東京新名所となった「ジュリアナ東京」は今... あれって田町だったの?
2015年11月10日 更新

東京新名所となった「ジュリアナ東京」は今... あれって田町だったの?

「ジュリアナ東京」は、1991年5月から1994年8月までウォーターフロントと呼ばれた東京都港区芝浦に「ジュリアナ東京ブーム」を築いた伝説のディスコです。ボディコンの女性が集まり羽付の扇「ジュリ扇」を煽ぎながら「お立ち台」で踊る光景が一世を風靡しました。

19,309 view
1990年代前半、走馬灯のように美しく、はかなく輝いた「ジュリアナ東京」。何が彼女たちを「お立ち台」に駆り立て、扇を振りながら踊らせたのか... 「ジュリアナ東京」は閉まっても、その映像、音楽は今も多くの人の脳裏に焼き付いています。

あの広大な場所、ディスコは今?

チャンと調べてくれた人が居るのですね。さすが地元の新聞社です!

では、ソフト面で、あの「ジュリアナ東京」の音楽は、その後の日本の音楽に影響を与えたのでしょうか?

何処となくお祭りのような、阿波踊りのようなリズム...僕は嫌いじゃなかったけど...
きらびやかで、みんな楽しそうで、やたら豪華で、その一方少し淫靡なその「ジュリアナ」という響きは、私の妄想上では大きく膨れ上がり、遂にはこんな文章まで書くに至ってしまった。
http://livedoor.blogimg.jp/okaji2031/imgs/3/c/3c1a0361.jpg (1104233)

ジュリアナテクノとは(音楽面から見て)

まず初めに、「ジュリアナテクノ」という言い方は当然日本だけのものであり、一般にはこれらの音楽を「ハードコアテクノ」とか、この前の第3次ブームの時には「ハイパーテクノ」などと呼んでいた。つまり、「ちゃんとしたテクノのジャンル」なのだ。これらの音楽は日本のみならず、当時のニューヨークやロンドンのクラブでも大ヒットしており、ブームになる以前の日本ではマニアックなテクノリスナーやDJなどが聞くようなジャンルだった。
そう考えると、アーティスト達がブームの犠牲になった感が強い。
そして、ジュリアナをリアルタイムで体験していない私にとってココで何があろうとも取り上げねばならないCD、それはAVEXから発売された「JULIANA'S TOKYO」シリーズだ。
偉大すぎるこのコンピレーションアルバムは、悲しいかなどこの中古CDショップでも必ず300円以下でゲットすることができる。お薦めはVOL 5。93年発売の所謂ジュリアナが一番熱かった時代の空気を感じ取ることが出来よう。
やはり、音楽的にもマイルストーンとしてインパクトがあったのですね♭

そこでの踊りは?後世に影響があったのか?

http://livedoor.blogimg.jp/okaji2031/imgs/a/b/abe7b726.jpg (1104236)

さて、それでは「ジュリアナ東京」での典型的踊り方は、その後の日本のダンス界にインパクトがあったのでしょうか?
VIPルームの顧客にのみ配られた紫色のロゴ入り扇子を、女性客が持ったままお立ち台で踊ったのを真似たのが始まりとされるが、その後羽根つき扇子が導入されパワーアップして行った。「ロゴ入り扇子」や「羽根つき扇子(羽根扇やジュリ扇[5])とボディコンでハードコア・テクノやパラパラに乗って同じ踊りを踊る」というスタイルは地方の新興ディスコにも波及し、「盆踊りが現代に復活した」とも言われた。
なるほど、なるほど...

Anime Odori Para-Para J-Pop Br - YouTube

そうそう、扇はないけれど、踊り方とリズムが似ているような...♬
J-Popの中でも脈々と生きているのですね!
営業最終日は無料開放となり、閉店を惜しむファンが全国から詰め掛けた。数千人収容できるホールにも入りきらず、入場待ち列が田町駅まで続くほどで、翌日昼過ぎまでアンコールの声が続いた。
建物でも、スーパーでも、多くのお客に愛された場所は、閉店日や閉鎖時に多くの人によって涙ながらに見送られる。シャッターが降りる間も、降りた後もすすり泣く声が聞こえたりする。
しかし、日本のディスコの中で、閉店時にこれだけ店を惜しむお客に囲まれた所は数少ないのでは...

その後のあの人は? あの場所は?

ジュリアナ東京の仕掛人で
当時日商岩井社員だった「折原氏」は
退社後六本木「ヴェルファーレ」でも
成功し、グッドウィルグループ会長としても
マスコミに騒がれたのでご存知の方も多いのでは?!
http://livedoor.blogimg.jp/shibapochi_kazu/3d20db94.JPG (1104243)

企画がベルファーレの人と同じだったの? あの頃どうりであの頃は大規模なディスコが増えましたねー そして‟club”へと移行したのかなー

そしてあの場所は...

まず、そもそもジュリアナ東京があったビルの場所はどこなのか。
住所は港区芝浦1-13-10。田町駅東口(芝浦口)から徒歩約7分の場所にあります。
というより、読者のみなさんにはボウリング場の「東京ポートボウル」が入っているビルと言ったほうが早いかもしれません。
http://tamatch.com/wp-content/uploads/2014/09/0010.jpg (1104246)

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マハラジャ六本木でバブルなイベント開催!元C.C.ガールズの青田典子がバブル風ファッションで登場!!

マハラジャ六本木でバブルなイベント開催!元C.C.ガールズの青田典子がバブル風ファッションで登場!!

オットージャパン株式会社が展開する40~50代女性向けのアパレルブランド「Otto(オットー)」がディスコ「マハラジャ六本木」と共同開発したコラボアイテムのお披露目イベントが、11月8日にマハラジャ六本木で開催されました。
隣人速報 | 1,053 view
あのジュリアナ東京がまさかの復活!みずほ総研の「とんでも予想」で昨年予想されていた!

あのジュリアナ東京がまさかの復活!みずほ総研の「とんでも予想」で昨年予想されていた!

ミドルエッジ世代の女子たちの憧れ「ジュリアナ東京」が、なんと大阪で復活することが明らかとなりました。タンスの奥底に眠っていたジュリ扇をお立ち台で振り回す機会がついに訪れる!?
隣人速報 | 3,389 view
ロゴ入りトレーナーが流行した六本木の伝説のディスコ「BIO」がブランド化!Tシャツなどのアイテムが続々登場!

ロゴ入りトレーナーが流行した六本木の伝説のディスコ「BIO」がブランド化!Tシャツなどのアイテムが続々登場!

ロゴ入りトレーナーが大流行したことでも有名な80年代のディスコ「BIO」が新ブランドとして蘇る!株式会社オプティは、新ブランド「BIO」を立ち上げ、Tシャツやパーカーなどの販売を開始しました。
隣人速報 | 501 view
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 2,278 view
女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 488 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト