ファンならおすすめ!「めぞん一刻~想いでのフォトグラフ~」のファミコン版はどんな感じ!?
2017年1月20日 更新

ファンならおすすめ!「めぞん一刻~想いでのフォトグラフ~」のファミコン版はどんな感じ!?

原作は高橋留美子大先生による漫画作品です。それを元にしたファミコンゲームがこちらの作品になります。1988年7月27日にボーステックより発売されています。アドベンチャーゲームですね。 PC版も発売されています。原作の序盤を元にしたオリジナルストーリーになっています。 ファンなら一度はプレイして欲しい作品です。それではご紹介していきましょう。

21,014 view

めぞん一刻とは?

めぞん一刻 登場人物・・。

めぞん一刻 登場人物・・。

「時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー。人よりも苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な青年・五代裕作と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てるがゆえの真面目さを合わせ持つ美貌の管理人・音無響子の織り成す恋愛模様について、周囲を取り巻く常識はずれの面々が住むおんぼろアパート「一刻館」を舞台に、高橋独自のリズミカルでコミカルな展開で小気味良く描かれる。1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である。
個人的にはもの凄い好きな作品でした。
っていうか今でも好きです。高橋留美子さんの「うる星やつら」とかはあまり好きじゃ無いんですけど、この作品は大人向けと言うこともあって、正直共感できる部分も多々有り、五代くんに感情移入をしていました。

そんな原作を元にしたゲームの内容は?

ファミコンのカセットです。

ファミコンのカセットです。

原作の序盤を元にしたゲームオリジナルのストーリーです。
音無響子がヒタ隠しているというある秘密を探る。と言うのが最終目的になります。
しかし何も知らずに始めるとその目的が全くわからない。しかも四谷の機嫌がわるいと五代が死ぬという展開もあります。ファミコン版はPC-9801シリーズ版の移植作です。
内容はPC版とほぼ同じですが、ファミコン版はエンディングなどが追加されています。
また当時のファミコンとしては画像が良かったのも良い思い出です。

ストーリー紹介!

「管理人さん!」
「管理人さんだなんて……響子って呼んで」
「きょ、響子。……好きだ!!」
「いけませんわ、そんな、五代さん」
「いいじゃないか、響子。響子。響子……」

時計坂のオンボロアパート「一刻館」で、妄想に浸っている五代裕作。一浪の末にやっと大学に入り現在3年生。「一刻館」の管理人音無響子にひたすら思いを寄せている、頼りなくて貧乏な、この五代をキミが演じます。ところが、若き未亡人の管理人さんはヤキモチ焼きで、機嫌を損ねると部屋に入れてくれないどころか、話もしてくれなくなります。おまけに「一刻館」の住人たちは、ひとくせもふたくせもある人たちばかり。たかるは、邪魔はされるは………。どうやら響子さんは秘密の写真をどこかに落としてしまったらしいということはわかっても、その写真がどんなものなのかを調べるのにひと苦労。さあ、響子さんの秘密の写真とは……。「めぞん一刻」はじまり、はじまりー。

登場人物紹介!

五代裕作(ごだいゆうさく)

アニメの画像です。

アニメの画像です。

一刻館5号室の住人。善良で心優しいが優柔不断。
トラブルに巻き込まれやすい典型的なラブコメな主人公!
でもやるときはやるって言う男ですよね。
管理人の音無響子さんに一目惚れ。それからずっと好きだって言うんだから一途ですよね。
このゲームのプレイヤーはこの主人公を捜査するわけです。

音無響子(おとなしきょうこ)

ヒロインですよね。

ヒロインですよね。

若くて美人でスタイル抜群の未亡人。
一刻館の管理人を務めています。五代くんより2歳年上という設定ですね。
女子校時代に講師として赴任してきた音無惣一郎と結婚します。が、惣一郎さんは結婚して半年で亡くなってしまい未亡人に。性格に難有りと言ったところでしょうか?
焼き餅焼きで、五代君の事が好きなのに、それを認めないみたいなところがありましたよね・・。
最終的には五代君と結ばれるのも良いエンディングだと思いますけどね。

一の瀬花枝(いちのせはなえ)

一ノ瀬のおばさん

一ノ瀬のおばさん

一刻館1号室の住人。詮索好きで世話好きのいわゆる典型的なおばさん。
騒動が好きで、酒好きの宴会好きというのもあります。
昼間から酒を飲んでいたり、とてもユニークで面白い存在ではあります。
普段はちゃらんぽらんですが、大人だけにときおりアドバイスもくれます。
ちなみにあまり出てきませんけど、夫がいます。
子供は一の瀬賢太郎といい、小学生ですね。

四谷(よつや)

63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

サラダの国のトマト姫はメルヘン風のアドベンチャーゲーム。ヒット作として登場したファミコン版の出来映えは?

サラダの国のトマト姫はメルヘン風のアドベンチャーゲーム。ヒット作として登場したファミコン版の出来映えは?

「サラダの国のトマト姫」はハドソンが発売したアドベンチャーゲームです。擬人化された野菜達によって繰り広げられるゲームで、1984年にパソコン版、1988年にファミコン版、2004年に携帯電話版が発売されています。パソコンゲームの初期のアドベンチャーゲームのヒット作として知られています。
OVA【NINJA GAIDEN】ゲームからアニメ化!魅力や他の忍者コンテンツとの比較!

OVA【NINJA GAIDEN】ゲームからアニメ化!魅力や他の忍者コンテンツとの比較!

海外では圧倒的な人気を誇るゲームコンテンツ『NINJA GAIDEN』。その歴史はアーケード版から始まり、家庭用ゲーム機のソフトとしても発売されました。OVA作品も制作され、 そのキャラクターデザインは後のゲームソフトにパッケージにも採用されました。今回はOVA版に焦点を当て、その魅力の紹介や他の忍者コンテンツとの比較をしていきます。
tsukumo2403 | 203 view
【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

出演したAV作品は一本限りなのに、その圧倒的な存在感は、現在にも語り継がれるほどの葉山レイコさん。そんな彼女に注目して、エピソードや出演作を中心にご紹介していきたいと思います。現在もその美しさは健在ですが、全盛期の葉山レイコさんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 24,727 view
1988年発売「桃太郎電鉄」シリーズ第1作目!今も昔もファンが多い「桃鉄」の原点を振り返る

1988年発売「桃太郎電鉄」シリーズ第1作目!今も昔もファンが多い「桃鉄」の原点を振り返る

「桃太郎電鉄」は、1988年12月2日にハドソンから発売されたファミコン用カセットです。正式名称は「桃太郎電鉄」ですが、「桃鉄」の愛称でファンから愛されてきました。その桃鉄を原点となるファミコン版「桃鉄」をまとめさせていただきました
Diablos★Rock | 2,494 view
【ファミコンウォーズ】初心者から熟練者まで誰でも楽しめる、ファミコン史に燦然と輝く傑作SLG!!

【ファミコンウォーズ】初心者から熟練者まで誰でも楽しめる、ファミコン史に燦然と輝く傑作SLG!!

ファミコンのシミュレーションゲーム(SLG)には「信長の野望」や「三国志」、「ファイヤーエムブレム」など、多数の傑作が存在します。しかし、その中であえて至高を選ぶなら、個人的には迷わず「ファミコンウォーズ」を選ぶでしょう。シンプルにして奥深く、長く楽しめる逸品です。そんな「ファミコンウォーズ」の魅力を見てみましょう。
fang-off | 3,898 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト