【80'sアイドル】アイドル歌手としてデビューした演歌歌手・長山洋子
2016年12月5日 更新

【80'sアイドル】アイドル歌手としてデビューした演歌歌手・長山洋子

演歌歌手として活躍している長山洋子がディスコシーンを賑わした曲を歌っていた!アイドル歌手としての道のりを辿る!80年代アイドル・長山洋子の活躍を検索してみました!

9,305 view

演歌歌手希望だったアイドルの長山洋子

長山洋子

長山洋子

ながやまようこ
誕生日:1968年1月13日
星座:やぎ座
出身地:東京
性別:女
血液型:AB型
身長:156cm
体重:44kg
デビュー年:1984年
2009年に結婚し本名はスミス洋子になりました。
幼い頃から父の影響を受け民謡教室に通い民謡を習います。10歳の時に民謡教室の先生から三味線をすすめられ今では津軽三味線澤田流名取で、「澤田勝姫」の名前を持つほどの腕前です。

当時、人気バラエティ番組の「8時だョ!全員集合」にて子どもたちがゲストに民謡を教えるコーナーがあり長山もその1人として出演しその縁で芸能事務所からスカウトをされたとか。

民謡で培った歌唱力のを活かして演歌歌手としてデビューをするべくボイスレッスンなどを重ねましたが芸能界がアイドルブームだった頃に10代の女の子が演歌歌手としてというのは早いのではという声があり、急遽アイドル路線に変更しデビューしたという話は有名ですね。
「春はSA-RA SA-RA」

「春はSA-RA SA-RA」

1984年4月にアイドルとして歌手デビューしました。
可愛らしい感じでまとめたデビュー曲はパステルカラーや清純派アイドルとしての色合いでまとめられたステージ衣装を纏い歌っていますが、実はこのアイドルとしてのデビューについては本人が後に語っています。
実は私は演歌歌手としてデビューする予定でした。子供の頃から民謡で育ち、今のレコード会社の少年民謡会にも所属していたので。ですが直前に、演歌には若すぎると路線変更。若かったので言われるがまま、歌とダンスのレッスンをおこない、2~3カ月でデビューしましたが、よく間に合ったと思います。正直なかなかアイドルの歌や振り付けになじめなかったり、衣装にはこんなに露出があるのかとびっくりしたり、ダンスもこわごわ踊っていました。

春はSA-RA SA-RA

出典 youtu.be
アイドルとしての歌唱方法と演歌歌手としての歌唱方法は異なるとは知っていましたが、歌の上手な新人歌手という感じで演歌歌手を目指していたとは当時は感じませんでしたね。

とはいえ、歌唱力があるからと言ってすぐにトップアイドルとして活躍できるほど芸能界は甘くないという現実が待ち受けています。
1年目は事務所も推しまくり営業にも力を入れていたこともあるので仕事はコンスタントにあっても2年目ともなるとスケジュールはガラガラで堀越学園の芸能クラスの生徒として恥ずかしい思いをしたとか。
密やかにときめいて…

密やかにときめいて…

2年目に入ってのシングルは3枚目のこの曲です。
出典 okmusic.jp
「密やかにときめいて…」の前にリリースされた2枚目のシングルは「シャボン」という曲で作詞作曲は桑田佳祐。1984年8月1日に発売されてますがオリコン最高65位とヒットにはつながらなかったという残念な結果になりました。

「密やかにときめいて...」

聴きにくいところまりますが、アイドル歌手としてブレイクする前の貴重な映像です。
出典 youtu.be
4枚目のシングルは「瞬間(とき)はファンタジー」という曲でNHKテレビアニメ「おねがい!サミアどん」主題歌として使われていました。
ゴールドウィンド

ゴールドウィンド

作詞作曲を飛鳥涼が担当した5枚目のシングル曲でショートカットヘアにイメージチェンジしています。
出典 okmusic.jp

ゴールドウィンド

出典 youtu.be
「雲にのりたい」

「雲にのりたい」

7枚目のシングルは黛ジュン「雲にのりたい」でした。この曲でやっとアイドルとしての売れる兆候が見られた感じがした曲となりました。
60年代後半から70年代の歌謡界は少し大人びた歌を歌うため歌唱力が必須と言われた時代なのでこの歌を歌いこなせるということは歌唱力は高いという証明になりますね。

雲にのりたい

出典 youtu.be

トップアイドル・長山洋子誕生

ヒット曲に恵まれず高校で肩身の狭い思いをしていたという長山がトップアイドルになった瞬間は8枚目のシングル「ヴィーナス」をリリースしてからでした。バナナラマ「ヴィーナス」のカバーとカバー続きなのですが、東映映画「ボクの女に手を出すな」挿入歌としても使われた成果かオリコン最高10位という成績でこのことも「ホッとした」と言っています。
ヴィーナス

ヴィーナス

1986年10月21日リリースの8枚目シングル曲です。ミニスカートでダンスナンバーを歌っています。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 63,977 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 71,115 view
【70’sアイドル】アイドル歌手や女優としてマルチで活躍していた高見知佳特集!

【70’sアイドル】アイドル歌手や女優としてマルチで活躍していた高見知佳特集!

のど自慢で勝ち抜きその歌唱力を買われ芸能界デビューした高見知佳。アイドル歌手としてデビューするもトップアイドルへの道は厳しかった!女優やマルチタレントとして活躍するも姿を見ることが激減してしまった高見知佳の黄金期にクローズアップ!
はんまのまま | 5,079 view
【80’sアイドル】ユーロビート調の楽曲といえば荻野目洋子の時代

【80’sアイドル】ユーロビート調の楽曲といえば荻野目洋子の時代

80年代に活躍したアイドル・荻野目洋子。ユーロビート調といえば荻野目洋子と言われるほどダンスフルなナンバーが多いそのシングルヒストリーをここで再確認!
はんまのまま | 3,336 view
【女優☆工藤夕貴】時をかける少女パロディー「お湯をかける少女」が懐かしい!

【女優☆工藤夕貴】時をかける少女パロディー「お湯をかける少女」が懐かしい!

本田美奈子と親類ではないかという噂や?近年のお顔の変貌ぶり?はさておき懐かしい十代の頃の工藤夕貴を振り返ってみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト