オーストラリアからやってきた野生の男「クロコダイル・ダンディー」シリーズ
2017年1月31日 更新

オーストラリアからやってきた野生の男「クロコダイル・ダンディー」シリーズ

オーストラリアからやってきた野生の男「クロコダイル・ダンディー」シリーズ ワイルドな男がニューヨークやロスで大騒動を巻き起す!

6,166 view

映画「クロコダイル・ダンディー」(1986年)

『クロコダイル・ダンディー』("Crocodile" Dundee)は、1986年のオーストラリアの映画。コメディ映画。アカデミー脚本賞にノミネートされた。

続編に『クロコダイル・ダンディー2』(1988年)と『クロコダイル・ダンディー in L.A.』(2001年)がある。
マイケル・“クロコダイル”・ダンディー :	ポール・ホーガン

マイケル・“クロコダイル”・ダンディー : ポール・ホーガン

ストーリー

オーストラリアの奥地でワニと格闘して生き残り、男の中の男と騒がれていたミック・クロコダイル ・ダンディー(ポール・ホーガン)と呼ばれている探検家をニューヨークから取材に来た女性新聞記者 スー(リンダ・コズロウスキー)は、彼と共に 危険な冒険旅行を繰り広げる。野生のたくましさを持つミックこそ現代で見失われたヒーローだと 思うスーは、ニューヨークのど真ん中へ彼を連れてきた。大都会の人間は素っ気ない。敵の多い オーストラリアのジャングルで40年間生き抜いてきたミックだが、さてニューヨークという コンクリート・ジャングルの中でどう生き残るのか?
マイケル・“クロコダイル”・ダンディー : ポール・ホ...

マイケル・“クロコダイル”・ダンディー : ポール・ホーガン(左) スー・チャールトン:リンダ・コズラウスキー(右)

女性新聞記者スーが取材した男は・・・

映画ライブラリー0050 (1533847)

記事を書くため2人で奥地へ冒険の旅に出るスー。彼らは数々のハプニングを通して次第に惹かれ合っていく。
映画よりも強烈だった!?実在したキャラクターモデル5人 | Ciatr[シアター] (1533844)

出典 ciatr.jp
ひょんなことから訪れたニューヨークで騒動を巻き起こすアドベンチャー・コメディ。文明の中に放り出された野性児というシチュエーション自体は珍しくもないが、カルチャー・ギャップにとまどう事なく我流を通すミックのおおらかなキャラクターがとにかく良く、その中でギャップをギャグに変えて見せる展開も楽しい。
映画ライブラリー0050 (1533848)

おおらかで優しいマイケルに惹かれていくスー
ザ・シネマ ブログ: 2013年9月アーカイブ (1533838)

今まで生きてきたゆっくりと時間の流れる自然の世界から、目まぐるしい都会へ移ってきても、現代の鎖に縛られない自由な生き方にあこがれと元気をもらいました。

映画「クロコダイル・ダンディー2」(1988年)

オーストラリア育ちの野生児ミックは大都会ニューヨークで女性記者スーと暮らし始めた。そんな時、スーの元夫でカメラマンのボブが麻薬の取引現場を撮ったスクープ写真をスーに送ったことから、彼女は麻薬組織の一味に誘拐されてしまう。ミックは街の仲間の助けを借りて何とか彼女を助け出した。しかし、その後も一味からの追撃に身の危険を感じた2人は、ミックの故郷オーストラリアへと飛び、地の利を生かして追っ手を迎え撃つ。
クロコダイル・ダンディー2 || 洋画専門チャンネル ザ・シネマ (1533877)

このシーンは印象的!!ビルもスイスイ平気で歩いちゃいます!
クロコダイル・ダンディー2 - 映画を見ながら株式投資 (1537283)

クロコダイル・ダンディー2 - 予告編 - YouTube

麻薬密売組織の犯罪を納めたフィルムをめぐって恋人のスーがさらわれた。なんとかダンディーは救出に成功するが組織は執拗に追いかけてくる・・・
出典 youtu.be
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ホームアローン2」から25年!舞台となったホテルで「ケビンのそっくりさんイベント」開催!!

「ホームアローン2」から25年!舞台となったホテルで「ケビンのそっくりさんイベント」開催!!

1992年の公開から25周年を迎える映画「ホーム・アローン2」。それを記念し、映画の舞台となったニューヨークの「プラザホテル」が用意した宿泊プランとイベントが話題となっています。
隣人速報 | 453 view
笑いたい時にはこれを観よう!『サボテン・ブラザース』

笑いたい時にはこれを観よう!『サボテン・ブラザース』

お馬鹿映画も今よりもっともっと上映されていた気がする80年代。 笑いたいな、という時にはほっこり温かい気持ちになれるコメディが最高です。 懐かしい3人組を観て笑いませんか?
丘の上の城に住む怪しい一家「アダムス・ファミリー」

丘の上の城に住む怪しい一家「アダムス・ファミリー」

丘の上の城に住む怪しい一家「アダムス・ファミリー」 ある日長男と名乗る男が現れて・・・
うーくん | 5,043 view
映画「がんばれ!ベアーズ 特訓中」

映画「がんばれ!ベアーズ 特訓中」

野球少年達の奮闘を描く「がんばれ!ベアーズ 特訓中」。大ヒットした第一作目から待ちに待った第二作目!約40年前のヒットですが、ご存知の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
ひで語録 | 3,200 view
【98年】ジム・キャリーの傑作風刺コメディー「トゥルーマン・ショー」をふりかえる

【98年】ジム・キャリーの傑作風刺コメディー「トゥルーマン・ショー」をふりかえる

当時、社会への風刺を込めた滑稽なシナリオに面白さを感じ、またこのような変わった視点があるんだなという学びがあった為、DVDも繰り返し観ておりました。ふりかえります。
たまさん | 1,182 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト