オバケのQ太郎~懐かし映像~
2015年9月15日 更新

オバケのQ太郎~懐かし映像~

1960年代から1988年代まで人気だった「オバケのQ太郎」。突然の長期絶版が決まりテレビ等で見ることがなくなりましたが、懐かしい映像を見つけてきました!

13,384 view

おばけのQ太郎とは?

ごく普通の家庭に住み着いた、1匹の間の抜けたオバケが引き起こす騒動を面白おかしく描いた藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、藤子漫画の代表作の一つ。
『オバQ』と省略されて呼ばれることも多い。
コミック版の作画にはスタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎らが手伝っているほか、3度にわたってアニメ化されたりと当時オバQブームと呼ばれる社会現象を巻き起こし、それまでシリアス志向の強い作品が多かった藤子漫画は、これを機に『ギャグ漫画の藤子不二雄』として広く認知されるようになっていく。
【Q太郎】

【Q太郎】

竹藪で生まれたオバケ。
大原家に居候しいつも正太と行動を共にしている。
大飯食らいでお人よし、鈍くさくて頭はあまり良くないが繊細で落ち込んだり傷ついたりすると時々家出を企てる。しかし腹を空かせるなどの理由であっさり帰って来ることが多い。

身長111センチ。最高時速40km、一度に50kmまで飛べる。
姿を自在に消す・壁を抜ける・力も割と強い・口の中に何でも放り込む・動物と会話ができるという特技を持つ。
変身だけは苦手で靴になることくらいが限度らしい。
(一部引用;wikipedia)
【P子】

【P子】

Q太郎の妹。オバケの世界から人間界へ留学、河合家に居候している聡明で可憐なオバケ。
Q太郎より頭の出来が良く、化けるのも得意で「グロな化け方」も可能。料理や裁縫は苦手で、ジェンダーに無頓着なところがある(ユカリに自分の役立ちようをアピールする際、「自分が暴漢に化けてボーイフレンドを脅し、ユカリが助けて仲を深める」策を提案するなど)。
姿は白の上半身にチェックのスカート、頭の毛は1本で蝶型の飾りを付けている。身長はO次郎とほぼ同じ。
(一部引用:wilipedia)
【O次郎】

【O次郎】

P子の弟で『新オバケのQ太郎』で登場したキャラクター。オバケの国へ一度帰っていったQ太郎が、再び人間界へ戻って来た際に連れてきた。
Q太郎とともに大原家に居候している。赤ん坊のオバケなので、「バケラッタ」しか言えないが、「ナニラッタ?」「バカラッタ!」「ダメラッタ」「アホラッタ」など、多少のバリエーションがある。このため、意思伝達にはQ太郎の翻訳が必要。
大原家の人々がQ太郎から「バケラッタ」ごとのニュアンスの違いを教わるエピソードがある。また「ボム!」または「パァ!」と叫ぶことで目の前のあらゆる物を爆発させる特技の持ち主。
(一部引用:wikipedia)
【U子】

【U子】

人間の世界に憧れてやって来て、小泉家に居候しているおてんば娘のオバケ。
柔道に入れ込んでいるが、がさつで乱暴で家事が一切できない。
Q太郎が好意を寄せているが、逢うたびにQ太郎を柔道の稽古相手にしたり家事を任せてしまっている。内心ではQ太郎に想いを寄せている部分も。
ギャング映画を愛好したり足で襖を開ける、茶道を習いに行った席でシェーをしてふざける、箏をエレキギターのように弾いたりするなど、典雅、可憐に対する理解がない。
太ることを著しく気にしており、それを指摘されると烈火の如く怒りを現にする。化けることもできるが余り上手ではない。また歌も下手である。
(一部引用:wikipedia)
【ドロンパ】

【ドロンパ】

アメリカ・テキサス出身のオバケで、神成家に居候している。
頭が良くて運動神経がいい上、さまざまな物・人に化けられる。いつもQ太郎のことをバカにしている。
少々ニヒルなひねくれ者だが、実際は寂しがり屋で心優しい。Q太郎がオバケの国へ帰っていた時期には、Q太郎に化けて悪戯をしていたこともあった。
体は薄桃色の一体型で、Q太郎と異なり脚もきちんと分かれている。お腹にある赤い星型(脱着可能)が能力の源。一度、その星型が危うくなったことがあったが、Q太郎によって取り返された。
登場オバケの中で唯一、犬を苦手としないが、糠味噌[13]やたくあん[14]の匂いが大の苦手。好物はハンバーガー。
P子に思いを寄せているが、デートの際には、P子の身を案ずるQ太郎に、いつも邪魔されている。
(一部引用:wikipedia)
出典 neoapo.com

オバQ x パーマン - YouTube

アニメ(1960年代)の最終回の一部。
パーマンが登場しています!

オープニングの変遷

オバケのQ太郎(Obake No Q Tarou) OP - YouTube

ObaQ OP - YouTube

Obake no Q-taro 80's OP - YouTube

エンディングの変遷

アニソン オバケのQ太郎 初代 ED - YouTube

ObaQ ED - YouTube

【昭和TV】BELIEVE ME(「オバケのQ太郎」ED Full) - YouTube

OP・ED以外の歌や映像

オバQかぞえ歌 曽我町子 - YouTube

【曽我町子】オバQクリスマス - YouTube

ファミコン オバケのQ太郎(1/12) - YouTube

ファミコンのゲームもありました!知らなかった!!

1985年12月16日、バンダイより発売。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?脳科学者が「ドラえもんのドンジャラは脳を鍛える!」とお墨付きを与えたと話題に!!

ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?脳科学者が「ドラえもんのドンジャラは脳を鍛える!」とお墨付きを与えたと話題に!!

ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?このたび、現在販売中のドラえもんの絵合わせゲーム『ドンジャラドラえもん1000000(ミリオン)』が東北大学加齢医学研究所教授・川島隆太博士より、脳科学の見地から「遊べば遊ぶほど脳を鍛えるボードゲームである」と推奨されたと話題になっています。
隣人速報 | 512 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.20  第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.20 第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
ドラえもんシリーズ みんなが選んだ『感動作品№1』【帰ってきたドラえもん】

ドラえもんシリーズ みんなが選んだ『感動作品№1』【帰ってきたドラえもん】

1998年、映画ドラえもんのび太の南海大冒険」と同時公開された作品。てんとう虫コミックス第6・7巻【帰ってきたドラえもん】をアニメ化した感動作品!別れを告げるときのドラえもんと安心して帰れるように送り出そうと奮闘するのび太の姿に涙腺崩壊。
ローズリー | 3,120 view
パーマンに登場する身代わりの道具『コピーロボット』が3月上旬に発売!!

パーマンに登場する身代わりの道具『コピーロボット』が3月上旬に発売!!

藤子・F・不二雄による名作マンガで誕生50周年を迎える「パーマン」。同作に登場する、パーマンが正体を隠すために使用する道具『コピーロボット』が立体化され、3月上旬に発売される事が分かった。4色が2タイプある全8種での発売。
機械音が特徴的な『はじめてのチュウ』架空の歌手あんしんパパの正体とは!?

機械音が特徴的な『はじめてのチュウ』架空の歌手あんしんパパの正体とは!?

謎の架空歌手・あんしんパパが歌う『はじめてのチュウ』。キテレツ大百科のテーマソングに起用された。あの独特な機械音のような歌声が耳に残るアニメソングだ。また、ハイスタ等のミュージシャンに数多くカバーされている名曲でもある。
ひで語録 | 9,791 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト