜかこのギャグを長く引っ張って出し惜しみするというパターンもあり。

「(肥後と寺門)テレビテレビ!カメラ回ってる!!(三人)すいません、取り乱しました」

「(肥後と寺門)テレビテレビ!カメラ回ってる!!(三人...

「(肥後と寺門)テレビテレビ!カメラ回ってる!!(三人)すいません、取り乱しました」

「訴えてやる!」とのコンボで使う。これでその場をまるく収める。肥後と寺門が突っ込む前に上島が自分で「すみません」と納めて自己完結するというパターンもある。

「クルリンパ」

「クルリンパ」

「クルリンパ」

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,481 view
電撃ネットワークの南部が抜けてから30年!ダチョウ倶楽部が4人目のメンバーを募集中!?

電撃ネットワークの南部が抜けてから30年!ダチョウ倶楽部が4人目のメンバーを募集中!?

株式会社360Channelは、360度動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)にて、ダチョウ倶楽部の伝統芸を体験できる新チャンネル「求む!4人目のダチョウ倶楽部」を配信している。ゴムパッチン、熱々おでん、熱湯風呂などが体験可能!
これでサソリやピラニアを飲み込んでも安心!?電撃ネットワークの南部虎弾(67)、腎臓移植手術に見事成功!!

これでサソリやピラニアを飲み込んでも安心!?電撃ネットワークの南部虎弾(67)、腎臓移植手術に見事成功!!

過激なパフォーマンスで有名な「電撃ネットワーク」のリーダー、南部虎弾(67)が都内の病院で腎臓移植手術を受け、無事に成功したと自身のツイッターで報告しました。
隣人速報 | 491 view
【訃報】「お色気医事漫談」で人気を博したケーシー高峰さん死去。

【訃報】「お色気医事漫談」で人気を博したケーシー高峰さん死去。

衣姿と黒板をトレードマークとした“お色気医事漫談”で人気を博した、タレントのケーシー高峰さんが肺気腫のため福島県いわき市内の病院で死去しました。85歳でした。
隣人速報 | 1,000 view
男女の愛憎劇?金銭トラブル?昭和末期の怪事件「モノマネ芸人・佐々木つとむ殺害事件」とは?

男女の愛憎劇?金銭トラブル?昭和末期の怪事件「モノマネ芸人・佐々木つとむ殺害事件」とは?

皆さんは「佐々木つとむ」というタレントを覚えていますでしょうか?70年代から80年代にかけて一世を風靡したお笑い芸人で「元祖ものまね四天王」とも呼ばれていました。この記事では、そんな彼が1987年に殺害された事件に焦点を当てたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト