ドキンちゃんはスカーレット・オハラだった!?アンパンマンの登場人物の元ネタが『風と共に去りぬ』だって知ってましたか?
2018年6月18日 更新

ドキンちゃんはスカーレット・オハラだった!?アンパンマンの登場人物の元ネタが『風と共に去りぬ』だって知ってましたか?

『風と共に去りぬ』と言えば、アンパンマンの、ドキンちゃんをスカーレット・オハラ、ばいきんまんをレット・バトラー、しょくぱんまんをアシュリーをモデルにしたという!やなせたかしさんに影響を与えた作品!オハラ・スカーレットの「明日は明日の風が吹く」という格言で有名ですが、今回はレット・バトラーにクローズ・アップしましょう!

5,747 view

風と共に去りぬ

 (2020303)

1936年6月に出版されたマーガレット・ミッチェル原作の『風と共に去りぬ』が世界的ベストセラーとなり、早くも出版の翌月に映画製作者のデヴィッド・O・セルズニックが映画化権を獲得し、その後3年の歳月と当時の金額で390万ドルの製作費をかけて全編で3時間42分という大長編映画を完成させ、1939年12月15日にワールドプレミエとして初公開して空前の大ヒットとなった映画である!
その影響力はやなせたかしさんがアンパンマンの登場人物のうち、ばいきんまん・ドキンちゃん・しょくぱんまんは『風と共に去りぬ』にならっている、のほど。
ドキンちゃんはスカーレット・オハラを、ばいきんまんはレット・バトラーを、しょくぱんまんはアシュリーを下敷きにしている。
※ただし、ドキンちゃんがしょくぱんまんを一方的に恋い慕う点は、原典とは異なっている。

風と共に去りぬ ストーリー

 (2020309)

南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に、アイルランド系移民の父と、アメリカ南部のフランス系名家出身の母を持つ気性の激しい南部の女、スカーレット・オハラの半生を、彼女を取り巻く人々ともども、壮大に描いた作品である。
私たち女性がとくにとりわけ注目したのは、スカーレットの勇姿!
愛する我が家を守るためにはどんな汚い手を使ってでも守り通りぬいた女性。
漢(おとこ)以上の女性。
そんな彼女の心のハートを最後に射止めたのは――。
 (2020323)

はい、みなさんご存知のレット・バトラーです。
スカーレットはアシュレーという紳士の男性に入れあげ、彼が既婚者になっても、その嫁さんの兄弟と結婚するまで追っかけるという執念持つほどのスカーレット。
そしてもっと上行くのは、二度結婚して(その上まだ初恋のアシュレーを忘れずにいる)も
スカーレットを追いかけ続けたレットなのではないでしょうか。

レットの強引な口説き言葉

風と共に去りぬ Gone with the Wind (悲痛なスカーレットとレットの愛)

戦地に赴くにあたっての別れ文句です。
取り残される女としては「男としての沽券なんざどうでもいいから最後まで残って守れや!」ってなりますでしょうが。男といったらもうほんとしょうがねえな!(´;ω;`)ウゥゥ
俺も自分が理解できない、戦死しても自業自得さ
でもこれだけは確かだ、愛してる
世界が砕け散ろうが、君を愛する
私見として「男としての沽券なんざどうでもいいから(二回目)か弱き女性を残すんじゃねぇよ!」と正直思いましたが。
上下のセリフを言われたらもうしょうがないのかもしれません……?うーむ(´ε`;)ウーン…
スカーレット、俺を見ろ
君ほど愛した女はいない
こんなに待ったのも初めてだ

「キスしてくれ一度だけでいい」

まぁスカーレットもしたたかにやり返すんですよね

Gone with the Wind-Scene with Rhett borrowing 300 dollars for Tara.avi

謝金の取り立てにレットを騙くらかして頼るレットは最初不振げにしますが、そこはスカーレットの迫真の演技というかまぁ惚れた弱みもひっくるめて騙されそうになります。
「もしや女らしい心が芽生えたのか」
とコロっと騙されるレット。しかも。
「監獄にはいった甲斐があった」
という始末。
しかし、スカーレットの手の荒れ具合を見て正気に返って、
「着飾って芝居するほどほしいものはなんだ」
と憤慨するレットさん。
この茶番劇は失敗に終わり、借金はどうしたかっていうと、資産家の男と結婚してどうにかやり込めるスカーレットは一枚上手というべきか、なんというかたくましい……!
(※本題ズレてる)
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

黒澤明「生きる」を原作としたミュージカル「生きる」が再々演!市村正親(74)と鹿賀丈史(72)によるWキャストが話題に!

黒澤明「生きる」を原作としたミュージカル「生きる」が再々演!市村正親(74)と鹿賀丈史(72)によるWキャストが話題に!

俳優の市村正親(74)と鹿賀丈史(72)が5日、ダブルキャストで主演するミュージカル「生きる(東京・新国立劇場 中劇場、9月7日~24日上演)」の公開通し稽古を行い、囲み取材に応じました。
隣人速報 | 68 view
黒澤明「生きる」のリメイク作品『生きる-LIVING』が公開!「七人の侍」のリメイク『荒野の七人』5作品の放送も決定!!

黒澤明「生きる」のリメイク作品『生きる-LIVING』が公開!「七人の侍」のリメイク『荒野の七人』5作品の放送も決定!!

1952年に公開された黒澤明監督による名作「生きる」の英国版リメイク作品『生きる-LIVING』が、3月31日より公開されます。
隣人速報 | 333 view
【PR】珠玉の「ラブロマンス映画」をフルで無料視聴できる動画配信サービスは!?

【PR】珠玉の「ラブロマンス映画」をフルで無料視聴できる動画配信サービスは!?

甘くも切ない「ラブロマンス映画」の名作。オススメの3本をご紹介します!フルで無料視聴できる動画配信サービスと合わせてご覧ください。
みるみる | 120 view
北川景子が映画「キネマの神様」に出演!50年代に流行した「君の名は」の“真知子巻き”を披露!

北川景子が映画「キネマの神様」に出演!50年代に流行した「君の名は」の“真知子巻き”を披露!

女優・北川景子(34)がこのたび、2021年公開予定の映画「キネマの神様」に出演することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,488 view
奇抜ファッションやヌードから元祖プレイガールと呼ばれた!『ホキ徳田』!!

奇抜ファッションやヌードから元祖プレイガールと呼ばれた!『ホキ徳田』!!

1958年に歌手として芸能界デビューし、奇抜ファッションやヌード写真から日本で初めてプレイガールと呼ばれた「ホキ徳田」さんをご紹介。
ギャング | 2,812 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト