1992年、ファンタジー号とともに消えた「風船おじさん」について。
2016年7月21日 更新

1992年、ファンタジー号とともに消えた「風船おじさん」について。

ファンタジー号とともに消えた風船おじさんを憶えていますか?ヘリウム風船の浮力で空中散歩を行う風船おじさん(鈴木嘉和氏)は自称冒険者。一時はマスコミの注目を集めました。が、1992年に琵琶湖畔からファンタジー号で飛び立った風船おじさんは、そのまま消息を絶ってしまったのでした。

26,042 view

風船おじさんと呼ばれた鈴木嘉和氏

自称冒険者だった風船おじさん(鈴木嘉和氏)

自称冒険者だった風船おじさん(鈴木嘉和氏)

風船おじさんこと鈴木嘉和(1940年~1992年11月消息不明)。
ピアノ調律師で自称冒険者でした。

ファンタジー号で借金返済を試みる

1984年に音楽教材販売会社ミュージック・アンサンブルを起業。
ピアノカラオケの「マイナスワンテープ」というオーケストラからピアノの音を抜いた録音テープの販売や銀座で音楽サロン「あんさんぶる」を開店、麻雀荘やコーヒーサロン、パブレストランなどを経営するものの1990年約4億円の負債を抱えて倒産。

このとき、ビニール風船26個を付けたゴンドラ「ファンタジー号」太平洋横断で借金を返済すると債権者に語っていたそうです。
巨大なヘリウム風船で空中散歩

巨大なヘリウム風船で空中散歩

遂には太平洋横断まで夢想することとなります。

1992年4月17日、警官の制止を振り切って風船で飛び立ち民家の屋根に不時着

風船おじさん PartⅠ(1992年4月20日)

府中署防犯課の警察官の制止を聞かずに東京都府中市の多摩川河川敷から千葉県の九十九里浜を目指してヘリウム風船で飛び立った風船おじさん。

椅子に5メートルと2.5メートルの風船各2個を直接くくりつけて飛行したものの、おもりの15kgの砂袋2個がはずれて急上昇、予定の高度400メートルが5,600メートルの高度に到達してしまい、手持ちのライターの火であぶって5メートルの風船を切り離しました。

その後風船は急降下し、出発地点から24キロメートル離れた東京都大田区大森西七丁目の民家の屋根に不時着。

ところが左手に怪我をした程度で済み、駆けつけた蒲田署員に謝罪しつつも、成功すれば次はハワイをめざす予定だったと、改めて再挑戦することを誓っていました。

1992年11月23日、ファンタジー号事件

7か月後、風船おじさんは琵琶湖畔からファンタジー号で飛...

7か月後、風船おじさんは琵琶湖畔からファンタジー号で飛び立つことに

当時52歳でヘリウム入りの風船を多数つけたゴンドラ「ファンタジー号」の試験飛行を琵琶湖畔で行います。

ファンタジー号について

直径6mのビニール風船を6個、直径3mの風船を20個装備。
ゴンドラの外形寸法は約2m四方・深さ約1mで、海上に着水した時の事を考慮し、浮力の高い檜を使用。

ゴンドラ製作を依頼されたのは桶職人で、桶造りでは東京江戸川区の名人と言われる人物。
風船のガスが徐々に抜けて浮力が落ちるため、飛行時に徐々に捨て機体の浮上を安定させる重り(バラスト)を用意していました。重りの中身は、厳寒でも凍らない焼酎を使用。

積載物は、酸素ボンベとマスク、1週間分の食料、緯度経度測定器、高度計、速度計、海難救助信号機、パラシュート、レーダー反射板、携帯電話、地図、成層圏の零下60度以下の気温に耐える為の防寒服、ヘルメットに紫外線防止サングラス等。

試験飛行の名目だった当日、しかし風船おじさんはアメリカに向けて飛び立ちます

「行ってきます」の言葉とともに周りの制止を振り切って出発

「行ってきます」の言葉とともに周りの制止を振り切って出発

この日の名目はあくまで200メートルあるいは300メートルの上昇実験ということでしたが、一旦は地上に降りたものの、再び「行ってきます」と言ってファンタジー号を係留していたロープをはずした風船おじさん。

「どこへ行くんだ」という声に「アメリカですよ」との言葉を返し、重りの焼酎のびんを地上に落とし周囲の制止を振り切って、アメリカネバダ州サンド・マウンテンをめざして出発しました。
翌日は携帯電話で「朝焼けがきれいだよ」と連絡が取れたものの、2日後にSOS信号が発信され海上保安庁の捜索機が宮城県金華山沖の東約800m海上で飛行中のファンタジー号を確認。
ファンタジー号の高度は2,500メートルで、高いときには4,000メートルに到達。約3時間の監視ののち雲間に消えたため、捜索機は追跡を打ち切りました。

以後はSOS信号は確認されず、家族から捜索願が出されたことを受けて12月2日に海上保安庁はファンタジー号が到着する可能性のあるアメリカ合衆国とカナダとロシアに救難要請を出しました。

風船おじさんの計算では、ファンタジー号が高度1万メートルに達すれば、ジェット気流に乗って40時間でアメリカに到着するはずだったものの、以後の消息は不明です。

まさにバルーンファイトを地で行った風船おじさん

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2018/3/21 08:44

    当時ビートたけしが東スポ紙上で「アラスカあたりで日本語を話す変なエスキモーが発見されんじゃないの?2年後に。」と語ってて笑ったなぁ。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 11,574 view
80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

「サンリオキャラクターズ」と「サンキューマート」の新商品が販売開始!80s~90sに誕生した大人気サンリオキャラクターズ《ノラネコランド》《おさるのもんきち》《るるる学園》《ぽこぽん日記》とのコラボ商品!もちろん店内全品390円となっています!
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 4,852 view
【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その3)

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その3)

1992年10月28日に発表された、B'zのアルバム「RUN」。フルアルバムとしては初期のB'zの集大成とも呼べるアルバムだと思います。このアルバム「RUN」から、今回は7曲目以降を振り返りたいと思います。
ジバニャンLOVE | 1,988 view
【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その2)

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その2)

1992年10月28日に発表された、B'zのアルバム「RUN」。フルアルバムとしては初期のB'zの集大成とも呼べるアルバムだと思います。このアルバム「RUN」から、4曲目の、アルバム表題曲でもある「RUN」から6曲目「NATIVE DANCE」までを振り返ります。
ジバニャンLOVE | 2,573 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト