漫画家・藤田和日郎の原点にして最高傑作『うしおととら』をカプセル兵団が舞台化!!
2022年7月14日 更新

漫画家・藤田和日郎の原点にして最高傑作『うしおととら』をカプセル兵団が舞台化!!

株式会社L4がプロデュースする、カプセル兵団《アナザーメディアオペレーション》の舞台『うしおととら』の上演が決定しました。

298 view

藤田和日郎の原点にして最高傑作『うしおととら』をカプセル兵団が舞台化!!

株式会社L4がプロデュースする、カプセル兵団《アナザーメディアオペレーション》の舞台『うしおととら』の上演が決定しました。シアターサンモール(東京都新宿区)にて、上映スケジュールは2022年8月18日(木) ~ 8月21日(日)。チケットはカンフェティにて7月16日(土)12:00より販売開始となります。
 (2412822)

舞台『うしおととら』とは?

蒼月潮は自分の家の地下で、《獣の槍》に縫い止められた黄色い化物《とら》と出会った。その日から次々と現れる妖怪達を獣の槍で退治していく潮。しかしその全ては、最強最悪の化け物《白面》の復活の前兆だった。様々な因縁と宿命に彩られ、今、うしおととらの冒険が始まる!!

驚異の劇団《カプセル兵団》が5年ぶりに最強の原作を引っ提げて帰ってきた!!『からくりサーカス』『月光条例』を舞台化し、漫画ファンと演劇ファンの両方から大絶賛されたカプセル兵団が遂に藤田和日郎の原点にして最高傑作『うしおととら』へと挑む!
 (2412824)

公演概要

カプセル兵団《アナザーメディアオペレーション》舞台『うしおととら』
公演日:2022年8月18日 (木) ~ 8月21日 (日)
会場:シアターサンモール(東京都新宿区新宿1丁目19-10サンモールクレストB1)

出演者

徳城慶太 / 治平武広 / 永澤菜教 / 小林妃沙貴 / 前野えま / 花咲日菜 / コウガシノブ / 長澤水萌 / 岩田栄慶 / 中條孝紀 / 萩原佐代子 / 市森正洋 / 谷口洋行 / 中澤まさとも / 山本キリハ / 永宮瑠里菜 / 中山ヤスカ / 高場大和 / 丹聡 / 竹内大気 / ロバート・ウォーターマン / 和泉治希 / 木村莉子 / 北出浩二 / まーみ / 溝口優 / 楯真由子 / 黒田勇樹 / 中川ミコ / 吉本大輔 / 紡木一之丞 / 加藤陽人 / 山際絵礼奈 / 伊藤栄次 / 凉村真弘 / 江畑浩規 /
《アンサンブルパフォーマーダンサー》: 月代彩佳、神馬彩、五十嵐愛、加藤千尋、KYaNA、脇坂優海香、小山内詩音、つきかわ、今野貴之、池慶彦

スタッフ

原作: 藤田和日郎 / 脚本・構成・演出: 吉久直志 / 舞台監督: 笹浦暢大(うなぎ計画) / 照明: 小坂章人 / 音響: 田島誠治(SoundGimmick) / 衣装: 福原ひとみ / 振付: 森澤碧音、増田ゆーこ / 振付補佐: 月代彩佳、五十嵐愛/ アクション:石垣広文/舞台美術:根来美咲/造形:杉本末男(chara)、阿部二覇/音楽:JUDY隼/主題歌:中川えりか(アカラ) /撮影: 粕谷晃司/写真:渡邊純子 / 制作チーフ: 山下那津子 / 企画・製作: カプセル兵団 / 主催:株式会社L4

協力/Production Dayze、ディスカバリー・ネクスト、ZEROBEAT.、ヒエロマネジメント(株)、(株)DAYDREAM、-ヨドミ-、ハルベリーオフィス、キャスタッフ、オフィス☆怪人社、株式会社S、俳協、エスエスピー、劇団fool、遅咲会、ケッケコーポレーション、パワー・ライズ、ワールドP.S.、劇団雪月風花、劇団アメーバプロジェクト

タイムテーブル

8月18日(木)◆18:30
8月19日(金)◎◆13:00/18:30
8月20日(土)13:00/18:30
8月21日(日)◎12:00/17:00

◆写真撮影可能デー
(本番中に手持ちのカメラで写真のみ撮影可能の回です。動画は撮影出来ません。)
◎親子で観劇デー
(未就学児や赤ちゃん連れでも一緒に御観劇頂けます。)
*通常公演は未就学児入場不可。
※開場は、開演の30分前

チケット料金

★プレミアムチケット★
プレミアムチケットA(最前二列エリア席、購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したパンフレット、DVD付):15,000円
プレミアムチケットB(最前二列エリア席、購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したブロマイド付):7,000円
(全席指定・税込)

★一般チケット★
一般(前売):4,500円
学生(前売):4,000円
小学生以下:無料(小学生以下もチケットは必要です)
グッズ付きチケットA(購入扱いの出演者が購入者へ何かを記入したパンフレット付):6,000円
グッズ付きチケットB(指定出演者ブロマイド付):5,500円
(全席指定・税込)

「カプセル兵団」について

カプセル兵団は、元惑星ピスタチオの吉久直志が1998年に演劇の新しい表現法の探求とその表現発表の場としてプロデュース公演として活動を開始した。数回のプロデュース公演後、よりクオリティの高い表現を行なう為、2000年9月に劇団として旗揚げした。

以来、「熱く生きる」をテーマに派手なアクションと膨大なギャグを折り込んだスピーディーな演出に「王道こそ物語の神髄だ」をモットーに、分かりやすく、それでいて観客を最後まで飽きさせないストーリー展開で、誰もが楽しめる一級のエンターテイメント作品を上演し続ける超エンターテイメント・パフォーマンス集団。人間の生身のドラマを描いたハイクオリティな感動の物語を、映像的表現を可能とした超演出法「ビジュアルイマジネーション」を駆使して、多次元的な劇空間で誰も見た事のない21世紀型の演劇表現を追求した。

公式サイト

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

さすがの猿飛、Gu-Guガンモなどをヒットさせた漫画家・細野不二彦の最新作『恋とゲバルト』が好評連載中!!

さすがの猿飛、Gu-Guガンモなどをヒットさせた漫画家・細野不二彦の最新作『恋とゲバルト』が好評連載中!!

講談社が運営する漫画アプリおよびウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」にて、漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の細野不二彦の最新作『恋とゲバルト』が2021年9月より移籍連載をスタートさせました。
隣人速報 | 947 view
漫画界のレジェンド・あだち充の異色作『虹色とうがらし』が30年の時を経てついに舞台化!!

漫画界のレジェンド・あだち充の異色作『虹色とうがらし』が30年の時を経てついに舞台化!!

1990年から1992年にかけて週刊少年サンデーにて連載されたあだち充『虹色とうがらし』が、このたびSF時代活劇『虹色とうがらし』として舞台化されることが明らかとなりました。公演日程は2021年8月28日(土)~9月5日(日)。
隣人速報 | 456 view
高橋留美子のドタバタラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかに!!

高橋留美子のドタバタラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかに!!

小学館が2022年で設立から100周年を迎えるのを記念し、高橋留美子のラブコメ「うる星やつら」の新作アニメが制作されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,083 view
1万円超えのプレミア続出!昭和の時代に発行された小学館の子供向け雑誌「小学〇年生」!!

1万円超えのプレミア続出!昭和の時代に発行された小学館の子供向け雑誌「小学〇年生」!!

小学館が大正時代から発行している、子供向け総合誌「小学〇年生」。皆さんも一度は読んだことがあるのではないでしょうか?そんな「小学〇年生」ですが、主に昭和の時代に発行された号で高額取引されているものが続出しています。ここでは、その中からいくつかご紹介したいと思います。
マンガ業界の裏側を描いた90年代伝説のギャグ漫画「サルでも描けるまんが教室」がまさかの舞台化!!

マンガ業界の裏側を描いた90年代伝説のギャグ漫画「サルでも描けるまんが教室」がまさかの舞台化!!

劇団 気晴らしBOYZ主催による『舞台サルまん』が、下北沢小劇場B1にて上演されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 443 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト