2016年5月9日 更新

『特撮ロボ』60年代前後から70年代の特撮番組に登場する人型のロボット(アンドロイド)

現在では「特撮ロボ(ロボット)」と言えばスーパー戦隊シリーズに登場する人型の巨大メカ「戦隊ロボ」が代表的ですが、かつてはロボットもの単独の特撮番組も多く存在しました。1960年代前後から1970年代(1979年まで)までの懐かしい特撮ロボットを振り返ってみましょう。

52,553 view

特撮「鉄人28号」(1960年2月1日・日本テレビ系列実写版テレビドラマ)全13話でモノクロ

特撮版「鉄人28号」

特撮版「鉄人28号」

1960年2月1日 - 同年4月25日に日本テレビ系列で放送された。全13話でモノクロ。

ストーリーは、鉄人の出現、村雨兄弟の登場、QX団(原作ではPX団)との攻防、怪ロボットXの出現、サルバチア国(原作ではS国)のスパイ・仮面団との戦いと続くが、敵の基地から脱出した正太郎が謎の爆撃に遭う所で続きがないまま打ち切られたために、正太郎が鉄人28号の操縦者になる事はなかった。第10話のナレーションによると、第1話から第10話までの間に、数年の月日が経っていることになっている。

鉄人28号は着ぐるみで表現され、身長2メートル程度、第6話までの樽型と第7話以降のドラム缶型の2種類がある。前者は眼から、後者は胸から怪光線を出す。

第13話で仮面団のロケットを取り付け、飛行可能になる。ロボットは他にも、鉄人26号、27号、仮面団の怪ロボットXが登場する。鉄人26号には『少年ジェット』に登場したロボットが使われたという説が存在する。
日立製作所がスポンサーであったことから、第1話は日立市で撮影が行われた。

特撮版「鉄人28号」Tetsujin 28 - 1960 live action - ep. 01 - jap - YouTube

実写版テレビドラマ「鉄人28号」

実写版テレビドラマ「鉄人28号」

特撮版「鉄腕アトム」(1959年・毎日放送制作、フジテレビ系列で放送)

鉄腕アトム (実写版)1959年(昭和34年)3月7日...

鉄腕アトム (実写版)1959年(昭和34年)3月7日から1960年(昭和35年)5月28日まで

鉄腕アトム (実写版)
1959年(昭和34年)3月7日から1960年(昭和35年)5月28日まで毎日放送制作、フジテレビ系列で放送。製作は松崎プロダクション(第一部は三笠映画との共同製作)。冒頭には既にアトムの物語設定を説明する75秒のセルアニメによるタイトルが付けられていた。このセルアニメの製作は村田映画製作所。
(第1部:ZZZ団の巻、第2部:メキシコの巻、第3部:フランケンとアトムの巻、第4部:火星探検の巻/第5部:気体人間の巻)。
(2009年10月23日に、全65話中の原版が現存する58話を8枚のDVDに収めたDVD-BOXが、ジェネオン・ユニバーサル・エンターティンメントから発売された)。

特撮版「鉄腕アトム」の歌 唄:初音ミク - YouTube

アトム生誕5周年と手塚治虫生誕80周年の記念に作成。
鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。
鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

鉄腕アトム (実写版)

ジャイアントロボ(1967年)

『ジャイアントロボ』(1967年)

『ジャイアントロボ』(1967年)

『ジャイアントロボ』は、横山光輝作のSFロボット漫画作品、それを基とした特撮テレビ番組。およびそれに登場した架空の巨大ロボットの名前。

放送期間:1967年(昭和42年)10月11日から1968年(昭和43年)4月1日
放送回数:全26話
放送時間:毎週水曜日19:30 - 20:00(16話まで)、毎週月曜日19:30 - 20:00(17話から)
放送局:NET系

悪の組織BF団と世界的な防衛組織ユニコーンの戦いを通し、BF団の操る怪獣およびロボット対ユニコーンの一員となった少年・草間大作の命令のみで動く巨大ロボット・ジャイアントロボ(GR1)の戦いを描く。

『仮面の忍者 赤影』に続く東映制作・横山光輝原作の特撮作品。日本の特撮巨大ロボット作品の代表格であり、後年の作品に大きな影響を与えている。

ジャイアントロボ - YouTube

『ジャイアントロボ』

『ジャイアントロボ』

スフィンクスがデザインのモチーフとなっている。
全長:30メートル
重量:500トン
動力:原子力(予備も含む)
装備:背中にロケット推進装置。最高飛行速度マッハ17。宇宙航行や水中の活動も可能。
耐熱:3000度
操縦方法:腕時計型無線操縦機を使って音声で指示する。戦闘の際には自律式・自動索敵モードに切り替わる。
電子頭脳:人工知能型の電子頭脳。最初に入力された声紋の命令しか受け付けない。人間の言葉を話すことはなく、命令を受けた際に「マッシ」という独特のアンサーバック(反応)をする。また、大作が行方不明になった時、マリーに語りかけられたロボは、電子頭脳を切れ切れに自ら動かして反応し、大作の危機を理解していることを示した。電子頭脳のセットされた部屋はロボの頭部にあり、左耳がスライドすることにより中に入ることができる。
BF団の総統「ギロチン帝王」と戦う『ジャイアントロボ』

BF団の総統「ギロチン帝王」と戦う『ジャイアントロボ』

ギロチン帝王
BF団の総統。皮膚が青く、ひげを生やしている。1話では地球を征服するために円盤を海底に隠し、ジャイアントロボをガルチュアに建造させ、BF団の日本支局も作った。

残酷な性格で失敗を許さない。21話から腕時計、大作、ロボを狙う作戦を配下に実行させるようになる。26話ではガンモンス、イカゲラス、アイスラーを繰り出し、団員を使って総力戦を挑んだが、これはジャイアントロボの原子力エネルギーを使い切らせるのが目的だった。円盤を破壊された後、巨大化して現れ、自らが原子力エネルギーの塊であることを明かしたうえで、攻撃できないユニコーンに武装解除を要求したが、予備エネルギーで再起動したジャイアントロボに抱え上げられ、宇宙空間で隕石に激突し爆発した。
人を愛する感情を持ったジャイアントロボ。地球を救うため...

人を愛する感情を持ったジャイアントロボ。地球を救うため命令を無視して自己犠牲的な特攻行動を取る『ジャイアントロボ』・・・感動の最終回

本作の「ロボットと少年の交流」というストーリーは、メインターゲットである男の子のみならず女の子をも引きつけ、視聴率を上昇させた。しかし製作費がかさんで赤字になり、東映は制作を続けることができなくなった。最終回におけるロボと大作との別れは、全国の少年少女の涙を誘ったという。

行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

『行け! グリーンマン』(いけ グリーンマン)は、1973年11月12日から1974年9月27日まで放送された特撮コーナードラマ。東宝企画製作。

日本テレビ系の『おはよう!こどもショー』の枠内、月 - 土曜日・7:25 - 8:15の時間帯内で5分間放映された。3回で1話、全156回52話。

地球の自然を公害から守るために、金河系グリーン星からやってきた正義のロボット生命体で、自称「神の使い」。子供たちがグリーンマンコールを天にかざして呼ぶと、どこからともなく飛んでくる。

登場直後は等身大だが、怪獣が巨大化するとグリーンマンも「グリーンマン・ジャイアントマシーンチェンジ」の掛け声とともに巨大化する。

ロボット生命体という設定から、体内のメカニックは何やら60年代風のコンピュータや時計の中身を彷彿とさせる、アナログなメーターや歯車が見受けられる。

また、稼働電圧は100Vで、怪獣の攻撃を受けピンチになると電圧が低下する様子が電圧計の針が上下する映像をカットインさせることで表現される。子供たちからグリーンマンコールでパワーを与えられると一気にパワーが回復し、ピンチを脱する。
行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

地球を守る為にグリーン星からやって来た、神の使いを名乗るロボット。普段は等身大だが、巨大化する能力も有している。

グリーンマン・マーチ - YouTube

日本テレビ系の「おはよう!こどもショー」で「行け!ゴッドマン」に続く続編の特撮番組として1973年11月12日から1974年9月27日まで放送された「行け! グリーンマン」の挿入歌「グリーンマン・マーチ」です。 このメロディー、どっかで聞いたことあるような気がするんですが… 気のせいですかね…
行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

行け! グリーンマン(1973年11月12日・日本テレビ系)

行け! グリーンマン EP 01 dubbed - YouTube

『スーパーロボット レッドバロン』(1973年7月4日・日本テレビ系)全39話

『スーパーロボット レッドバロン』(1973年7月4日...

『スーパーロボット レッドバロン』(1973年7月4日・日本テレビ系)全39話

『スーパーロボット レッドバロン』は、1973年7月4日から1974年3月27日に日本テレビ系で毎週水曜日19:00~19:30に全39話が放送された特撮テレビ番組、およびその劇中に登場する巨大ロボットの名称。
日本テレビ内のスタッフが企画し、宣弘社が製作した。
レッドバロン

レッドバロン

レッドバロン
身長:40.0メートル
体重:150.0トン
飛行速度:マッハ10
走行速度:時速500km
水中速度:500ノット
出力:100万馬力
鉄面党の侵略を予感した紅健一郎博士が4年の歳月をかけて完成させ、弟の健に託した真紅のボディのスーパーロボット。

レッドバロン - YouTube

レッドバロンの必殺武器「エレクトリッガー」

レッドバロンの必殺武器「エレクトリッガー」

エレクトリッガー
最も多くの鉄面党ロボットを破壊したレッドバロンの必殺武器。頭部両端に追加装着される電極からの、1億ボルトの放電光線。
スーパーロボット レッドバロン

スーパーロボット レッドバロン

開始後2ヶ月弱は視聴率一桁台に甘んじていたものの、9月以降からは二桁台の平均視聴率を稼ぐ人気番組となり 、商品化権許諾社数は80社、関連商品は500点以上を記録した。結果、日本テレビの番組の版権収入では新記録(当時の額で1億円)を樹立した。
しかし、諸事情で制作費の調達が困難になり、1974年3月末での終了を余儀なくされた。
松原真理 - 牧れい

松原真理 - 牧れい

松原 真理(まつばら まり)
SSI の紅一点。18歳。デビラーと戦っていた頃は都内の南東通信社の見習いカメラマンを表向きの顔としていた。健と組んで行動する事が多いためか、彼には特別な好意を寄せているようである。アイアンホークやスポーツカーを乗り回し様々な格闘技を身につけており、鞭を使った戦闘が得意である。
スーパーロボット レッドバロン

スーパーロボット レッドバロン

『スーパーロボット レッドバロン』ストーリー

『スーパーロボット レッドバロン』ストーリー

悪の組織「鉄面党」は、万国ロボット博覧会に出展された世界各国の巨大ロボットすべてを強奪した。彼らは戦闘用に改造したロボット軍団で世界を征服するつもりである。鉄面党はロボット制作者達も次々に誘拐、科学秘密特捜隊 (SSI) に所属する紅健の兄のロボット工学者・紅健一郎博士も彼らに拉致されてしまう。

しかし健一郎は自ら製作したスーパーロボット・レッドバロンを鉄面党に渡すのを拒み、自らの命と引き替えに健に託す。兄が遺したレッドバロンを操縦し、健は鉄面党に敢然と立ち向かう。

スーパーロボット マッハバロン(1974年)

『スーパーロボット マッハバロン』(1974年)

『スーパーロボット マッハバロン』(1974年)

『スーパーロボット マッハバロン』は、1974年(昭和49年)10月7日から1975年(昭和50年)3月31日まで、日本テレビ系で放送された日本現代企画製作の特撮テレビ番組、およびその劇中に登場する巨大ロボットの名である。放送時間は毎週月曜19:00 - 19:30 (JST) 。全26話。

前作『スーパーロボット レッドバロン』が好評のまま、スポンサーの倒産というアクシデントから打ち切りを余儀なくされたため、あらためて巨大ロボット特撮作品の決定版を目指して再び製作された巨大ロボットを主役にした実写特撮作品。

『レッドバロン』に続く「特撮ロボット戦記 バロンシリーズ第2弾」と銘打って製作されたが、前作とのストーリー上の関係は全くない。本作終了から2年後に創英舎によって製作された『小さなスーパーマン ガンバロン』を含め、「バロンシリーズ3部作」と称されるが、製作元はそれぞれ異なる。

『レッドバロン』は、もともと『月光仮面』や『隠密剣士』といった等身大のヒーロー番組を制作してきた宣弘社の意向もあり、巨大ロボット特撮にくわえて、等身大のアクションシーンがかなりの割合を占めており、ストーリーも明朗でスパイアクションの要素が強かったが、本作では等身大のアクションシーンやスパイアクションの要素がほとんどなくなり、巨大ロボットやメカの特撮に見せ場を絞ったつくり方となった。特にマッハバロン発進シーンの特撮描写は高く評価されている。
マッハバロン

マッハバロン

ララーシュタイン率いるロボット帝国と戦う、真紅の巨大ロボット。

嵐田陽一郎博士が残した設計図を元に、村野博士がKSS海底基地内部で製作した。1号機はララーシュタインの下で陽一郎博士が設計・建造していたが、師の野心を知った彼の手によって爆破された。陽をパイロットに実戦投入された2号機は、ララーシュタインの侵略に備えようとする嵐田竜之介の依頼で村野博士が設計図を基に独自の改造を施して、その10年後に完成させた。

1号機との最大の違いは使用されている合金にあり、2号機には村野博士が開発した超合金バロニウムが用いられている。操縦は陽以外には出来ないように設定されているが、第2話における村野博士の発言によれば、それを変更することは造作もないことだという。1号機と2号機では細部のデザインが異なる。また、第15話には胸にKSSのエンブレムを持つドッキング訓練用のマッハバロンが登場した。
身長:50.0メートル
体重:300.0トン
飛行速度:マッハ15
出力:200万馬力

スーパーロボット・マッハバロン OPフル 2008GRAM MIX - YouTube

スーパーロボット マッハバロン 発進&ファーストバトル - YouTube

マッハバロン発進シーンの特撮描写は高く評価されている。
「小杉愛、18歳。 ロボット帝国との戦いにその若い命を...

「小杉愛、18歳。 ロボット帝国との戦いにその若い命を燃やし、そして散って行った…。 だが戦いは終わったわけではない。 がんばれKSS! 負けるなマッハバロン!」

前年に発生した第1次オイルショックなどの問題により、途中打ち切りの全26話で終了した。最終回となった第26話では小杉愛が死亡し、ララーシュタインとの決着は付かないまま終わってしまっている。

『ジャンボーグA』(1973年)

『ジャンボーグA』(1973年)

『ジャンボーグA』(1973年)

『ジャンボーグA』(ジャンボーグエース)は、1973年(昭和48年)1月17日から同年12月29日まで、NET系の水曜日19時30分 - 20時00分(10月6日からは、土曜日19時00分 - 19時30分)枠で放送された毎日放送、円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。全50話。また、劇中に登場した、宇宙サイボーグの名称でもある。

地球から遥か15光年離れたグロース星から、グロース星人が巨大怪獣による地球侵略を開始した。グロース星人に兄を殺された民間航空のパイロット・立花ナオキは、宇宙全体の平和を願う地球の兄弟星・エメラルド星人から、地球を守るための巨大ロボット、ジャンボーグAを贈られる。ナオキは愛機の小型プロペラ機・セスナから変形するジャンボーグAを駆り、防衛戦で戦死した兄が隊長を務めていた地球パトロール隊PATとともに、グロース星人と戦う。

第27話からは、軽自動車(ホンダ・Z)から変形する2号ロボ・ジャンボーグ9(ナイン)も登場、ナオキがAと9を状況に応じて使い分けることとなった。
104 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.9(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.9(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやバッドエンドな特撮作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 37,792 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.12(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.12(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやアニメや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 34,092 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和のアニメと特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやホラータッチな特撮トラウマ作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 44,827 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.7(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやトラウマな怖い傑作マンガやアニメを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 109,570 view
懐かしい特撮ヒーローの致命的な弱点を振り返ってみましょう。

懐かしい特撮ヒーローの致命的な弱点を振り返ってみましょう。

特撮ヒーローは、たいてい、それぞれ固有の弱点や欠点を持っていますが、1970年代から80年代を中心に特に有名な弱点をピックアップして振り返ってみます。
トントン | 22,922 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト