さぁ、ご覧ください。今や伝説、「必殺シリーズ」70年代後半に放送されたのがコレです!
2019年11月2日 更新

さぁ、ご覧ください。今や伝説、「必殺シリーズ」70年代後半に放送されたのがコレです!

「必殺シリーズ」のまとめ記事、第2弾は「必殺仕業人」からはじまる70年代後半編です。70年代後半には、シリーズ最大の問題作と最大のヒット作があります。さぁ、ご覧ください。で、今日は、どこのどいつを殺ってくれと仰るんで?

14,074 view

必殺シリーズ 1976年1月~81年1月

1972年に「必殺仕掛人」から始まった必殺シリーズ。その後、「必殺仕置人」、「助け人走る」、「暗闇仕留人」、「必殺必中仕事屋稼業」、「必殺仕置屋稼業」と70年代前半を駆け抜けました。
必殺シリーズといえば、なんと言っても藤田まこと演じる中村主水ですよね。
中村主水

中村主水

演)藤田まこと
ところが、70年代前半の必殺シリーズ6作品の内、中村主水が出てくるのは半分の3作品なんです。しかも中心的存在となると1975年の「必殺仕置屋稼業」のみ。これがいわゆる「主水シリーズ」の実質的な1作目となります。意外な感じですよねぇ。それでは70年代後半はどうなっていたのでしょう?順にご紹介します。

必殺仕業人

70年代後半、一発目は1976年1月から放送が開始された「必殺仕業人」です。前年、日本中で大ブーム、大ヒットとなった曲があります。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ 」です。そう、「あんた、あの娘のなんなのさ」の歌詞で有名なあの曲です。で、「必殺仕業人」はこの人気にあやかったんですね。各タイトルが「あんた、〇〇〇をどう思う」で統一されており、ナレーターはダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童が務めています。
必殺仕業人

必殺仕業人

脚本:安倍徹郎、中村勝行、野上龍雄
監督:工藤栄一、松本明、蔵原惟繕、田中徳三
出演者:中村敦夫、大出俊、中尾ミエ、渡辺篤史、美川陽一郎、鶴田忍、菅井きん、白木万理、藤田まこと
ナレーター:宇崎竜童

放送期間:1976年1月16日~7月23日
しかし、一番の驚きはダウン・タウン・ブギウギ・バンドよりも、仕業人のひとり赤井剣之介役に 中村敦夫を起用したことです。中村敦夫といえば、「必殺仕掛人」時代のライバル番組でこれまた一世を風靡した時代劇「木枯らし紋次郎」の主演だったんですからね。朝日放送も思い切ったことをしたもんです!そしてこのキャスティングは大成功を収めました。

【必殺仕業人】『あんたこの世をどう思う』 第1話

「必殺仕業人」は前作でも好評だった中村主水を中心に据えています。しかも、前作「必殺仕置屋稼業」からの続きとなっているんですよ。哀れ前作の最終回で降格処分を受けた中村主水は最下位の地位である小伝馬町牢屋敷の牢屋見廻り同心に身を落としているところからスタートします。

必殺からくり人 ~ 必殺からくり人・血風編

「必殺仕業人」が7月23日で終了した後、間髪を入れずに翌週にあたる1976年7月30日から「必殺からくり人」がスタート。ここでは中村主水が外れ、シリーズ3度目となる緒形拳、森田健作等が活躍することになります。が、特筆すべきは、花乃屋仇吉役で山田五十鈴が必殺シリーズ初登場となることですね。
必殺からくり人  -  必殺からくり人・血風編

必殺からくり人 - 必殺からくり人・血風編

必殺からくり人
脚本:早坂暁、中村勝行、保利吉紀
監督:蔵原惟繕、工藤栄一、大熊邦也、松野宏軌
出演者:緒形拳、森田健作、芦屋雁之助、ジュディ・オング、間寛平、山田五十鈴
放送期間:1976年7月30日~10月22日


必殺からくり人・血風編

脚本:村尾昭、安倍徹郎、神代辰巳、中村勝行
監督:蔵原惟繕、工藤栄一、貞永方久
出演者:山崎努、浜畑賢吉、ピーター、吉田日出子、草笛光子
ナレーター:芥川隆行

放送期間:1976年10月29日~1977年1月14日
「必殺からくり人」は10月22日で終了し、次作には中村主水を中心とした「新・必殺仕置人」が予定されていたのですが、藤田まこと、更には中村せん役の菅井きんとの交渉が難航してしまい、急遽「必殺からくり人・血風編」が制作されることになりました。

新・必殺仕置人

シリーズ最高傑作と評されることのある「必殺仕置人」、その続編として制作された「新・必殺仕置人」もまた評価の高い作品です。藤田まこととも菅井きんとも無事に交渉がまとまり、「新・必殺仕置人」は1977年1月21日~11月4日まで実に全41話という人気番組となりました。
新 必殺仕置人

新 必殺仕置人

出演者:藤田まこと、中村嘉葎雄、火野正平、中尾ミエ、山崎努
ナレーター:芥川隆行

放送期間:1977年1月21日~11月4日
人気の秘密に山崎努演じる人気の高かったキャラクター念仏の鉄を再登場させたことが挙げられるでしょう。やっぱりいいですもんね、念仏の鉄のレントゲン映像を使った殺しのシーン。

【殺陣名シーン】新必殺仕置人「問答無用」 第1話(1977年)【必殺シリーズ】

シリーズ第10作目というひとつの区切りとなった「新必殺仕置人」。やはり山崎努の念仏の鉄は最高です。が、残念ながらこの作品が最後となってしまいます。
最終回はかなり悲惨で、中村嘉葎雄演じる巳代松は拷問の末に廃人となり、その巳代松を救おうとして鉄は商売道具の右手を黒焦げに焼かれてしまうのです。二人の最後の仕事を見届けた中村主水は、一人、江戸の町に残るという、なんともやるせないラストです。
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/11/4 18:20

    からくり人は受け入れられないじゃなくて初代にあやかって故意に1クールにしてるんだと思いますけどね。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

≪必殺仕事人≫副業、裏稼業。爽快に必殺!

≪必殺仕事人≫副業、裏稼業。爽快に必殺!

藤田まこと主演のテレビ朝日時代劇、必殺仕事人の完全再現! 1990年バンプレストより発売されたコマンド型アドベンチャーゲームです。 アヘンや抜け荷、神隠し・・様々な事件が一つの事件に集約されていく、 王道ながら完成されたストーリーの時代劇、その展開を全てご紹介します! ゲームから入るの、意外にアリですよ~~。
ivory06 | 5,626 view
さぁ、ご覧ください。今や伝説、「必殺シリーズ」70年代前半に放送されたのがコレです!

さぁ、ご覧ください。今や伝説、「必殺シリーズ」70年代前半に放送されたのがコレです!

時代劇は面白い。中でも「必殺シリーズ」は30年以上に渡って放送されているだけあって今観てもバツグンの面白さです。70年代前半に放送された必殺シリーズの1作目から5作目までをご紹介します。
obladioblada | 5,680 view
「非っ常にキビシ〜ッ!」のギャグで一世風靡した財津一郎(和夫じゃない方)は新喜劇座長だった!

「非っ常にキビシ〜ッ!」のギャグで一世風靡した財津一郎(和夫じゃない方)は新喜劇座長だった!

手を頭の後ろから回して反対側の耳をつかんで甲高い声で叫ぶ「非っ常にキビシ〜ッ!」でお馴染みの財津一郎。現在も流れるタケモトピアノCMではご健在。バザール・デ・ゴザールの声も財津一郎だったのをご存知ですか?
ドラマ『必殺シリーズ』で描かれた魅力的な「必殺技」について語るスレ。

ドラマ『必殺シリーズ』で描かれた魅力的な「必殺技」について語るスレ。

池波正太郎の小説を原作とした、必殺仕事人のテレビシリーズ!庶民の晴らせぬ恨みを金を貰って代行する裏稼業!主人公たちが繰り広げる、魅力的な必殺技について語りましょう。
中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

映画『ダイアモンドは傷つかない』。主演は新人・田中美佐子。ヌードシーンはスレンダーな肢体を露わに、山崎努演じる中年男との情事をエロティックに描いた。同作で田中美佐子は第6回日本アカデミー賞(1983年)の新人俳優賞を獲得した。
ひで語録 | 26,036 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト