2015年12月2日 更新

学生カバンは薄さが命!1970〜1980年代☆チョンバッグ☆豚カバン

鞄潰しが流行り、学生カバンは薄くて、細いほどカッコよかった。1970〜1980年代、ツッパリ・ヤンキー、いわゆる当時の不良に支持されたチョンバッグについて調べてみました。

56,896 view

学生カバンを潰す、鞄潰しが流行した。1970〜1980年代

黒い革の学生カバンって何年ごろを境に使われなくなったくでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/walnut20596/8869179.html (821902)

女子は学生カバンには、ぬいぐるみのマスコット、キーホルダーや単語カードをついてませんでしたか?
70年代あたりから、キティちゃんをはじめサンリオグッツがブレイクし始めました。

学生カバンの色は、女子は紺色、男子は黒でした?
鍵の上に校章のマーク入りの学校指定カバンもありました。
学生カバンの潰し方を教えて下さい!!
薄い学生カバンを持つのが流行っていた。

薄い学生カバンを持つのが流行っていた。

学生カバンを自分で潰す。鞄潰しは、お湯入れて、革を柔らかくして重石で潰します。
(お湯で潰せるのは本革のカバンだけです。)
湯が熱すぎて、皮が縮んでしまった、昭和の学生鞄…

広がらないように底に穴を開け、安全ピンや糸で縛る技等もありましたね。
「鞄潰し」が取り持つ、昭和の交流

「鞄潰し」が取り持つ、昭和の交流

鞄潰しで、10センチ以上の厚さのあった学生カバンが、
5センチ以下に潰れる。
「鞄潰し」のきっかけは、「先輩にすすめられた」という人もいる。
鞄潰しが上手いと、他の学生のカバンの潰しを依頼されることもあった。

ヤンキー・ツッパリ、いわゆる当時の不良の学生カバン

いわゆる当時の不良と学生カバン

いわゆる当時の不良と学生カバン

服装の乱れは心の乱れ、不良化は服装から・・・

昭和の不良はわかりやすかった。

リーゼント(茶髪、パーマ)の、お姉さん、パンチパーマのお兄さんも出没!!

鞄潰しや置き勉、校則違反が問題になり、カバンの検査が行われた。「カバンの薄さは、知能(知識)の薄さ」社会現象になりました。

鞄潰は、1990年代後半にほぼ絶滅したようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/over_the_rainbow222/17207583.html (821908)

みごと、ぺちゃんこに潰した学生カバン、学生カバン。お守り付。
お守りは修学旅行のお土産の定番。

70~80年の不良少女、ツッパリの間ではバッグの裏側にカバンに永ちゃん(矢沢永吉)や族(暴走族)のステッカーをはるのが流行しました。
豚カバン?

豚カバン?

豚カバン&標準(に近い中ラン)
マチの太いカバンはブタカバンと呼ばれた。
ツッパリのお兄さんの学生カバン

ツッパリのお兄さんの学生カバン

変形セミ短ランを着て、学生カバンをクラッチカバンのように小脇にかかえる、もちかた、チョイ粋な雰囲気です。

チョンバッグは、いわゆる不良スタイルの学生カバンの元祖だった

ヤンキーのお兄さんの学生カバン

ヤンキーのお兄さんの学生カバン

短ラン+潰した改造学生カバン。特性持ち手付

芯抜きして薄く潰し、持ち手に赤テープを巻いた。改造学生カバン。なつかしいですね。

もち手に巻いたテープの色にも意味があり。
赤テープは喧嘩売ります、白テープは喧嘩買います。
赤は番長(不良グループの頭~懐かしい言葉ですね)その他は白テープ。等のローカルルールも存在しました。

1981年に発売された横浜銀蠅の『ツッパリハイスクールロックンロール(登校編)の歌詞に、「ヨーラン背負ってリーゼント」「タイマンはりましょ赤テープ同士で」というの一節があります。



チョンバックは憧れの学生カバンだった

ファッション文化とのひとつ、チョンバック

ファッション文化とのひとつ、チョンバック

マチがほとんどないような極めて薄く軽い手提げ鞄

チョンバックに似ている。昭和のチョン高のバッグにはファスナーの脇にポケットがありませんでしたか?

チョンバックは柔らかそうな皮革製で、持ち手が長く腕にかけて持てる。
1970年代に〈チョン・バッグ〉というのがあった。朝鮮高校の鞄というのは普通の学生鞄ではなくて、サラリーマンのビジネス・バッグみたいなデザインで、〈チョン・バッグ〉と呼ばれていた。この呼び方を差別的だと一概に決めつけることはできないだろう。というのも、ヤンキー文化圏*2において、朝鮮高校というのは先ず何よりも強いというイメージがあって、その強さの象徴である〈チョン・バッグ〉を(朝鮮高校でもないのに)持ち歩くとというファッションが存在した。

最後に、ベールに包まれた本物のチョンバッグについて

地方によっては普通の学生カバンの芯を抜いてペタンコに改造することをチョンバックにすると言うようである。
そんなバックの持ち手にテープを巻くのが80年代のスタイル。

70年代の

チョンバックはどこに売っているのか?
本物のチョンバック(朝鮮高校の校章入り)の存在。
「オウチョン」といわれた、茶色い(黄土色)チョンバックとは。

当時の本物のチョンバックは、
チョンバックマニアの間では、プレミアがつき、
20~30万円の高値で売買されることもあるという。

22 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【中高生時代の持ち物検査】持ち物からわかる、あなたのツッパリ度チェック!

【中高生時代の持ち物検査】持ち物からわかる、あなたのツッパリ度チェック!

あなたがかつて中高生だった頃、学校へはどんなものを身に付けたり持ち歩いたりしていましたか?持ち物からわかる、あなたのツッパリ度チェック!「さあ昔の持ち物検査はじめるぞ~!」(先生風に)
あるのん | 69,329 view
ビー・バップ・ハイスクール!!出演者のその後を追ってみた!!

ビー・バップ・ハイスクール!!出演者のその後を追ってみた!!

85年に映画化されたビーバップハイスクールの出演者のその後が気になり、色々と調べてみました。
ギャング | 409,180 view
70年後半~90年代『ヤンキーファッション』ジャージ編!!

70年後半~90年代『ヤンキーファッション』ジャージ編!!

今の時代でもヤンキーはジャージ好きですが、今みたくお洒落ジャージが無い時代の70年後半~90年代に流行ったジャージはどうだったのでしょう、まとめてみました。
ギャング | 15,935 view
ヤンチャ少年が大好きだった『ヒョウ柄』数々!!

ヤンチャ少年が大好きだった『ヒョウ柄』数々!!

70年代後半位~ヤンチャ少年の間でやたらと『ヒョウ柄』が流行りだしました。部屋のインテリアや家具・テレビまでも『ヒョウ柄』に改造したりと、今では進化し家や重機まで『ヒョウ柄』にする人が出てきています。色々な珍しい物を集めてみました。
ギャング | 2,114 view
【シャコタン☆ブギ】主な登場人物とその愛車を振り返る。1987年に東映系にて公開された実写映画作品も懐かしい!!

【シャコタン☆ブギ】主な登場人物とその愛車を振り返る。1987年に東映系にて公開された実写映画作品も懐かしい!!

四国の地方都市を舞台にしたクルマとナンパに明け暮れる高校生のストーリー漫画、そして1987年に東映系にて公開された実写映画作品も忘れられないですね。
M.E. | 94,808 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト