70年代に一世を風靡した映画「トラック野郎」シリーズ、全10作品がこれだ!。
2020年11月9日 更新

70年代に一世を風靡した映画「トラック野郎」シリーズ、全10作品がこれだ!。

現在ではちょっと信じられませんが、70年代後半に大型トラックが大ブームになりました。只のトラックではありません。過剰に電飾等でデコレートされたトラックです。その運転手を主人公にした映画が「トラック野郎」で、10作品も作られました。

10,545 view

トラック野郎・御意見無用

それ以前になかったわけではありませんが、映画「トラック野郎」がヒットしたことによりデコトラはイッキに急増し、一般的にも認知されるようになりました。インパクトありましたからね、デコトラ。映画「トラック野郎」の功績はでっかいです。そもそも宅急便などない時代ですから、この映画によって長距離トラックの運転手という職業自体が広く知られるようにもなったかと思います。
デコトラ

デコトラ

車体を電飾で飾り、ペイントを施してある
日本初の長距離トラックの運転手を主人公にした映画「トラック野郎・御意見無用」は、1975年8月公開されました。
この映画はトラック運転手だけではなく、他の職業、いえ、大人も子供も巻き込んでの大ヒット、大ブームとなりました。
トラック野郎・御意見無用

トラック野郎・御意見無用

監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文、澤井信一郎
出演者:菅原文太、愛川欽也、春川ますみ、中島ゆたか、佐藤允、夏純子、湯原昌幸、夏夕介
音楽:木下忠司
撮影:仲沢半次郎
編集:田中修
配給:東映
公開 :1975年8月30日
上映時間:98分
洋子に惚れた桃次郎だが、婚約者の存在を知り彼女を男の下へ送り届けることに。豪快な青森のねぶた祭りを舞台に、満艦飾のトラックを駆る桃次郎と金造のコンビが暴れまくる
物語は、一番星こと星桃次郎(菅原文太)と、相棒のやもめのジョナサンこと松下金造(愛川欽也)を中心に、涙あり、笑いあり、エロありといった娯楽作品で、長距離トラックなだけに全国の名所が楽しめます。更に楽しめるのがマドンナの存在。「トラック野郎・御意見無用」では中島ゆたかが務めています。

トラック野郎 御意見無用 告知用

そもそも「トラック野郎」にシリーズ化の予定はなかったのだそうです。ところが「トラック野郎・御意見無用」が大ヒットしたことによって1979年まで10作品が作られることにありました。

トラック野郎・爆走一番星

前作のヒットを受けて急遽シリーズ化された第2弾「トラック野郎・爆走一番星」。公開は1975年12月27日、お正月映画です。
トラック野郎・爆走一番星

トラック野郎・爆走一番星

監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文、澤井信一郎
出演者:菅原文太、愛川欽也、あべ静江、春川ますみ、加茂さくら、研ナオコ、夏八木勲、織本順吉、山城新伍、田中邦衛
音楽:木下忠司
撮影:飯村雅彦
配給:東映
公開:1975年12月27日
上映時間:96分
日本一はふたつある! ひとつは気高き富士の山 ひとつは度胸と気っぷの一番星
姫路のドライブインで働くウェイトレスに熱をあげ、バキュームカーの女運転手には一方的に惚れられて、熱血・桃次郎がてんやわんやの大騒ぎ! あべ静江がマドンナ役で映画初出演。
このシリーズ、ストーリーは基本的にどの作品も一緒です。桃次郎がマドンナに一目惚れをするとこから始まり、相手の趣味や嗜好に合わせて猛烈アタック。または、ライバルのトラック野郎と大喧嘩。そこにジョナサンをはじめとする登場人物を絡ませ涙あり、笑いありの人間模様を綴っていく。
当然のように桃次郎の恋は上手くいかず、傷心の桃次郎は悪条件の仕事を引き受け目的地へ向けて爆走するというクライマックスへ。
「トラック野郎・爆走一番星」もそういった内容なのですが、特筆すべきはマドンナです!マドンナ役のあべ静江が美しすぎるのですよ。

トラック野郎 爆走一番星 告知用

いかがです?あべ静江、キレイですよね。上の予告編ではわずかしか見れませんが、それでもその美しさは十分に伝わりますよね。完璧です。

トラック野郎・望郷一番星

全国を飛び回っている。毎回美しいマドンナが登場し、そしてフラれる。このパターンは言うまでもなく松竹の大人気シリーズ映画「男はつらいよ」のスタイルです。そう、「トラック野郎」は「男はつらいよ」を踏襲してるんです。公開時期も「男はつらいよ」と同じく盆と正月。まさにライバル、対抗意識ありありです。

シリーズ第3弾「トラック野郎・望郷一番星」は、1976年8月7日の公開でした。
トラック野郎・望郷一番星

トラック野郎・望郷一番星

監督:鈴木則文
脚本:野上龍雄、澤井信一郎
出演者:菅原文太、愛川欽也、春川ますみ、島田陽子、梅宮辰夫、土田早苗、由利徹、笑福亭鶴光、ハイセイコー、都はるみ
音楽:菊池俊輔
撮影:飯村雅彦
配給:東映
公開:1976年8月7日
上映時間:100分
こんどの航海(たび)は北の果て、喧嘩とでるか、ロマンを咲かすか!?雄大な北海道の大自然をバックに展開する笑いと涙あふれる男のロマンの大暴走!マドンナ役に島田陽子を迎え、都はるみも特別出演。あの名馬ハイセイコーも飛び出して、北海原野は波瀾含み!?
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

やもめのジョナサンこと愛川欽也さん三回忌、トラック野郎550台が集結!うつみ宮土理も感激

やもめのジョナサンこと愛川欽也さん三回忌、トラック野郎550台が集結!うつみ宮土理も感激

俳優でタレント・愛川欽也さんの三回忌イベントが、神奈川県相模原市内で行われ、相模川の河川敷にはデコレーションされたトラック(デコトラ)550台が集結した。また同イベントには、妻で女優のうつみ宮土理も出席。
red | 7,850 view
八代亜紀さんを偲んで 八代亜紀デビュー50周年のライブ収録番組 アンコール放送

八代亜紀さんを偲んで 八代亜紀デビュー50周年のライブ収録番組 アンコール放送

イッツ・コミュニケーションズ株式会社、株式会社ケーブルテレビ品川、横浜ケーブルビジョン株式会社は、2023年12月30日に逝去された八代亜紀さんを偲び、2020年にイッツコムで制作・放送した特別番組 『デビュー50周年 とどけ!心の歌 八代亜紀Anniversary Live スペシャルゲスト松崎しげる』 を、イッツコム、ケーブルテレビ品川、YCVの各コミュニティチャンネルで追悼特別番組としてアンコール放送いたします。
【1980年代 大河ドラマ】『おんな太閤記』vs.『徳川家康』利家が家康に!? 淀殿が瀬名に!?

【1980年代 大河ドラマ】『おんな太閤記』vs.『徳川家康』利家が家康に!? 淀殿が瀬名に!?

戦国時代を舞台にしたNHK大河ドラマの名作『おんな太閤記』と『徳川家康』。1980年代に放送されたこの2つのドラマには、なんと同じ俳優が20人近くも配役されていました。中には、前作で敵対した俳優同士が、次作では違う役柄で再び敵対することも!? 両作品に登場した俳優陣を振り返りましょう。
izaiza347 | 227 view
【カネボウCM】1980年代のCMに出演!今見ても美しすぎるCMモデルたち

【カネボウCM】1980年代のCMに出演!今見ても美しすぎるCMモデルたち

化粧品のCMといえば、昔から映像の美しさに定評があり、登場するモデルもまたCMコンセプトにぴったりの美女が起用されていました。今回は、1980年代のカネボウのCMにフォーカスして、当時起用された美しすぎるCMモデルたちを独断と偏見でピックアップします。
izaiza347 | 3,015 view
シビれる昭和の名優特集!BS12 トゥエルビで松田優作、菅原文太、長谷川一夫出演の映画・ドラマが放送決定!!

シビれる昭和の名優特集!BS12 トゥエルビで松田優作、菅原文太、長谷川一夫出演の映画・ドラマが放送決定!!

全国無料放送のBS12 トゥエルビにて、松田優作、菅原文太、長谷川一夫が出演する映画・ドラマ作品が放送されます。
隣人速報 | 328 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト