2016年9月22日 更新

沢田研二くらいありとあらゆる「日本で初めて」をやり尽くしたひとはいない!

沢田研二は本当にあらゆる前衛と冒険と先取りを平然とやってのけてきた。これほど「日本で初めて」をやり尽くしたひともいないだろう。ジュリーを演じ、歩いてきた王道をたどってまます。

18,371 view
http://ticketcamp.net/live-blog/wp-content/uploads/sites/3/2014/01/pic9_6.jpeg (1266192)

沢田 研二   
本名、澤田 研二  1948年6月25日生まれ
日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。
ニックネームはジュリー。
鳥取県鳥取市生まれ、京都府京都市育ち。
妻は女優の田中裕子。
前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。

1960年代後半のグループサウンズ全盛期から活躍し、特に1970年代から1980年代前半にかけてはスーパースターとして日本のポップス界を牽引した。ソロとしてのシングル総売上は1,239万枚(1982 - 1991年の9年間は歴代1位の座を保つ)。ザ・タイガース、PYG時代を含めると1,666万枚になる。

1967年2月5日「ザ・タイガース」のリードボーカルとしてデビュー

1967年2月5日にシングル「僕のマリー」でデビュー
セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」で人気爆発、続く「モナリザの微笑」、そして「君だけに愛を」で一気にグループ・サウンズ (GS) の頂点へと躍り出る。とりわけ端整な美貌の持ち主である沢田は、一躍国民的アイドルとなった。

タイガース時代の衣装は当時の新進気鋭のデザイナー、コシノジュンコさんが担当していた。

ジュンコさんにしては地味かも

ジュンコさんにしては地味かも

http://town.zaq.ne.jp/p/k5gvy47ydcetj5ntoskj_320_244-a964b26b.jpg (1266197)

http://town.zaq.ne.jp/zaq/zaqtop/0015001-0016000/0015031/album/0000001/2.jpg (1266198)

胸のロゴが ブティック コシノ ジュンコ

胸のロゴが ブティック コシノ ジュンコ

タイガースの衣装だけではなく、ジュリーが正真正銘の間違いなく「ジュンコ・コシノ」を私服でも着ていた。
NHKの朝の連続ドラマで「カーネーション」というドラマがありましたが、そのドラマの中でコシノジュンコさんとジュリーがモデルとなったシーンがあった。
http://96sheep.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/02/27/nec_0289.jpg (1266201)

番組冒頭で「シ・ーシ・ーシー」が流れ、ジュリーを彷彿とさせる『ジョニー』とやらが直子(コシノジュンコさん)の店を訪れるシーンでは「スマイルフォーミー」が流れました
1960年代後半のグループサウンズ全盛期から活躍し、特に1970年代から1980年代前半にかけてはスーパースターとして日本のポップス界を牽引した。

1968年8月12日にザ・タイガースが後楽園球場で開催した「真夏の夜の祭典」は、日本で初めてのスタジアムコンサート

http://aldy.m78.com/room1/topo/pict10_3.jpeg (1266204)

『ローリング・ストーン』 (Vol.28) の表紙に!日本のアーティストが現れたのは彼らが最初で最後

米国「ローリングストーン (Rolling Stone...

米国「ローリングストーン (Rolling Stone)」の第28号の表紙

1969年3月1日、アメリカで最も歴史があり権威ある音楽雑誌、米国「ローリングストーン (Rolling Stone)」の第28号で表紙を飾った、ザ・タイガースの沢田研二と岸部シロー。デザイナーはナオコ・ラッシュ (Naoko Lash)
1969年3月1日、アメリカの音楽雑誌の中でも歴史が長く、最も権威ある音楽雑誌のひとつ『ローリング・ストーン』 (Vol.28) の表紙に登場。日本版が刊行される前の同誌において、日本人が表紙を飾ったのは、これが最初で最後だった。

日本人として初の日本武道館単独公演

http://arutein.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/01/26/tora115.jpg (1266209)

1971年1月24日、日本武道館で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」で解散。

ソロになってからのジュリーがスゴイ!

1973年4月21日発売の「危険なふたり」が65万枚を...

1973年4月21日発売の「危険なふたり」が65万枚を売り上げソロ初のオリコン1位を獲得。

第4回日本歌謡大賞を受賞(歌謡大賞歴代視聴率最高の47.4%を記録)。
53 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本音楽シーンの生けるレジェンド。その名は沢田研二。

日本音楽シーンの生けるレジェンド。その名は沢田研二。

沢田研二ことジュリーは、1960年代、70年、80年代をトップアイドル、トップスターとして駆け抜けた稀代のアーティストです。日本の音楽シーンを牽引しながら多大なる影響を及ぼした彼の活躍を振り返ります!
t.yoshidati | 3,674 view
今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。
gogo-one | 499 view
西城秀樹『FNS歌謡祭』に26年ぶり出演!7日にヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を披露!!

西城秀樹『FNS歌謡祭』に26年ぶり出演!7日にヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を披露!!

歌手の西城秀樹が、フジテレビ系大型音楽特番『2016FNS歌謡祭 第1夜』に出演することがわかった。同番組に西城が出演するのは26年ぶりとなる。今回、自身のヒット曲でもある「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を12月7日に披露する。
red | 792 view
90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

80年代後半から00年代前半まで、コンスタントに11枚のオリジナルアルバムをリリースしたシンガーソングライター。当時は数々のTV番組やCMとのタイアップすることも多く、彼の楽曲を耳にする機会が多かった『陣内大蔵』についてご紹介します。
gogo-one | 928 view
名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」

名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」

1984年に代表曲「そして僕は途方に暮れる」を世に送り出したシンガー。リリース以降、多くのアーティストに歌い継がれています。他にもさまざまなアーティストに楽曲を提供する大沢誉志幸のメロディーメーカーな部分も一緒に彼をご紹介します。
gogo-one | 4,139 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能