呪文唱えたことある?異色ヒロイン黒井ミサが活躍するエコエコアザラク
2019年10月2日 更新

呪文唱えたことある?異色ヒロイン黒井ミサが活躍するエコエコアザラク

週刊少年チャンピオンで連載された大人気ホラーマンガ「エコエコアザラク」。怖いけれど引き込まれるストーリー、まぶたに焼きつくカラーを想像したくない黒い絵。衝撃を受けたシーンを中心に黒井ミサ、古賀新一の世界を懐かしく振り返ります。

35,492 view

エコエコアザラクとは?

『エコエコアザラク』 は、古賀新一による日本のホラー漫画作品。
エコエコアザラク 1 (少年チャンピオン・コミックス) | 古賀 新一 | 本 | Amazon.co.jp (1694428)

秋田書店発行の『週刊少年チャンピオン』にて1975年9月1日号から1979年4月9日号まで連載するロングヒットとなった。単行本は全19巻。角川書店から文庫版全10巻が出ている。

連載当時の週刊少年チャンピオン

1978年38号。発行部数200万部超の人気マンガ雑誌...

1978年38号。発行部数200万部超の人気マンガ雑誌でした。

懐かしい名作ばかりが目次に並んでいます。

懐かしい名作ばかりが目次に並んでいます。

古賀新一先生

¡ホラー漫画! 是非読んでほしい、古賀新一のまとめ ***恐怖*** - NAVER まとめ (1694395)

古賀 新一(こが しんいち、1936年8月18日 - )は、日本の漫画家。福岡県大牟田市出身。本名の古賀申策(こが しんさく)、また古賀しんさく名義による作品もある。主にホラー漫画を執筆する。
¡ホラー漫画! 是非読んでほしい、古賀新一のまとめ ***恐怖*** - NAVER まとめ (1694412)

私が古賀先生の作品で1番最初に読んだのが「まだらの毒ぐも」でした。とにかく怖かった!
しばらく、なんでもない蜘蛛がすべて毒ぐもに見えました。
大牟田市立平原小学校3年生の時、手塚治虫『ロストワールド』に憧れて漫画家志望となる。福岡市の中学を卒業後、菓子製造会社などで働きながら独学で漫画を習得。21歳で上京し、ひばり書房の貸本向け単行本「黒猫」(短編集)掲載の「影なき犯人」でデビュー。1964年、『週刊マーガレット』で「白ヘビ館」を連載。当時、少女向けホラー漫画家として楳図かずおと双璧を成す存在だった。以後、続々と怪奇漫画を発表し、このジャンルを代表する作家のひとりとなる。
ホラー映画やオカルトブームを追い風に、黒魔術というアイテムを取り入れた『エコエコアザラク』がヒット。後年、度々映像化されている。

ストーリー

エコエコアザラク〜黒魔術で戦う乙女〜 :: 疾走!every night  イラスト・アリプロ・おしゃれ・アニメ♪ブログ|yaplog!(ヤプログ!)byGMO (1694626)

出典 yaplog.jp
黒魔術を駆使する若い魔女・黒井ミサ(くろいミサ)を主人公とし、ミサに関わる奇怪な事件、人々の心の闇を描く。原作の黒井ミサは、善人であれ悪人であれ場合によっては人を平気で惨殺する非情な魔女として登場、特に自分に対する性犯罪者に対しては容赦ない場面がたびたび描かれた。
ミサは魔女としての残忍さと普通の女子高生としての可愛らしさを併せ持つ得体の知れないキャラクターであるが、回が進むにつれ、比較的明るい性格の娘へと変化していった。しかし、基本的には邪悪さを隠し持ったダークヒロインであった。
愛のない世界からの脱却 9 | VOCK  トマムに暮らし、木製クライミングホールド&自然素材アクセサリー制作中 (1694442)

黒井ミサが唱える呪文は、バスク語に由来するウイッカの典礼聖歌の一つ「エコエコアザラク エコエコザメラク エコエコケルノノス エコエコアラディーア」(Eko, Eko, Azarak, Eko, Eko, Zomelak, Eko, Eko, Cernunnos, Eko, Eko, Aradia!)などである。

黒井ミサ

普段は黒魔術を使うとは思えないような普通の女子中学生。
明るい笑顔もたびたび見せる。
少年誌発行部数1位だった頃のチャンピオンはこんな感じ その1 基礎データと記事ページ - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明 (1694458)

59 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • キンドーちゃん。 2018/3/17 00:14

    このころのチャンピオンは黄金期だったね~。 あのころ怖くて読めなかったけど、手に入れてちゃんと読んでみたくなりました。 おもしろい記事をありがとう。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メラメラメラ『この恨み、晴らさで置くべきか~!』魔太郎がくる!!オカルト的な復讐・・・

メラメラメラ『この恨み、晴らさで置くべきか~!』魔太郎がくる!!オカルト的な復讐・・・

藤子不二雄Ⓐによる日本のホラー漫画作品で1972年から1975年にかけて『週刊少年チャンピオン』で連載されていました。子供の時は復讐方法が残忍で恐かったのを覚えています。
ギャング | 11,892 view
つのだじろう「恐怖新聞」読むと100日寿命が縮む新聞

つのだじろう「恐怖新聞」読むと100日寿命が縮む新聞

「しんぶ~ん」の声とともに、午前0時に配達される恐怖新聞。70年代のホラー漫画ブームを牽引し、オカルトの世界にかかせない存在となった、つのだじろう先生の「恐怖新聞」。どのような漫画だったか振り返ります。
成瀬梨々 | 15,083 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 257 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 862 view
90年代オカルトの定番!世界・ふしぎ発見で特集された「神々の指紋」のグラハム・ハンコック!現在は何をやってるの?

90年代オカルトの定番!世界・ふしぎ発見で特集された「神々の指紋」のグラハム・ハンコック!現在は何をやってるの?

いつの時代もマニアの心を惹きつける「オカルトネタ」。古代文明の分野でも特筆すべきヒット作が存在します。それが、今回ご紹介するグラハム・ハンコックの著した「神々の指紋」です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト