【1954年生まれ】2024年で70歳!見えない!若々しい人気男性・女性俳優たち!
2024年3月5日 更新

【1954年生まれ】2024年で70歳!見えない!若々しい人気男性・女性俳優たち!

2024年(令和6年)は、1954年(昭和29年)生まれの人が古希を迎える年です。2024年(令和6年)が終われば、昭和20年代生まれの人は全員が70歳以上となります。今の70歳は若いとはと言っても、数字だけ見ると高齢者。今回は、2024年に70歳となる意外な人気男性・女性俳優10名をご紹介します。

1,198 view

1954年の主なできごと

今から70年前の1954年。現在もニュース映像が残るところでは、以下のようなできことがありました。

・結婚したばかりのジョー・ディマジオ、マリリン・モンロー夫妻が来日。
・日本初の国際プロレスリング大会が開催され、街頭テレビでもその生中継を放送。
・第五福竜丸が、米国の水爆実験で被爆。
・東宝映画『ゴジラ』第1作が公開。
・プロ野球は、中日ドラゴンズが日本一(中日の日本一は1954年と2007年の2回)。

1954年生まれの人気俳優たち

このようなできごとのあった1954年。今から70年前に誕生した男性・女性俳優には、どのような人がいるのでしょうか。人気俳優、有名俳優を中心に紹介します。
名前 生年月日
石田純一 1954年1月14日
小日向文世 1954年1月23日
六平直政 1954年4月10日
檀ふみ 1954年6月5日
秋吉久美子 1954年7月29日
高畑淳子 1954年10月11日
金田明夫 1954年10月13日
小倉久寛 1954年10月26日
水沢アキ 1954年12月5日
片岡鶴太郎 1954年12月21日
こうして見ると、第一線で活躍する人気俳優が多く、またとても70歳とは思えない若々しい俳優ばかりです。彼らの若かりし頃の活躍、代表作、現在の活躍ぶりを見てみましょう。

石田純一

石田純一は、1979年に俳優としてデビュー。実は、学生時代に最初の妻と結婚しており、その時誕生したのがいしだ壱成です。30代に入った1980年代後半から、トレンディドラマに出演するようになり、一気に人気を確立します。代表作は、『抱きしめたい!』『君の瞳に恋してる!』『想い出にかわるまで』など多数。

私生活では、最初の妻と離婚後、1988年に松原千明と再婚。1990年に誕生したのが、すみれです。その松原千明とも、「不倫は文化」のフレーズで知られる不倫騒動をきっかけに離婚。2009年に東尾理子と3度目の結婚をし、今日に至ります。

石田純一

【謝罪】お騒がせ男 石田純一トイレで思い出しました。謝らせて頂きます。

小日向文世

小日向文世は、1977年に、吉田日出子が在籍する「オンシアター自由劇場」に入団し、活動を開始。1996年の解散まで、19年間在籍し続けました。解散後は、徐々に映画やテレビドラマに出演するようになり、最初にブレイクしたのは、2001年放送の月9ドラマ『HERO』の末次事務官役です。

その後の活躍は周知の通りで、代表作は、映画&テレビドラマ『HERO』シリーズ、映画『アウトレイジ』シリーズ、映画『清須会議』、テレビドラマ『救命病棟24時』第2シリーズなど多数。

小日向文世

役所広司・小日向文世 - 総理大臣と対峙する吉田所長 | THE DAYS | Netflix Japan

六平直政

六平直政は、劇団員当時はノーギャラでバイトで食いつなぐ生活をしていましたが、1990年代に入ると映画・テレビドラマへの出演機会を得るようになります。特徴的な風貌からヤクザ、刑事、コミカルなど様々な役柄をこなす名バイプレイヤーで、これまで数多くの人気ドラマに出演しています。

NHK大河ドラマは『義経』『八重の桜』など7作、NHK連続テレビ小説は『まんぷく』『らんまん』に出演。他にも『ハンチョウ〜警視庁安積班〜』『踊る大捜査線』特番など出演作は多岐に渡ります。

六平直政

六平直政「あっちゃんときらめくような親子の愛を」 舞台「太陽2068」製作会見(2)

檀ふみ

檀ふみは、1973年に女優デビュー。1974年の映画『青春の蹉跌』で萩原健一、1975年の映画『陽のあたる坂道』で三浦友和の相手役として共演し、人気を集めます。その後も、長身の美人女優として、今日まで数多くの映画・テレビドラマに出演しました。

また、博識であることから、NHKの様々な教養・バラエティ番組にも出演。特に名物クイズ番組『連想ゲーム』では、15年に渡って紅組レギュラー解答者を務めました。教養番組でも、『新日曜美術館』『N響アワー』で司会を務めています。

檀ふみ

映画『男はつらいよ』(第18作)予告編映像

秋吉久美子

秋吉久美子は、1972年、映画『旅の重さ』で女優デビュー。1973年に映画『十六歳の戦争』で主演を務めると、以後は、藤田敏八監督の1974年の映画『赤ちょうちん』、『妹』、『バージンブルース』で立て続けに主演を務めます。その後も、脱ぐことも厭わない大胆な演技と、彼女ならではの独特の世界観で、映画やテレビドラマに数多く出演しました。

代表作は、『異人たちとの夏』『レッスン LESSON』『男はつらいよ 寅次郎物語』など。他にも、テレビ番組の司会や、作詞家としての楽曲提供など、多彩な活躍を見せています。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

お笑いタレント、画家、ボクサーそして俳優!片岡鶴太郎さんの出演ドラマまとめ

お笑いタレント、画家、ボクサーそして俳優!片岡鶴太郎さんの出演ドラマまとめ

片岡鶴太郎さんはお笑いタレントとして活動しながらマルチな活躍をされていますよね。。最近ではヨガインストラクターとしてTVに出ていることも多いです。そして80年代から数々のドラマに出演し俳優活動もされています。片岡鶴太郎さんの出演ドラマをまとめました。
saiko | 226 view
石田純一(68)、いしだ壱成(47)親子の初共演映画『散歩屋ケンちゃん』が制作中!クラウドファンディングで資金を募集!!

石田純一(68)、いしだ壱成(47)親子の初共演映画『散歩屋ケンちゃん』が制作中!クラウドファンディングで資金を募集!!

石田純一(68)といしだ壱成(47)が親子初共演する映画『散歩屋ケンちゃん』が、2023年4月の公開に向けて現在制作中となっています。映画制作を応援するためのクラウドファンディングも実施中。
隣人速報 | 866 view
いしだ壱成の若い頃がイケメン過ぎる!俳優としての活躍やモテ期到来の現在!?

いしだ壱成の若い頃がイケメン過ぎる!俳優としての活躍やモテ期到来の現在!?

中性的で尚且つ色気のあるルックスと類まれな演技力で1990年代にブレイクしたいしだ壱成さん。石田純一さんの隠し子と聞いたときは、さすがイケメン親子と感心したものです。いしだ壱成さんの中性的な魅力は元祖フェミ男とも呼ばれ、時代の先駆けのようにも感じました。時を超えていしだ壱成さんは現在モテ期が到来しているそうです。今回はそんないしだ壱成さんの若い頃の活躍や現在についてご紹介します、
そうすけ | 2,631 view
懐かしいあの映画・ドラマの 降板・代役 騒動

懐かしいあの映画・ドラマの 降板・代役 騒動

芸能界で過去に話題になった映画やドラマの降板劇、その経緯と俳優たちが降板した理由は何だったのか。そして急遽代役に決まった俳優と映画の評判。時間を経て明らかになったことを紹介したい。
織田・吉田・加勢のトレンディ御三家など、80~90年代に「トレンディ俳優」と呼ばれた男性芸能人!!

織田・吉田・加勢のトレンディ御三家など、80~90年代に「トレンディ俳優」と呼ばれた男性芸能人!!

80年代後半から90年代前半にかけて数多く放送された、バブル期の象徴とも言える「トレンディドラマ」。現在は死語となってしまったトレンディドラマに、当時数多く出演していた俳優を特集します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト