セックス・ピストルズの伝説のベーシストの愛と破滅を描いた「シド・アンド・ナンシー」(1988年)
2016年10月14日 更新

セックス・ピストルズの伝説のベーシストの愛と破滅を描いた「シド・アンド・ナンシー」(1988年)

1988年に日本で公開されたイギリス映画、「シド・アンド・ナンシー」。イギリスのパンク・ロック・バンド「セックス・ピストルズ」のシド・ヴィシャスを主人公とする、破滅に至る過激な恋愛映画です。実話に基づいた切ないラブストーリーを一緒にのぞいてみませんか?

10,112 view

伝説のパンク・ロック・バンド、セックス・ピストルズ

「シド・アンド・ナンシー」はイギリスのパンク・ロック・バンド、セックス・ピストルズ(Sex Pistols)のベーシストであるシド・ヴィシャスの実話に基づく恋愛映画です。
映画についてご紹介させて頂く前に、セックス・ピストルズがどういったバンドだったのか、シドはどういう人物だったのかというご説明からまずはさせて頂きます。

セックス・ピストルズとは?

セックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。
1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニューウェーブ・ムーヴメントを代表するバンド。自国の王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、短命でありながらも、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。
1970年代半ば頃のイギリスは深刻な経済不安に陥っており、景気も低迷していました。
そんな時代背景の中で斬新なファッションに身を包み、過激で攻撃的な歌詞を歌い上げるセックス・ピストルズはデビューします。
反体制的な歌詞ゆえに放送禁止やライブ会場での演奏中止も幾度と知れず、大手レコード会社との契約破棄も2度に渡ったピストルズでしたが、社会に不満を持つ若者達を中心に熱狂的な支持を得ました。

メンバーは4人(1975年のデビューから1978年の解散に至るまで)。
ボーカルのジョニー・ロットン(本名:ジョン・ライドン)、ギター及びベースのスティーヴ・ジョーンズ、 ドラムスのポール・クック、そしてベースは当初グレン・マトロックが担当していたのですが、1977年にシド・ヴィシャスへと変わります。
セックス・ピストルズ

セックス・ピストルズ

セックス・ピストルズは、イングランド出身の70年代を代表するパンク・ロックバンド。
出典 okmusic.jp

セックス・ピストルズを代表する楽曲

セックス・ピストルズは短命なせいもあり、スタジオでレコーディングされたアルバムは1977年に発表された「勝手にしやがれ!! - Never Mind the Bollocks」のみです。
そのアルバムにも収録されている、ピストルズを代表する曲を2曲ご紹介いたしますので、彼らの曲をご存知ない方は一度聞いてみれらるとよいかもしれません。
どちらも過激な歌詞が特徴的で、世界中で放送禁止を受けたりしました。

アナーキー・イン・ザ・U.K.(Anarchy In The UK)

1976年に発表された曲で、当時の全英シングルチャートで最高38位。
「イギリスに政府なんかいらない!」という過激な内容です。

ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(God Save the Queen)

1977年に発表された曲で、全英シングルチャートで最高2位を記録。エリザベス女王即位25周年の祝典の日にテムズ川のボートでゲリラ・ライブを行い、英国国家と同タイトルながら徹底した王室批判であるこの曲を演奏し、逮捕されています。

シド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲン

映画「シド・アンド・ナンシー」の主人公はシド・ヴィシャスとその恋人ナンシー・スパンゲンの2人です。
ここではこの2人の人となりを見てみましょう。

シド・ヴィシャス

本名はジョン・サイモン・リッチーと言い、1957年にイングランドに生まれました。
芸名の由来はセックス・ピストルズのヴォーカルであるジョニー・ロットンが昔飼っていたハムスターの名前から来ており、ロットンの父親に噛みついたことから「ヴィシャス(凶暴な)」という苗字がつけ加えられました。
ピストルズのファンであったシドは、専門学校時代からの友人でもあるジョニーから誘いを受け、グレン・マトロック脱退後にピストルズの一員となります。
シドが実際にピストルズで活動していたのは約1年という短さでしたが、そのカリスマ性と過激なパフォーマンスでピストルズを一気にスターダムにのし上げました。

パンク・ロックの伝説となった人物ですが、また重度の麻薬中毒者としても知られています。
麻薬の過剰摂取により、シドは1979年に21歳という若さで夭折してしまいます。
シド・ヴィシャス(Sid Vicious)

シド・ヴィシャス(Sid Vicious)

セックス・ピストルズをスターダムにのし上げた功労者、シド・ヴィシャス。

ナンシー・スパンゲン

ナンシー・スパンゲンは1958年にアメリカのフィラデルフィアで生まれました。
知的な賢い女性でしたが、家庭崩壊をきっかけに若くして薬にハマっていきます。
窃盗、麻薬の密売等で生計をたてて生活をし、ニューヨークに移住してからはストリッッパーや売春婦をしていました。
1977年にロンドンに移住し、シド・ヴィシャスと知り合いますが、翌年ナンシーは何者かによってバスルームで刺殺されます。
享年20歳。彼女もまたシドと同じく破滅的で短い人生でした。
ナンシー・スパンゲン(Nancy Spungen)

ナンシー・スパンゲン(Nancy Spungen)

シド・ヴィシャスの恋人であったナンシー・スパンゲン。

出会い、それは破滅への序章

シド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲンが出会った当初、ジョニー・ロットンは様々なバンドのグルーピーであったナンシーを嫌っていてシドから遠ざけようとしていました。
ですが結局二人は惹かれあい、一緒に生活するようになります。
一説ではシドを誘惑したのはナンシーだと言われていますが、孤独に苦しんでいたシドには唯一の理解者でした。

セックス・ピストルズも解散となり、やりたい事もやれず苛立ちの募るシド。
二人だけの世界の心地よさを追い求め、薬への依存はどんどん深くなっていきました。
同時にナンシーに対するシドの暴力もますます壮絶になっていきます。
そんな二人でしたが、1978年、ナンシーの死亡により二人の刹那的で激しい愛は終焉を迎えます。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【セックス・ピストルズ】今でもカリスマ的人気は衰えないレジェンド・パンク・バンド

【セックス・ピストルズ】今でもカリスマ的人気は衰えないレジェンド・パンク・バンド

 70年代、「ニューヨーク・ドールズ以上に過激なバンドを…」とデザイナー兼マネージャーのマルコム・マクラーレンが、自分の店にたむろしていた不良少年たちのバンドに目をつけたのがきっかけでセックス・ピストルズは結成された。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」…ほぼ1年あまりの短い期間で伝説となったセックス・ピストルズ70年代についてまとめてみます。
Yam | 44,130 view
期待が高すぎた可愛そうなアニメ「魔法のステージファンシーララ」は異色かもしれないけど、駄作ではないんだよ! 今こそ語りたい、その魅力。

期待が高すぎた可愛そうなアニメ「魔法のステージファンシーララ」は異色かもしれないけど、駄作ではないんだよ! 今こそ語りたい、その魅力。

株式会社ぴえろの「創立20周年記念作品」にして「魔法少女シリーズ開始15周年記念作品」。でも予定の半分の話数で終わってしまった可愛そうな本作を語ってみたいと思います。
こういち | 670 view
35歳の若さで孤独死した『川越美和』彼女に何があったのか?

35歳の若さで孤独死した『川越美和』彼女に何があったのか?

1988年10月、アイドル歌手としてデビューした川越美和さん。歌やドラマに活躍されていましたが、芸能界を引退してすっかり忘れられた存在になっていました。そんな彼女の話題が浮上したのは引退から10年後のこと。35歳の若さで『孤独死』していたという、ショッキングな報道が流れたのです。川越さんに何があったのか、本記事で調べてみたいと思います。
ガチャまま | 3,731 view
部屋に男が侵入!『田村英里子』アイドル時代に体験した2度の恐怖!

部屋に男が侵入!『田村英里子』アイドル時代に体験した2度の恐怖!

1988年にデビューした田村英里子さん。帰国子女ということで注目を集めたアイドルでしたね。そんな田村さんがアイドル時代に遭遇した事件や、ハリウッドに進出した現在をまとめてみました。
ガチャまま | 3,390 view
芸能界最強のクズ説!!『三又又三』のクズ過ぎる伝説!!

芸能界最強のクズ説!!『三又又三』のクズ過ぎる伝説!!

お笑い芸人の三又又三さんダウンタウンの松本人志さんにした借金を踏み倒して絶縁となったニュースがありましたが、それ以外にも数々のクズエピソードを芸人仲間から暴露されています。
ギャング | 23,085 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト