竹田かほりを一躍人気者にした「桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)」。シリーズで観ると、また楽しめます。
2018年12月4日 更新

竹田かほりを一躍人気者にした「桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)」。シリーズで観ると、また楽しめます。

「桃尻娘」と書いて「ピンク・ヒップ・ガール」です。70年代から90年代まで、主役を竹田かほり、相築彰子、植松香と変えながら3シリーズ制作されています。どれもエロ可愛く魅力的です。

3,109 view

橋本治

1977年の第29回小説現代新人賞において佳作を受賞したのが、橋本治の「桃尻娘」です。1977年といえばパンク元年として知られていますが、橋本治が小説家としてデビューした年でもあるんですね。
桃尻娘

桃尻娘

著者:橋本治
橋本治といえば、東大在学中に駒場祭のポスターに書いた「とめてくれるなおっかさん 背中の銀杏が泣いている 男東大どこへ行く」というコピーで有名ですね。
勿論、多くの著作があり、そちらが本業、そちらが有名なわけですが、そんな中でも「桃尻娘」は一味違います。瑞々しと言うか何というか、やはりパンクの年にふさわしい青春小説といえます。

竹田かほり

小説が話題となったことで映画化の話が持ち上がります。主役の榊原玲奈(さかきばられな)役として白羽の矢が立ったのが、デビュー間もない竹田かほりです。
前年の「ピラニア軍団 ダボシャツの天」に次いでの映画出演ですが、今回は主役ですからね。気合も入ろうというものです。
ところで、女優のイメージが強い竹田かほりですが、実は歌手としてのデビューの方が先なんですよ。
竹田かほり

竹田かほり

本名:甲斐 久美子
生年月日:1958年9月17日
出生地:東京都世田谷区
血液型:B型
職業:女優
デビュー曲は1975年11月に発売された「うわのそら c/w おもちゃ箱なんて欲しくない」です。当時、竹田かほりは17歳。かわいいですね。

桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)

桃尻娘と書いてピンク・ヒップ・ガールと読みます。桃尻ですが、ピーチ・ヒップではありません。ピンク・ヒップです。お間違えのないように。
と言うことで、映画「桃尻娘」は1978年4月29日に公開されました。
桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)

桃尻娘(ピンク・ヒップ・ガール)

監督:小原宏裕
脚本:金子成人
音楽:長戸大幸
ふたりの女子校生を主人公にした青春官能小説を映画化。陽気で奔放なSEX観を持つレナと、性格も消極的な処女・裕子。春休み、裕子が劇的な出会いを求めて旅に出たことを知ったレナは彼女を追うが…。“日活名作ロマンシリーズ”。
いかにも同じクラスにいそうな女の子と言う感じの竹田かほりは適役ですが、その親友役の亜湖がまたバッチリはまり役です。

桃尻娘*ピンク・ヒップ・ガール

「桃尻娘」において竹田かほりの演技力うんぬんを言うのは見当違いでしょう。普通の女の子が普通に演じている。そこがいいんです。それだけでいい。それ以上はいらない。つっぱってはいても、まだあどけない笑顔に癒されます。

ロマンポルノではありますが、出演者は片桐夕子、岸部シロー、内田裕也となかなか豪華。橋本治もちょい役で特別出演しています。

桃尻娘 ラブアタック~プロポーズ大作戦

第2弾は一年後の1979年4月28日に公開された「桃尻娘 ラブアタック」です。「ラブアタック」というのは、横山ノック、上岡龍太郎の司会で1975年11月2日から1984年10月14日まで放送されていたゲーム形式の恋愛バラエティ番組です。大人気でしたからね、便乗したということでしょう。
桃尻娘 ラブ アタック

桃尻娘 ラブ アタック

監督:金子成人
出演:原悦子、竹田かほり、亜湖、栗田洋子
原作は「桃尻娘」の後、「その後の仁義なき桃尻娘」、「帰って来た桃尻娘」、「無花果少年と瓜売小僧」、「無花果少年と桃尻娘」、「雨の温州蜜柑姫」と1990年9月まで続きます。息が長いですね。映画の方はと言いますと、「桃尻娘 ラブアタック」の後に1980年4月26日に公開された「桃尻娘 プロポーズ大作戦」で竹田かほり主演のものは最後となります。
桃尻娘 プロポーズ大作戦

桃尻娘 プロポーズ大作戦

脚本:金子成人
音楽:北島健二
監督:小原宏裕
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【桃尻娘】橋本治はこんなふうに世に知られてきた

【桃尻娘】橋本治はこんなふうに世に知られてきた

平成31年1月に亡くなられた作家の橋本治さん。長編小説や評論だけでなく、中世・近世の日本文学にも及ぶ多作な作家でしたが、彼が世に出てきたときはこんなふうなデビューでした。彼の業績のほんのさわりをご紹介。
ケロリン | 1,426 view
「元祖どっきりカメラ」赤ヘルのプラカード持ちだった野呂圭介は陶芸家になっていた!

「元祖どっきりカメラ」赤ヘルのプラカード持ちだった野呂圭介は陶芸家になっていた!

宍戸錠と石川牧子が司会を務めていた「元祖どっきりカメラ」で騙された人にプラカードを掲げる大事な役割をしていた赤いヘルメットをかぶった人を覚えていますか?その体を張った体当たりの出演が話題となった野呂圭介さんは地元で陶芸家となっていました!
近親相姦をテーマにした「ピンクのカーテン」。ジョージ秋山の問題作を数々のセクシー女優が実に可愛く演じてます。

近親相姦をテーマにした「ピンクのカーテン」。ジョージ秋山の問題作を数々のセクシー女優が実に可愛く演じてます。

美保純をはじめ、安原麗子、小林ひとみ、蒼井そら が主役の奥村野理子を演じ、何度もドラマ化された「ピンクのカーテン」。テーマは重いのですが、実に色っぽく見ごたえ十分に演じています。勿論、原作の漫画も秀逸っ!
obladioblada | 20,974 view
セクシー♡三東ルシア♡超かわいくて、めちゃマブかった歌手だよ!

セクシー♡三東ルシア♡超かわいくて、めちゃマブかった歌手だよ!

1974年「おさかなになった私」(TOTOホーロバスのCM)でブレイクした三東ルシアは、当時16歳。超かわいくてセクシー、めちゃマブかった。印象に残っている。歌手活動と現在の画像。
暴力、エロ、グロ、ナンセンス、下劣なギャグ満載の「嗚呼!!花の応援団」。男の生きざまってやつを見せてくれます!

暴力、エロ、グロ、ナンセンス、下劣なギャグ満載の「嗚呼!!花の応援団」。男の生きざまってやつを見せてくれます!

現在ではとても使うことの出来ない表現満載の「嗚呼!!花の応援団」は、70年代後半に大ブームを巻き起こしました。呆れるほどに大ばか者ばかりが登場しますが、今となっては貴重ともいえるバンカラ文化を余すことなく伝えてくれます。
obladioblada | 12,181 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト