淫靡な雰囲気がたまらない! 日本独特の性カルチャー、ラブホテルの歴史とは!? また、ラブホテルを題材にした映画も一挙紹介!
2020年12月7日 更新

淫靡な雰囲気がたまらない! 日本独特の性カルチャー、ラブホテルの歴史とは!? また、ラブホテルを題材にした映画も一挙紹介!

日本中に存在する「ラブホテル」。いつの時代も淫靡なイメージがありますよね。そんな日本独特の性カルチャーについて語ります。

2,661 view

セックスに対する庶民の情熱の歴史がラブホテルにはある!? 日本の住宅事情が生み出した秘め事の歴史とは?

日本中に存在する「ラブホテル」って、よく考えたら不思議な場所だと思ったことはありませんか? そもそもラブホテルって名称からして怪しいし、まさに男と女がセックスをするためだけに行く場所そのものってイメージ。

もう名前からして生々しいと言うか淫靡な雰囲気を醸し出していて、ラブホテルの前を通るたびに、各部屋では様々な世代の男と女がセックスを繰り広げているのかと思うと、妙な気持ちになったりします。

ラブホテルで起こる切ない人間模様『ホテルローヤル』予告編

波留が主演したラブホテルを舞台にした人間ドラマ。伊藤沙莉も出ています。

映画『ホテルローヤル』
公開日:2020年11月13日(金)
監督:武正晴
脚本:清水友佳子
出演:波瑠、松⼭ケンイチ、余貴美⼦、原扶貴⼦、伊藤沙莉 他
原作:桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊)
近年はカラオケや女子会だったり、サラリーマンたちの休憩場所など、違う用途の使い方をするケースもあるようですが、それでもラブホテルってやっぱり淫靡なイメージ。

入る時なんて、ドキドキしながらそそくさと入り口に入ったり、部屋を決める電光掲示板のボタンを押し間違えたりしたり、部屋に入るまでのエレベーターの中で、なにを喋ればいいんだろうかとか、そんな記憶のある方も多いかと思います(ないか)。

そこで今回は、日本におけるラブホテルについてちょっと調べてみようと思います。このセックスをするための宿泊施設は、いつから、また何故できたのか? 淫靡な匂い漂う、男女のセックスに対する情熱と努力の歴史を振り返ってみましょう。

お茶屋の休憩所がラブホテルの起源? 江戸時代の住宅事情では秘め事ができなかった!?

歴史的に見ると、江戸時代あたりでは遊郭、茶屋などがラブホテルの機能を持っていたようで、その中でも遊郭は高級娼館として機能していました。庶民は茶屋などで逢引をしていた訳ですね。茶屋の休憩室の奥には布団が敷かれていて、コトをいたすことが出来たようです。これを「出会茶屋」と呼んでいました。

明治になると、出会茶屋は待合茶屋へと変貌します。待合(まちあい)とは、基本は待ち合わせや、会合のために場所を提供する貸席業(貸座席とも呼んだそうです)で、主に芸奴(げいぎ)との遊興や飲食を目的として利用されていたそうです。

映画『さよなら歌舞伎町』予告編

前田敦子がキュートでセクシーな演技で話題になった2015年の映画です

映画『さよなら歌舞伎町』
公開日:2015年1月
監督:廣木隆一監督
脚本:荒井晴彦・中野太
出演:前田敦子、染谷将太、松重豊、南果歩、イ・ウンウ他

江戸時代の出会茶屋は作りに凝っていたそうで、小さな四畳半程度の小座敷ながら、泊まり込みも大丈夫と謳ったのが大当たりしたそうです。明治になると待合と呼ばれる貸席業へと変貌したわけですね。これって、ラブホテルの原型って感じがしませんか。

このような流れで、明治時代の出会茶屋は待合茶屋、その後、待合という名称に変化していきました。待合は内密な打ち合わせや商談に利用される建前で作られたものですが、どうやら男女の愛瀬に使われていたのが実情だったみたいですね。

男女の逢瀬は今も昔も大変だった!? 青姦が一般的(?)だった庶民のために 休憩可能な格安宿がついに誕生!

当時の主な風俗は、待合、料亭、芸妓茶屋などが庶民に利用されていた遊びだったようで、これは「三業」と呼ばれる風俗業態だったそうです。関西などでは、置屋と貸席という「二業」と呼ばれていました。

お高い遊びだった料亭の芸妓遊びを庶民的にしたものが、待合茶屋、待合だったということなのでしょう。きっと売春も行われていたのだろうとは思いますが、そのうちお泊りもできるようになると、カップルが利用するようになって、これが今で言うラブホテルの原型になったということなのでしょう。

昭和初期になると、「円宿」という宿が流行りだします。これはまさに連れ込み宿。休憩もある料金体系は、宿泊2円、休憩1円。この料金システムによって「円宿」という名称になったと言われています。これは出会茶屋とは違って芸妓も飲食もなく、まさに泊まるだけの安宿です。円宿は日雇労働者や流れ者も利用しましたが、その多くはカップルだったと言っていいでしょう。

昔の日本では、いわゆる連れ込み宿的な男女がセックスをするような場所はほとんど無かったようで、もっぱら青姦(あおかん)が一般的だったそうです(笑)なんと開放的というか大胆というか。いったいどこでヤッてたんだよって気もしますが、日本人の住宅事情を考えると仕方なかったのかなって気もします。

映画「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」(2019年1月18日公開) 予告

ラブホテルが舞台の密室群像劇。酒井若菜が魅力的

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』
公開日:2019 年1月
監督・脚本:宅間孝行
出演 : 三上博史, 酒井若菜, 波岡一喜, 三浦萌, 樋口和貞他
庶民の一般的な住宅事情は現代とは違いとても悪くて、部屋は狭くお風呂もない長屋に住んでいるのが普通でした。夫婦の営み、カップルの逢瀬などはとても苦労していたようです。昔の日本人は青姦大好き!というのはさすがに言えないかもしれません。セックスをするのも苦労がいる時代だったってことなのでしょう(笑)

カップルが利用する簡易宿(連れ込み宿)は回転率が高く、繁盛するようになると、繁華街や郊外にも急増していきます。1960年初頭には3千軒弱ほどあったそうです。あまりにも連れ込み宿が儲かるものだから、残っていた遊郭や花街、貸し座敷も業務変換し、連れ込み宿に転業したり、一般旅館も改装して連れ込み宿になったりしたそうです。今でも「旅荘」って看板が出ている宿が残っていたりしますよね。あれも連れ込み宿という認識でいいのではないでしょうか。

高度経済成長期に日本人の性欲も高度性欲成長期に!? 生活に余裕が生まれた庶民たちのセックスパワーがラブホテルを生み出した!

ラブホテルという名称が一般的になるのは1960年代後半あたりからで、時代でいうと高度成長期が円熟期に入った頃。それなりに生活の余裕が生まれ始めた時代ですね。庶民もだんだんと遊ぶお金が使えるようになり、きっと性風俗や不倫、恋愛など、性に対してもお盛んになっていったってことなのでしょうか。
電動ベッドのあるホテルは今や貴重です!

連れ込み宿(旅館)も日本経済が豊かになるに連れ変貌していきます。この頃にもなると、日本人も海外旅行に行く人が増えていきました。好調な経済とともに余暇を楽しむ余裕が生まれた日本では、さまざまな娯楽施設が増えていきます。ラブホテルもその流れに沿って、外国に憧れる人や、非現実的な世界を楽しみたい人、セックスの快楽に対して貪欲な人たちのニーズに答えるように変貌していきました。

和風旅館風が一般的だった建物は海外のイメージを取り入れ、お城のようなホテルになったり、船を形どったものだったり、電動ベッドや大きなプールのある部屋があったりと、部屋の内装にも凝りに凝りまくったものが作られるようになりました。
 (2242785)

WOWOW「ドラマW土曜オリジナルドラマ」で放送された相武紗季主演のドラマです。「ホテルローヤル」と同じ原作者、桜木紫乃の作品。

映画『硝子の葦』
公開日:2015 年2月
監督・三島有紀子
原作・桜木紫乃
出演 : 相武紗季、小澤征悦、奥田瑛二、中村ゆり 他
その流れの中でエポックメイキングなホテルが登場します。1973年、東京の目黒に「目黒エンペラー」というラブホテルが作られます。西洋の古城をイメージしたその作りは異様というか、ファンタジックというか、その景観に人々は驚かされました。ラブホテルは宣伝があまりできない業種です。そうなると、見た目で勝負して話題になるという戦略にせざるを得ない事情もあったのではないでしょうか。

目黒エンペラーは見事に当たり、テレビなどでも紹介されるなどして人気を博しました。この流れでラブホテルの過剰な演出志向に拍車がかかります。全国各地で派手でコンセプチュアルなラブホテルが建設されるようになりました。

ラブホテルの乱立で、ついに警察管轄となったラブホテル 風前の灯となるかと思いきや、性欲の力は偉大だった!?

しかし、この流れも法改正によって変化せざるを得なくなります。風営法の改正で、それまでラブホテルは一般のホテルや旅館と同じ旅館業法で規定されていたのですが、「店舗型性風俗特殊営業」と規定されます。これによってラブホテルは警察の監督下に置かれるようになりました。

この警察の監督下に入ることを嫌がるラブホテル経営者が一定数いました。あくまでも旅館業法での「旅館」として経営したかったからです。警察の管轄となる風営法下に置かれると、また新たにラブホテルとしての営業許可証が必要になり、各種届け出が必要になるからです。また、条例などで学校や児童福祉施設近辺で営業ができなくなり移転せざるを得ないケースも生じました。経営者側からすれば、このようなコスト負担に耐えられるわけがありません。これらの変更により、移転や廃業をするラブホテルが続出するようになったのです。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

ハゴロモより、女優・タレントとして活躍する宮崎美子(62)のデビュー40周年を記念した『デビュー40周年記念カレンダー&フォトブック』の発売が決定しました。
隣人速報 | 17,421 view
篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 13,082 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 3,723 view
還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

女優・タレントとして活躍する宮崎美子(61)がこのたび、自身の芸能人生初となるカレンダーを発売し、40年ぶりにビキニ姿を披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 14,760 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,800 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト