姫TVのコーナー「クイズタイム小学生」がエロ過ぎた!
2020年2月26日 更新

姫TVのコーナー「クイズタイム小学生」がエロ過ぎた!

2,136 view

「クイズタイム小学生」とは

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110123944 (11371)

姫TVOP2種類

OPの自問のシーンが実に哲学的ですね。

・・・人前での明るさは嘘かもしれない
・・・今まで人を愛したことがないのかもしれない

といった、哲学的な問いかけの最後に

そんな僕だからー
           姫TV。


とても意味深な問いかけの後に、エロ番組のタイトルかいっ!!


と、突っ込みたいのですが、その問いかけに違わず番組内容は前衛的な(当時流行った不条理ギャグ?)コントが多く放送されてました。

しかし、そんなのは中学生だった私にはどうでもよく、お楽しみ中のお楽しみは、名物コーナー

クイズ!タイム小学生
だったわけです。                
どんなクイズかと言いますと、写真見たほうが早い。
これはネットの拾い物ですが、こんな感じでした。
イメージ 1
     
クイズに外れると一枚一枚、白い板が外され最後はスッポンポンになると言う、中学生だった私は「後1枚!後1枚!」と心の中で叫びながら見てました。
同じくテレビ朝日で放送されていた『クイズタイムショック』のパロディコーナー。このコーナーでは女性の解答者(主にAV女優)が服を全部脱ぎ、体を隠す白いパネルの後に立つ。そして、司会者(ブッチャーブラザーズのリッキー)が出題する小学校レベルのクイズに答えていた。問題は13問で、7問以上答えられたらブランド物の時計などのプレゼントが貰えるが、答えを間違えると7枚あるパネルを1枚ずつ剥がされていく。パネルが無くなると全裸姿になり、クイズ終了。当初は一問でパネルが2枚外され、4回間違えると全裸にされていた。
クリアすると、中学生レベルの「クイズタイム中学生」へステップアップできた。こちらの問題はクイズタイム小学生に比べて桁違いに難しく、一問も答えられずに終わるケースが非常に多かった。最終回では、最後の1枚が剥がされるシーンを連続フラッシュで放送した。
クイズタイムショック

クイズタイムショック

 (1718966)

 (1564024)

姫TVとは

『姫TV』(ひめテレビ)は、1988年秋から1993年までテレビ朝日で放送されていたホリプロ制作のバラエティ番組である。

姫TV オープニングとエンディングだけ - YouTube

バブル期、知る人ぞ知る秘密の深夜番組 番組末期の頃のオープニングとエンディングです。 殿方は見ては成りませぬ!
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
名言・珍言!7年間、観る者に恐怖と興奮を与え続けた「水曜スペシャル『川口浩探検隊シリーズ』」全49回の、あまりに秀逸な番組タイトルをチェック!!

名言・珍言!7年間、観る者に恐怖と興奮を与え続けた「水曜スペシャル『川口浩探検隊シリーズ』」全49回の、あまりに秀逸な番組タイトルをチェック!!

”番組タイトルそのものが名言”、水曜スペシャル「川口浩探検隊シリーズ」にはそんな言葉が当てはまるであろう。後に「やらせ」問題などで終了した同シリーズ、しかしながら1970年代後半~1980年代前半、水曜スペシャルといえば川口浩探検隊と、多くの少年少女が恐怖と興奮の入り混じった感覚で思っていた。そんな私たちの好奇心、冒険心、恐怖心を搔き立てた重大要素の一つ「番組タイトル」について一気に読み返してみたいと思う。
青春の握り拳 | 140,756 view
【20連発】ツイッターに集まっている「#40代あるある」で、思わずグッときたことをまとめてご紹介。

【20連発】ツイッターに集まっている「#40代あるある」で、思わずグッときたことをまとめてご紹介。

ミドルエッジをみて「懐かし~」なんて口遊んでいる私たちは、その多くが40代以上ではないかと思われます。そんな私たちの世代ですが、最近はテレビなどで特集されることもよくあります。最近もテレビ朝日「中居正広のミになる図書館」で「40代あるある」特集が盛り上がっていました。そこでツイッターでも流行っている「#40代あるある」から、共感してしまうネタをいくつかご紹介します。
青春の握り拳 | 48,677 view
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 96,317 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト