ゲーセン野郎御用達【月刊ゲーメスト】
2015年11月10日 更新

ゲーセン野郎御用達【月刊ゲーメスト】

唯一のアーケードゲーム専門誌『ゲーメスト』をゲーセン野郎たちは楽しみにしていました。伝説の誤植も網羅した月刊ゲーメストまとめ

14,156 view

月刊ゲーメスト

『ゲーメスト』(GAMEST)は、新声社が1986年から1999年まで発行していたゲーム雑誌である。アーケードゲームを専門に扱っており、その専門性の高さから全盛期には売り上げが30万部に達し人気を得ていた
当時、アーケードゲームを専門に扱った唯一の雑誌ゲーメスト。どのような経緯でこの雑誌が誕生したのでしょうか。
http://mandarake.co.jp/information/2007/03/30/12spr04/p1.jpg (1371954)

新声社が当時大手であったビデオゲームサークルVG2(ベリーグッド・ビデオゲーマーズ)に「VG2の会報を商業誌ベースで再現してほしい」と声を掛けたのをきっかけに隔月刊誌として1986年4月創刊(同年5月号)。初代編集長はVG2総本部長の植村伴北。
創刊号表紙の煽り文が「ゲームファンのためのハイスコアマガジン」であったように創刊当初は主にアーケードのシューティングゲームを主に取り上げていた。ただし、初期はまだアーケードゲーム攻略に特化するわけでなく、『ゼルダの伝説』や『マイティボンジャック』などのテレビゲームやパソコンゲームなども取り上げていた。第6号より月刊化、その後対戦型格闘ゲームのブームに乗り部数を増やし、1994年の第116号からは月2回刊化。 アーケードゲーム専門誌の代表格的存在だった。
出典:wikipedia

紙面の特徴

https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTXBtFpHUMuV07b9TV3k_GbTyKWD0idV2DGuo340vhoEUbCnuJv (1371956)

非常に独特のノリと勢いが特徴。創刊時の合言葉が「いくぜ、同人誌のノリだ!」であり、創刊からしばらく誌面でゲームサークルの紹介をしていた事もあり、編集部内にもVG2以外のゲームサークルのメンバーが次々と参加。後に編集長となる石井ぜんじもゲームサークルECMのメンバーだった。
後期の読者投稿ページは常連投稿者などが多かった事もあり非常に濃く、誤植の多さ(後述)などともあいまって、少しゲームをかじった程度の人間ではノリに付いていく事はおろか、意味さえも読み取れないような状況になっていた。
出典:wikipedia
全体的にハイテンションな印象でしたね。ゲームの紹介や攻略も独特のノリがあったと言いますか、「ここは気合で抜けろ」とか、まったく攻略の体をなしていない記事があったりしましたが、しかしそういうノリもまた面白くて、特にやっていないゲームなのにその攻略記事を読んだりしていました。

ハイスコア集計

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQVPEkGcMIUgUkrzvlPOOV7wC4nhsDkUeT5wN1rNxcAdA5rYycgPg (1371959)

全国のゲームセンターからの申請に基いて、誌上で全国ハイスコア集計が実施されていた(創刊当初は、個人によるハイスコア申請も受付けられていた)。情報環境のない当時としては、『マイコンBASICマガジン』と並んで数少ない全国規模の集計であり、店舗・プレイヤーともに「全一(全国一位)」の称号を懸けての全国的な競争を繰り広げていた。これにより数多くの有名スコアラーが誕生し、その中には後のゲーム雑誌業界・ゲーム業界で活躍することとなった人もいる。
出典:wikipedia
一地方プレイヤーとしては遠い世界の出来事でしたが、当時最新の話題のゲームから古いゲームまで凄まじいハイスコアで埋め尽くされていて、毎月羨望の眼差しでチェックしていました。

ゲーメスト出典の用語

めくり

対戦型格闘ゲーム用語。相手をぎりぎりで飛び越すようにしながら攻撃することによって、防御操作のレバー入れの方向を迷わせる技術。または、着地後に連続攻撃を入れやすくするため、相手を飛び越すようにしながら背中側に攻撃を当てること。「背中の皮めくり」が語源。
当時は同じ技術に対して「裏まわり」などの別呼称も存在したが、現在も一般的に「めくり」が使われている。
安全地帯

シューティングゲーム等の用語。絶対に敵の攻撃が当たらない場所を指す。略して「安地」。
実際の『ゲーメスト』誌上では更に発展した「玉置」と言う言葉が同義語として使われていた(由来は、当時の安全地帯のヴォーカルだった玉置浩二から)。また、敵弾(玉)に対して自機を置ける場所とも掛けている。もともとは「安全地帯」という言葉がメーカーチェックにより不許可となったための言い換え語。
当て身

対戦型格闘ゲーム用語。相手の打撃技を受け止めて反撃する技の総称。
本来、当身といえば格闘技用語で打撃技そのものを意味するが、ゲーメスト誌上において『餓狼伝説』のギース・ハワードの必殺技「当て身投げ」が安易に略されたことから、本来とは違った意味で広まってしまった。
大パンチ、小パンチ(キックなども)

対戦格闘ゲームでの固有表現。ゲーム内の表記では「強パンチ」、「弱パンチ」だった場合でも、語呂や表記の関係でまとめて「大パンチ」「小パンチ」と表記されるようになり、この呼び方が一般的となった。なお超絶倫人ベラボーマンなど作品によっては正式に大パンチ、小パンチ表記の作品が存在する。
脱衣麻雀

それまで「脱がせ麻雀」など呼称は複数あったが、『ゲーメスト』の表記以来「脱衣麻雀」の呼称が一般的になった。
レゲー

「レゲーの魂」コーナーから。元々は「レアゲームの略」とされていたが、近年では「レトロゲームの略」として普及した。
今でも普通に使う用語ばかりですね。格ゲープレイヤーにとって『めくり』や『大パンチ』などは超有名ですが、その他はゲーメストが発祥だったということを知らなかったものばかりでした。

ゲーメスト大賞

http://replayburners.web.fc2.com/ab2/gallery/gamest_1988_02p2.jpg (1371970)

ゲーメスト大賞(ゲーメストたいしょう)は雑誌『ゲーメスト』誌上で行われた企画で、1年に1度、その年に発売されたアーケードゲームのうち最も優れたものを、読者の投票によって選出するというものである。
大賞のほか、さまざまな部門賞も存在した。
出典:wikipedia
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

「イース」の古代祐三も参加!80年代を舞台にしたマルチジャンルゲーム『198X』が任天堂Switchで配信中!!

有限会社ハチノヨンより、80年代のゲームセンターと青春ストーリーを融合させたマルチジャンルゲーム『198X』のNintendo Switch版が現在好評配信中です。
隣人速報 | 920 view
ミドルエッジ男子必見!あの人気脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀」を一挙収録したパッケージが発売!!

ミドルエッジ男子必見!あの人気脱衣麻雀「スーパーリアル麻雀」を一挙収録したパッケージが発売!!

80年代から90年代にかけて、健全なミドルエッジ男子の心を鷲掴みにした人気脱衣麻雀シリーズ「スーパーリアル麻雀」の2作目から7作目までを収録したNintendo Switch用ソフト『スーパーリアル麻雀 LOVE2~7!(らぶに~な)』の発売が決定しました。
隣人速報 | 2,597 view
もはやゾンビ化!ゲーセンに必ず置いてあった「ワニワニパニック」が瀕死の状態で稼働していると話題に!!

もはやゾンビ化!ゲーセンに必ず置いてあった「ワニワニパニック」が瀕死の状態で稼働していると話題に!!

大きめのゲーセンには必ずと言って良いほど置いてあったゲーム「ワニワニパニック」。見かけることが少なくなって久しいですが、現在SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,091 view
リアル「ディグダグ」状態!?氷の中を階段を作りながら掘り進めていく男たちが話題に!!

リアル「ディグダグ」状態!?氷の中を階段を作りながら掘り進めていく男たちが話題に!!

レトロゲーム「ディグダグ」に代表されるような、壁を掘り進めて進んでいくゲーム。このたび「実際に氷を掘り進めて道を進んでいく男たちがいる」と、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 772 view
「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

株式会社KOMは、実機のパチンコ機をオンラインで遊べるWebサイト「2.5次元パチンコ/ニコハン」のスマートフォン対応を、11月14日より開始しました。かつて人気だったレトロ機のラインナップにも注目です!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト