【1992年洋楽】シオノギ製薬セデスのCM曲といえば・・・「日本」でヒットした洋楽トップ5
2023年7月5日 更新

【1992年洋楽】シオノギ製薬セデスのCM曲といえば・・・「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1992年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。

588 view

1992年のオリコンから選出

邦楽も含めたオリコン総合シングルチャートを対象に、1992年の年間トップ100にランクインした洋楽の中から5曲を選出します。トップ100内で5曲に満たない場合は、全米ヒットチャートやオリコン洋楽シングルチャートの中から、日本で人気になったと思われる曲を別途選出し、ちょうど洋楽5選としています。

この年は洋楽のチャートインがなかったため、オリコン洋楽シングルチャートのナンバーワン曲や全米シングルチャートから5曲選出しました。

ブラック・オア・ホワイト / マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの8枚目のアルバム『デンジャラス』は、クインシー・ジョーンズとのコンビを解消し、新たにテディー・ライリーをプロデューサーに迎えた新境地のアルバムです。『ブラック・オア・ホワイト』は第一弾シングルで、全米シングルチャートでは、ビートルズの『ゲット・バック』以来の最速記録でナンバーワンを獲得。日本のオリコン洋楽シングルチャートでは4週連続ナンバーワンとなるなど、世界20カ国でナンバーワンを獲得しています。

ミュージックビデオが特徴的で、まずは、親友の俳優・マコーレ・カルキンが登場。ビデオの後半では、当時画期的だったCG技術により、自由の女神のトーチでマイケルが歌って踊るシーンや、人の顔がどんどん変わっていくモーフィングが施されています。

ブラック・オア・ホワイト / マイケル・ジャクソン

Michael Jackson - Black Or White (Official Video - Shortened Version)

トゥモロウ・トゥデイ / ギルバート・オサリバン

ギルバート・オサリバンといえば、世界的には1972年の大ヒット曲『アローン・アゲイン』が圧倒的に有名です。本曲『トゥモロウ・トゥデイ』は、元々は1977年のアルバム『サウスポー』の一収録曲でしたが、織田裕二・仙道敦子主演のドラマ『あの日の僕をさがして』の主題歌として起用され、日本で特別にシングル化されます。オリコン洋楽シングルチャートで、ナンバーワンを獲得しました。

これを機に、日本でのギルバート・オサリバンの人気が再燃し、来日公演が行われました。また、来生たかおや久保田利伸など、日本のアーティストとも共演しています。一方、主題歌はヒットしたものの、肝心のドラマは失敗作と言われ、視聴率も今ひとつでした。

トゥモロウ・トゥデイ / ギルバート・オサリバン

Gilbert O'Sullivan - Tomorrow Today

ラスト・クリスマス / ワム!

ワム!の代表曲というよりは、今やクリスマスのスタンダード曲となっている本曲『ラスト・クリスマス』。日本でも大ヒットし、オリコンシングルチャートでは最高位12位、オリコン洋楽シングルチャートでは、通算30週のナンバーワン(史上最長)、1992年の年間1位を記録しています。因みに、2022年のクリスマスシーズンは、全米シングルチャートで最高位4位まで再浮上しています。

本曲で得られた印税の全額は、エチオピア大飢饉の救済活動に寄付されました。同時期に結成されたバンドエイドが、『ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?』の収益金で寄付を行ったのと同様の試みです。

ラスト・クリスマス / ワム!

Wham! - Last Christmas (Official Video)

セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト / ヴァネッサ・ウィリアムス

ヴァネッサ・ウィリアムスは、アフリカ系アメリカ人で初めて「ミス・アメリカ」で優勝。その後、シンガー、女優として活躍するようになります。本曲『セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト』は、彼女の最大のヒット曲で、全米シングルチャートでは5週連続ナンバーワン(年間4位)を記録しています。

日本では、シオノギ製薬の鎮痛薬「セデス」のCMソングに起用。CMには、ヴァネッサ・ウィリアムス本人が出演し、フジテレビの音楽番組「ミュージックフェア」の合間に流れる曲として、お茶の間でもおなじみの曲となりました。

ヴァネッサ・ウィリアムスはその後、映画でも活躍し、『イレイザー』でアーノルド・シュワルツェネッガーと共演、『ソウル・フード』では自身が主役を務めています。

セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト / ヴァネッサ・ウィリアムス

Vanessa Williams - Save The Best For Last (Official Music Video)

アイル・ビー・ゼア / マライア・キャリー

マライア・キャリーは、1990年に、シングル『ヴィジョン・オブ・ラヴ』、アルバム『マライア』でデビュー。デビューから奇跡の歌声を惜しげもなく披露し、シングル、アルバム共にいきなり全米ナンバーワンを獲得、特に後者は年間1位を記録しました。本曲『アイル・ビー・ゼア』は、「MTVアンプラグド」のライブで演奏した一曲で、原曲はもちろんジャクソン5の1970年のヒット曲です。22年越しで、両曲とも全米ナンバーワンを獲得しています。

ライブのMCでは、「ずっとお気に入りだった曲」と言って本曲を紹介。バックボーカルとして歌っているのは、トレイ・ロレンツです。

その後、彼女の人気はとどまることを知らず、代表曲『ヒーロー』『恋人たちのクリスマス』が登場するのはさらにこの後のことです。

アイル・ビー・ゼア / マライア・キャリー

Mariah Carey - I'll Be There (MTV Unplugged - HD Video)
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【1995年洋楽】今は亡きスキャットマンが大ブーム!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1995年洋楽】今は亡きスキャットマンが大ブーム!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1995年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 850 view
【80's~90's洋楽】豪華スター夢の共演!!

【80's~90's洋楽】豪華スター夢の共演!!

活気があった80年代~90年代の音楽業界。今回はそんな当時から元気を貰うべく豪華スターたちによる夢の共演を独断と偏見でご紹介していきたいと思います。今ではもう実現不可能なコラボレーションが多くありますね。
mm | 720 view
【1999年洋楽】GOLDFINGER '99の原曲!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1999年洋楽】GOLDFINGER '99の原曲!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1999年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 289 view
【1998年洋楽】『タイタニック』の主題歌といえば・・・「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1998年洋楽】『タイタニック』の主題歌といえば・・・「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1998年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 149 view
【1997年洋楽】とにかく明るい安村が使ったあの曲も!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1997年洋楽】とにかく明るい安村が使ったあの曲も!?「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1997年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 311 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト