「コミックボンボン」が約8年ぶりに“復活”ボンボンと言えば『プラモ狂四郎』でしょ!
2015年9月16日 更新

「コミックボンボン」が約8年ぶりに“復活”ボンボンと言えば『プラモ狂四郎』でしょ!

コロコロ派とボンボン派で全面戦争が行われていた小学生時代。数少ないボンボン派は劣勢に立たされていた・・・ そんな「コミックボンボン」復活のニュースに合わせて『プラモ狂四郎』をもう一度!!

32,692 view
2007年に惜しまれつつ廃刊となってしまった「コミックボンボン」がなんとインターネット向け番組「ボンボンTV」として復活するらしい!

時代の流れを感じつつ「コミックボンボン」の代表作『プラモ狂四郎』を思い出してみませんか??

これじゃない感が満載の「ボンボンTV」

「ボンボンTV」は、YouTuber(ユーチューバー)のHIKAKIN(ヒカキン)さんらが所属する 「UUUM(ウーム)」(東京都港区、鎌田和樹社長)が協力。流行を紹介する「ボンボンニュース」や、YouTuberが登場する「YouTuber補完 計画」、名作アニメの再放送、新作フラッシュアニメ、人気ゲーム「マインクラフト」のコーナー、人気マンガ「進撃の巨人」の巨人が登場する番組などを用意 する。毎日10本前後の番組を配信する予定。

やっぱり『プラモ狂四郎』でしょ!

ガンプラブームでみんながガンダムのプラモデルを作っていた当時。お手本となっていたのが、このマンガでした。
「プラモシミュレーションマシン」って本当にあると思っていました。。。
KCデラックス プラモ狂四郎 1巻

KCデラックス プラモ狂四郎 1巻

『プラモ狂四郎』(プラモきょうしろう)は、クラフト団とやまと虹一による日本の漫画作品。
『コミックボンボン』(講談社)1982年2月号から1986年11月号に連載された、やまとの代表作である。

ロボットアニメのプラモデルが大好きな少年・プラモ狂四郎こと京田四郎は、プラモデルを本物さながらに戦わせることができる「プラモシミュレーションマシン」でライバルたちとプラモデルを仮想空間で戦わせ、次第にモデラーとして成長していく。

登場したプラモデル

まずは、もっともメジャーな「パーフェクトガンダム」
あまりに有名になったのでプラモキット化されて販売しています。
プラモ狂四郎といえば、これですね!
パーフェクトガンダム

パーフェクトガンダム

漫画『プラモ狂四郎』の劇中で制作されたガンプラが初出で、パーフェクトガンダムシリーズの1機目である。一部書籍では「連邦軍が情報操作用に制作したCGによる架空の機体」という設定になっている。

(出典:wikipedia)
ガンダム重装備第2弾。フルアーマーガンダム。
こちらも人気が出たのでプラモキット化されました。軍用機に近いオリーブ色と狂四郎カラーの2パターンありましたね。
フルアーマーガンダム

フルアーマーガンダム

講談社発行の雑誌「コミックボンボン」に連載された漫画『プラモ狂四郎』に登場した「パーフェクトガンダム」を、小田雅弘が『MSV』に加えるため、宇宙世紀に存在したMSとしてより軍用機らしいデザインにリファインすることで誕生した。
『プラモ狂四郎』では逆輸入する形でパーフェクトガンダムに代わる京田四郎の愛機として登場する。

(出典:wikipedia)
重装備から一転して軽装備の機動性重視となったパーフェクトガンダムの第3弾。
赤い機体は通常のガンダムシリーズからかけ離れていてあまり人気が出なかったのかプラモキット化はされていません。
と思っていたのですが、キット化されていました。。。
ガンダムビルドファイターズでガンダムアメイジングレッドウォーリアとしてプラモ化されるようです。
(2015/8/20追記)
パーフェクトガンダムIII(レッドウォーリア)

パーフェクトガンダムIII(レッドウォーリア)

初登場はワールドシミュレーション大会の関東地区決勝戦、対アニメショッ プ・ゼロ戦。名前の通り色は真紅で、両膝部に製作者である京田四郎を表す「SK」のイニシャルが入っている。名称は、パーフェクトガンダムI・フルアー マーガンダム(パーフェクトガンダムII)に続く機体との意味である。

(出典:wikipedia)
MG 1/100 ガンダムアメイジングレッドウォーリア...

MG 1/100 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ)

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実は家柄が超~『ボンボン』の出川哲朗のアレコレ!!

実は家柄が超~『ボンボン』の出川哲朗のアレコレ!!

出川哲朗さんと言えば過去には「嫌いな男性ランキング」で殿堂入りしたりしました。現在では体を張ったリアクション芸でも有名ですが、意外にも出川さんの家柄が、いわゆる「ボンボン」だったとご存知でしょうか?
ギャング | 5,856 view
「装甲騎兵ボトムズ」のなかみのる先生が、35年を経て当時の扉絵を再び書き下ろしました!

「装甲騎兵ボトムズ」のなかみのる先生が、35年を経て当時の扉絵を再び書き下ろしました!

私たちマンガ世代は漫画家の先生でも時期によって画のタッチや風合いが変わることを知っています。同じ作品でも始まりとフィナーレではけっこう違うなんてケースもあったものです。今回「装甲騎兵ボトムズ」でお馴染みののなかみのる先生が、およそ35年前のボトムズの扉絵を現在の画風で再現して下さいました~。
のなかみのる | 2,951 view
爆走兄弟レッツ&ゴーに登場したミニ四駆はこれだ!

爆走兄弟レッツ&ゴーに登場したミニ四駆はこれだ!

1996年に放送され、第2次ミニ四駆ブームを巻き起こしたアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』。同作に登場した個性豊かなさまざまなミニ四駆たちはタイアップ商品としておもちゃ屋・プラモデル屋の店頭に並び、多くの子供たちを夢中にさせたものでした。そこで今回、レッツ&ゴー!!第一期に登場し、実際にキット化されたミニ四駆を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 11,920 view
「ラジコンキッド -第1巻-シグナル1-3」~あのラジコンキッドが帰って来た!~

「ラジコンキッド -第1巻-シグナル1-3」~あのラジコンキッドが帰って来た!~

「ラジコンキッド」とは、普段は気弱な少年・木戸アキラが素性を隠す為にヘルメットを被ると性格が豹変し、ラジコンキッドとしてライバルたちとラジコンレースで戦い、奇跡を起こしながらドライバーとして成長していく物語である!コミックボンボンで人気を博した伝説のラジコン漫画がついに登場だ!!(シグナル1 ラジコンキッド、大登場!その3)
のなかみのる | 1,295 view
「ラジコンキッド -第1巻-その2」~あのラジコンキッドが帰って来た!~

「ラジコンキッド -第1巻-その2」~あのラジコンキッドが帰って来た!~

「ラジコンキッド」とは、普段は気弱な少年・木戸アキラが素性を隠す為にヘルメットを被ると性格が豹変し、ラジコンキッドとしてライバルたちとラジコンレースで戦い、奇跡を起こしながらドライバーとして成長していく物語である!コミックボンボンで人気を博した伝説のラジコン漫画がついに登場だ!!(シグナル1 ラジコンキッド、大登場!その2)

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト